コロナ 窓用エアコン CW-1615とCW-A1615の違いと価格差

2015年の夏はまさかの猛暑となりました。
そこで一気に需要が増えたのが窓用エアコンです。

今年2016年の夏はどうなるか分かりませんが、
備えあれば憂いなしということで、

窓用エアコンを早めに購入する方も
おそらく多いのではないかと思います。

cw-1615
    <コロナ CW-1615>


さて、現在の窓用エアコンの人気機種は何かというと
コロナ CW-1615とCW-A1615です。

この両者はコロナの最新機種ではなく
CW-1616とCW-A1616のひとつ前のモデルですが、
いわゆる型落ち機種として人気があります。

・・・追記2016/07.06・・・

現在では CW-1616 の方が価格が安くなっています。
詳細はこちらの記事で。

コロナ窓用エアコン CW-1616とCW-F1616の違いと価格差

・・・・・・・・・・・・・



ここで気になるのが、
コロナ CW-1615とCW-A1615の違いですね。

価格的にはCW-A1615の方が高いので、
おそらくCW-A1615にはCW-1615には無い、
何らかの機能があると予想されますが・・・


スポンサードリンク

コロナ CW-1615とCW-A1615の違いは?

さて、先ほどの予想通り、CW-A1615には2つほど
CW-1615には無い機能が搭載されています。

その2つの機能とは「マイナスイオン発生機能」と
「強制排気機能」です。

cw-a1615
    <コロナ CW-A1615>

マイナスイオン発生機能

CW-A1615にはマイナスイオン発生機能が付いているため、
室内の空気をリフレッシュすることができます。

このマイナスイオン発生機能には、
「高原モード」と「滝モード」の2つがあります。


「高原モード」は自然界と同じバランスの
イオン量を発生させる通常モードであり、
読書をしたり勉強したりする時にピッタリです。


一方の「滝モード」は、
一時的にマイナスイオン量をアップさせる
パワフルなイオンモードです。

こちらは、帰宅した時や人数が多い時などに、
短時間で室内をリフレッシュさせたい時に便利です。

強制排気(換気)機能

CW-1615とCW-A1615の外観はほとんど同じですが、
CW-A1615の本体正面右下には、
室内換気吸入口と換気レバーがあります。

CW-A1615は、ここから室内の空気を吸い込んで
外へ排気することが出来ます。


例えばタバコの煙や人が発する二酸化炭素など、
空気の汚れやニオイが気になる時に便利な機能です。

もちろん、これだけで100%排気できるわけではないですが、
冷房している部屋の窓を開けて換気するよりは
こちらの方が良いかも知れませんね。


スポンサードリンク

コロナ CW-1615とCW-A1615に共通の特長

CW-1615とCW-A1615との違いは先ほど述べた2つであり
その他の仕様や性能は同じです。

いずれも4~6畳用の冷房専用タイプであり、
工事不要ですぐに使える窓用エアコンです。

ただし、あまり簡単に取り付けられるとは
思わない方が良いと思います。

男性ならともかく、女性一人だと
ちょっと苦労するかも知れません。


コロナ CW-1615もCW-A1615も、
コンプレッサーをスムーズに回転させることで
運転中の騒音をかなり抑えています。

また、コロナ独自の「ゆっくり停止機能」によって、
運転停止時の“ガタン”という音も和らげています。

運転停止後は、エアコン内部を乾燥させて
清潔に保つクリーン機能もありますし、

本体底部に溜まったドレン水は、銅イオンによって
細菌が繁殖しないようになっています。


ほとんどの操作はリモコンで可能ですが、
ルーバーは自動では動きませんので、
手動で風向きを変える必要があります。

コロナ CW-1615とCW-A1615の価格と販売店

コロナの窓用エアコンは、Amazonなどを利用すれば
けっこう安い価格で購入することができます。

Amazonでの現在の販売価格は

・CW-1615-WS 34,800円
・CW-A1615-WS 40,990円

となっています。(2016/04/07現在)


CW-A1615の方が6,000円ほど高いですが、
最初に述べた2つの機能に魅力を感じられれば、
CW-A1615を選ぶと良いと思います。

コロナ 窓用エアコン(Amazon)


ただ、実際にはCW-1615の方が人気があります。

やはり、最低限の機能さえ付いていれば、
価格が安い方が良いと考える人が多いのでしょうね。



楽天市場での価格はコチラからチェックしてみて下さい。

コロナ 窓用エアコン(楽天市場)


スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です