Panasonic NI-FS470は左利きにも優しい衣類スチーマー!

パナソニックの衣類スチーマーは、
ハンガーに掛けたままで、衣類のシワ取りや
ニオイ取りが手軽に出来る便利な製品です。

このパナソニックの衣類スチーマーに
新しいモデルNI-FS470が登場しました!

ni-fs470

現在のパナソニック 衣類スチーマーでは、
NI-FS360というモデルが非常に人気ですが、
NI-FS470はその後継モデルということになります。

まあ、NI-FS470は新しいモデルなので、
従来のNI-FS360と比べて、何らかの改善点や
新機能があるのでは?と考えるのは当然ですね。

そこで、この新機種NI-FS470のスペックを調べてみると、
ちょっと意外な改善点があることが分かりました。


スポンサードリンク

パナソニック NI-FS470とNI-FS360との違いは?

パナソニック NI-FS470もNI-FS360も、
デザインやサイズに関しては全く同じです。

まあ、よく見ると1ヵ所だけ違っているところはありますが、
言われてみなければ分からないほどの違いです。

そして、噴射できるスチーム量なども全く同じ。

つまり、衣類スチーマーとしての基本性能は、
NI-FS470もNI-FS360も変わらないということです。


それでは、新機種NI-FS470と従来のNI-FS360とでは
一体何が違うのか?ということになりますが、

パナソニックのホームページによると
次の3点が挙げられています。

1.スチーム噴射可能角度が360度になった
2.スチームボタンが押しやすくなった
3.花粉・ダニ由来のアレル物質が抑制できる

ni-fs470

NI-FS470ではスチーム噴射可能角度が拡大されている!

パナソニック 衣類スチーマーの新機種NI-FS470では、
スチーム噴射可能角度が360度に拡大されています。

「エッ、それってどういうこと?」

と思われる方も多いかもしれませんが、
実はここが最大の改善点なんですよね。


NI-FS360を含む従来の機種では、
本体を右側に傾けるとスチームが出にくいことがあります。

逆に、左側にはかなり傾けてもスチームが出ます。

これは内部タンクにある吸水口が
片側に固定されていたためです。


何故こうした構造になっているのかというと、
これは右利きの人が使うことを想定しているからです。

右手でスチーマー本体を持った場合、
左側にはかなり傾けることができますが、
右側にはそれほど傾けることはできません。

つまり、従来機種はとりあえずその範囲を
カバーできるような構造となっていたわけです。


でも、これだと左利きの人は使い辛くなりますね。

もちろん、右手で持てば良いわけですが、
左利きの人にとってはちょっとストレスが溜まりそうです。

まあ、世の中では右利きの人の方が断然多いですから、
メーカー側も右利き用の製品を作るのは当然です。

結局、損をするのはいつも左利きなんでしょうか・・・


スポンサードリンク

NI-FS470なら左利きでもストレスなく使える!

パナソニック 衣類スチーマーの新モデルNI-FS470では、
内部タンクにある吸水口が可動式になっています。

これは、吸水チューブの先におもりを付けることで
可能となりました。

つまり、本体を傾けた時に水が溜まる方向に
吸水口が自動的に向くというわけです。

この可動式の吸水口により、新機種NI-FS470では
360度どの方向に傾けてもスチームが出ます。
(ハンガーに掛けた衣類に対して平行に向けた場合)



この改善よって大きな恩恵を受けるのは
おそらく左利きの人たちだと思います。

従来のモデルは左利きの人には使い辛いものでしたが、
新モデルNI-FS470ではそれが解消されましたからね。

右利きでも左利きでもストレスなく使える!
これが新モデルNI-FS470の最大の魅力です。

ni-fs470

NI-FS470はスチームボタンが押しやすい?

NI-FS470とNI-FS360のデザインはほとんど同じですが、
良く見ると1箇所だけ違うところがあります。

そう、NI-FS470のスチームボタンの方が
多少出っ張っているんですよね。

新しいモデルのNI-FS470では、
スチームボタンの高さが約2mm高くなっています。

これにより、スチームボタンが押しやすくなったため、
連続してスチームを使用する際に操作がしやすくなりました。


まあ、これはちょっとしたことなのかも知れませんが、
少しでも使いやすい製品にしたいという
メーカー側の努力が見えて好感が持てますね。

花粉・ダニ由来のアレル物質の抑制効果

パナソニック 衣類スチーマー NI-FS470は、
アイロン面を生地に押し当てて使用することにより、

衣類についた花粉・ダニ由来のアレル物質を
抑制する効果があります。

ただし、この効果は新機種NI-FS470だけのもの
というわけではないようです。

だって、新機種NI-FS470もNI-FS360も
その基本性能は同じですからね。


つまり、こうしたアレル物質の抑制効果を調べる試験が
NI-FS360の発売後に行なわれて実証されたということです。

そして、今回のNI-FS470の発売にあたって、
新たに「花粉・ダニ由来のアレル物質の抑制効果もある」
という文言が付け加えられたということですね。

パナソニック NI-FS470とNI-FS360の価格と販売店

パナソニック 衣類スチーマー NI-FS470には

・NI-FS470-K(ブラック)
・NI-FS470-PN(ピンクゴールド)

の2種類のカラーがあります。

また、このNI-FS470と同時に発売された
NI-FS320-RPというモデルもありますが、

こちらはアイロン面がラウンドタイプのものであり、
360度のスチーム機能はありませんのでご注意を・・・



パナソニック 衣類スチーマー NI-FS470の
現在のAmazonでの販売価格は10,071円です。(2016/04/11現在)

従来モデルのNI-FS360の方は6,480円ですので、
両者の価格差はちょっとありますね。


まあ、右利きの人であれば
従来のNI-FS360でも良いかも知れません。

でも、左手で持ってストレスなく使いたいという方なら、
新機種NI-FS470を選択した方が良いかと思います。

パナソニック 衣類スチーマー(Amazon)



楽天市場はこちらからどうぞ。

パナソニック衣類スチーマー(楽天市場)


スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です