パナソニック 濃密泡エステ EH-SC63 EH-SC53 EH-SC50を比較

パナソニックの洗顔美容器「濃密泡エステ」は、
普通に手で行うよりも効率よく洗顔ができるという製品です。

    EH-SC63

この洗顔美容器「濃密泡エステ」は、
手では作りにくい濃密な泡を約5秒で自動生成することができ、

回転と振動タッピングによって、
肌をこすらずにやさしく洗顔することができます。


そして、その2016年のニューモデルがEH-SC63EH-SC53です。

そこで気になるのがこのEH-SC63EH-SC53では
何が違うのかということ。

また、従来モデルであるEH-SC50との違いも
気になるところですね。


スポンサードリンク

パナソニック濃密泡エステの濃密泡洗顔

パナソニックの洗顔美容器「濃密泡エステ」を使えば、
濃密な泡でやさしく洗顔することができます。

何よりも嬉しいのは、面倒な泡立てが自動で出来ること。

本体にアタッチメントを付けて洗顔料注入口から洗顔料を入れ、
アタッチメントの中央に適量の水を注ぎスイッチを入れれば、
約5秒で自動的に泡が発生します。


しかも、自動生成された泡は、手での泡立てでは作りにくい
ホイップクリームのような濃密なもの。

後はこのクリーミーな泡と振動タッピングによって
肌をやさしく洗顔するだけ。

EH-SC63

この「濃密泡エステ」での洗顔を続けることによって、
肌はよりキメ感のある肌に近づけることができます。

この濃密泡洗顔は約1分でOK。
毎日の洗顔がより早く効率的に行えます。

パナソニック濃密泡エステの濃密泡ブラシ洗顔

通常の洗顔は濃密泡洗顔でOKですが、
毛穴の汚れや古い角質をしっかり落としたい時や、
気になる小鼻まわりの皮脂をケアしたい時もあるでしょう。

そんな時には、濃密泡ブラシ洗顔をすることもできます。


この濃密泡ブラシ洗顔は、通常の泡洗顔アタッチメントから
ブラシアタッチメントに付け替えるだけでOK。

もちろん、ブラシを付けたままでも濃密泡が作れます。

EH-SC63

この濃密泡ブラシ洗顔だと、手洗いした時よりも
およそ20倍キレイに汚れを落とすことができます。

ですから、肌のキメの中に残りがちな
ファンデーションの粒子までしっかり落としてくれます。

パナソニック濃密泡エステの温感メイクオフ

パナソニック「濃密泡エステ」の本体下部には
メイクオフパターが付いています。

このメイクオフパターを「メイク落とし」の上から当てて
メイクを馴染ませれば、肌に負担をかけずに
やさしくメイクを落とすことができます。


スポンサードリンク

パナソニック EH-SC63 EH-SC53 EH-SC50の違いは?

パナソニック EH-SC63とEH-SC53は、
2016年5月に発売されたニューモデルです。

このEH-SC63とEH-SC53は機能的には全く同じですが、
付属されているブラシの数が違います。


EH-SC53にはソフトタイプの洗顔ブラシしかありませんが、
EH-SC63にはそのソフトタイプ洗顔ブラシの他に、
皮脂ケアブラシも付いています。

EH-SC63

この皮脂ケアブラシは、細かいところに当てやすい
ピンポイントタイプのシリコンブラシで、
皮脂や黒ずみの気になる小鼻まわりのケアに適しています。

ただし、この皮脂ケアブラシは単体で別売りされていますので、
欲しくなったら後から購入するというのもアリです。



一方、EH-SC53は従来モデルのEH-SC50と同等品であり、
カラーがシルバー調かピンク調かの違いがあるだけです。

パナソニック EH-SC63 EH-SC53 EH-SC50の価格と販売店

パナソニック 洗顔美顔器「濃密泡エステ」の
Amazonでの現在の通販価格は

・EH-SC63-P 15,228円
・EH-SC53-S 14,531円
・EH-SC50-P 10,700円

となっています。(2016/05/21現在)



先にも述べましたが、EH-SC53とEH-SC50は同等品ですので、
カラーにこだわりがなければEH-SC50の方が現在はお得です。

パナソニック 濃密泡エステ(Amazon)



また、皮脂ケアブラシ EH-2S02も
Amazonでは2,727円で販売されていますので、
EH-SC50-PとEH-2S02を購入するという手もありますね。

パナソニック 洗顔ブラシ 皮脂ケア用 EH-2S02



楽天市場での価格はこちらからチェックしてみて下さい。

パナソニック 濃密泡エステ(楽天市場)



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です