窓用エアコン KOIZUMI KAW-1951とコロナ CW-1615を比較

窓用エアコンを製造・販売しているメーカーは
以前はそれほど多くはありませんでしたが、

昨年の夏以来、窓用エアコンの需要が高まったことで、
新しくこの業界に参入してくるメーカーも増えつつあります。

でも、そんな中で一番人気が高いのは
やはりコロナの製品ですね。

cw-1615
  ★現在の人気機種 CW-1615


このコロナ以外の窓用エアコンでは、
トヨトミ、ハイアール、KOIZUMIなどの製品が人気です。

今回はその中からKOIZUMI KAW-1951を紹介しましょう。

kaw-1951

実はこのKOIZUMI KAW-1951は中々の人気機種であり、
その機能や性能はコロナ CW-1615を上回るほどです。

このKOIZUMI KAW-1951の魅力を、
コロナ CW-1615と比較しながら検証してみたいと思います。


スポンサードリンク

KOIZUMI KAW-1951とコロナ CW-1615の冷房能力を比較

窓用エアコンで一番大事なのはやはり冷房能力です。

先ずはKOIZUMI KAW-1951とコロナ CW-1615の
冷房能力を比べてみましょう。


●KOIZUMI KAW-1951
<冷房能力>
1.6kW(50Hz)/1.9kW(60Hz)
<冷房の目安>
4.5畳~7畳(50Hz)/5~8畳(60Hz)

●コロナ CW-1615
<冷房能力>
1.4kW(50Hz)/1.6kW(60Hz)
<冷房の目安>
4畳~6畳(50Hz)/4.5~7畳(60Hz)


このように、KOIZUMI KAW-1951の方が
若干冷房能力は高いようです。

でも、この程度の差であれば
それほど変わらないとも言えそうです。


そもそも、このクラスの窓用エアコンは、
4畳半~6畳くらいの部屋に設置するケースが多いでしょう。

そうなると、どちらの窓用エアコンを使っても
それほど冷房能力の差は感じないかも知れません。

KOIZUMI KAW-1951とコロナ CW-1615の運転音を比較

窓用エアコンは運転音が大きいというのが難点のひとつ。
そうなると、なるべく静かな方がポイントは高いですよね。

今度は両者の運転音を比べてみましょう。


●KOIZUMI KAW-1951
<室内> 54dB(50Hz)/55dB(60Hz)
<室外> 63dB(50Hz)/64dB(60Hz)

●コロナ CW-1615
<室内> 40dB(50Hz)/42dB(60Hz)
<室外> 47dB(50Hz)/49dB(60Hz)


こうしてみると、コロナ CW-1615の方が
断然運転音が静かなように思えますが、

実はコロナとKOIZUMIでは
運転音の表記の仕方が違っています。

コロナは従来の音圧レベルですが、
KOIZUMIは音響パワーレベルで表しています。

ですから、このまま比較するというわけにはいきません。

音圧レベルと音響パワーレベル

従来の音圧レベルは、JISで定められた
ある1点で測定されたものです。

一方、音響パワーレベルは、周囲に発せられる
すべての音響エネルギーを評価したものであり、
2013年のJIS改正から使用されるようになりました。

現在、運転音の表記は音圧レベルから
音響パワーレベルに移行しつつありますが、

従来の音圧レベルで表記しているメーカーも
依然としてまだ多く残っています。


問題は、同じ運転音であった場合、
音圧レベルよりも音響パワーレベルの方が
大きな数値になるということです。

実際には11~12dBほど数値が増えるようです。

結局、静かなのはどっち?

KOIZUMI KAW-1951の運転音は

●音響パワーレベル
<室内> 54dB(50Hz)/55dB(60Hz)
<室外> 63dB(50Hz)/64dB(60Hz)

●音圧レベル
<室内> 42~43dB(50Hz)/43~44dB(60Hz)
<室外> 51~52dB(50Hz)/52~53dB(60Hz)

となります。

コロナ CW-1615の運転音(音圧レベル)は

<室内> 40dB(50Hz)/42dB(60Hz)
<室外> 47dB(50Hz)/49dB(60Hz)

ですので、両者の差はけっこう縮まりますね。


数値的にはコロナ CW-1615の方が
多少静かであると言えますが、

対するKOIZUMI KAW-1951も
なかなか静かな製品であると言えそうです。


スポンサードリンク

マイナスイオン発生機能の有無

KOIZUMI KAW-1951には、マイナスイオン発生機能があります。
これはコロナ CW-1615には無い機能です。

ですから、KOIZUMI KAW-1951には、
室内を冷やしてくれると同時に、マイナスイオンによって、
室内の空気をリフレッシュしてくれるというメリットがあります。



こうした機能はコロナ CW-1615の上位機種である
コロナ CW-A1615には付いていますが、

上位機種であるコロナ CW-A1615は
当然CW-1615よりも価格が高くなってしまいます。

ということで、ここはKOIZUMI KAW-1951に
軍配が上がるでしょうね。

KOIZUMI KAW-1951は熱交換器の洗浄が可能!

KOIZUMI KAW-1951のもうひとつの特長は
熱交換器の洗浄が可能であることです。

熱交換器が汚れたままだと冷房効率が下がり、
余計な電気代がかかることにもなります。

そして、嫌なニオイの原因にもなります。


KOIZUMI KAW-1951は、市販のエアコン洗浄スプレーを使って
熱交換器を洗浄することができるので、
常にキレイな状態で使用することが出来ます。

kaw-1951

一方、コロナ CW-1615には内部乾燥モードはありますが、
熱交換器の洗浄が可能かどうかは明記されていません。

ですから、いつも清潔な状態で窓用エアコンを使いたいなら
KOIZUMI KAW-1951の方が良いかも知れませんね。

KOIZUMI KAW-1951とコロナ CW-1615の価格と販売店

最後にKOIZUMI KAW-1951と
コロナ CW-1615の価格を比べてみましょう。

何だかんだ言っても価格が安いというのは
大きな魅力ですからね。


さて、現在のAmazonでの販売価格は

・KOIZUMI KAW-1951 31,200円
・コロナ CW-1615 35,400円

となっています。

KOIZUMI KAW-1951の方が4,000円ほど安いわけですが、
結局これがKOIZUMI KAW-1951の人気の理由ですね。


ここまで色々と見て来たことをまとめますと、

・KOIZUMI KAW-1951の方が若干冷房能力が高い
・コロナ CW-1615の方が若干音が静か
・KOIZUMI KAW-1951はマイナスイオンを放出する
・KOIZUMI KAW-1951は熱交換器の洗浄が可能
・KOIZUMI KAW-1951の方が価格が安い

ということになります。

こうしてみると、KOIZUMI KAW-1951の方が
断然に魅力的な感じがしますよね。

KOIZUMI KAW-1951/W(Amazon)



一方のコロナ CW-1615のメリットは
運転音が多少静かなことくらいですが、

それよりもコロナというブランドの持つ
安心感というものが大きいのかも知れません。

結局人気NO.1ですからね。

コロナ CW-1615(Amazon)



このあたりの選択はそれぞれの考え方次第です。
自分のニーズによりマッチした方を選ぶのが正解でしょうね。



楽天市場では、何故かKOIZUMI KAW-1951の価格は高いです。
逆に、Amazonが安すぎるのかも知れませんが・・・

KOIZUMI KAW-1951(楽天市場)



コロナ CW-1615の価格もAmazonよりやや高めです。

逆に新機種のCW-1616の方が安かったりしますので、
ここはCW-1616を購入した方が良いでしょうね。

コロナ CW-1615(楽天市場)



*価格は2016年4月28日現在のものです。


スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です