SHAP イオン発生機 IG-HC1の魅力と価格~IG-GC1との違い

シャープの車載用プラズマクラスターイオン発生機には、
カップホルダータイプやフィルター搭載タイプなどもありますが、

コンパクトで色々なシーンでマルチに使えるのが
カーエアコン取付タイプです。

現在、このカーエアコン取付タイプで人気なのは
IG-GC1という2015年のモデルです。

    IG-GC1

そして、その2016年の最新モデルがIG-HC1です。

この2つのモデルは性能的には同じですが、
2016年モデルのIG-HC1の方が、
よりオシャレなカラーになっています。

おそらくこのモデルは
女性をターゲットにしているみたいですが・・・


スポンサードリンク

シャープ IG-HC1とIG-GC1のカラーの違い

2015年モデルのIG-GC1には以下の3つのカラーがあります。

・IG-GC1-P ピンク系
・IG-GC1-B ブラック系
・IG-GC1-N ゴールド系

ピンクは女性向き、ブラックは男性向き、
ゴールドはどちらでもOKといった感じです。

IG-GC1

そして、2016年モデルのIG-HC1にも3つのカラーがありますが、
こちらはドルチェ(スイーツ)をイメージした
カラー展開になっています。

・IG-HC1-P フランボワーズピンク
・IG-HC1-T チョコレートブラウン
・IG-HC1-D マーマレードオレンジ

IG-HC1

IG-HC1

このように、単なるピンクやブラウンではなく、
フランボワーズをイメージしたピンクや、

チョコレートをイメージしたブラウン
となっているのがポイントですね。

やはり、これは女性にはウケそうな感じです。

また、パッケージもドルチェ風となっているので、
プレゼントにも喜ばれそうです。

シャープ IG-HC1もIG-GC1も性能は同じ

シャープ IG-HC1もIG-GC1も、
プラズマクラスター25000を搭載したイオン発生機であり、
その機能や性能は同じです。

本体をエアコンの前面に取り付けることで、
イオンをエアコンの気流に乗せて車内全体に放出し
車内の気になるニオイを消臭してくれます。

IG-GC1

サイズ的には軽自動車にピッタリという感じですね。


また、エアコンを止めても、風量「強」で運転すれば、
プラズマクラスターイオンが60㎝先の顔まで届き、
肌への保湿効果が得られます。

運転中に肌の乾燥が気になるという方には
なかなか重宝しそうですね。


スポンサードリンク

シャープ IG-HC1とIG-GC1の価格差は?

シャープ IG-HC1とIG-GC1はカラーが違うだけ。

でも、よりカラフルでオシャレな感じがする
IG-HC1のドルチェカラーはやはり魅力的ですね。

そこで、気になるのはIG-HC1とIG-GC1の価格差でしょうね。


現在のAmazonでの販売価格は

・IG-HC1-P 10,980円
・IG-HC1-T 9,780円
・IG-HC1-D 9,880円

・IG-GC1-P 7,980円
・IG-GC1-B 6,790円
・IG-GC1-N 7,000円

となっています。(2016/06/01現在)


ちょっと奮発してオシャレなドルチェカラーにするか、
同じ性能なら安い方が良いと考えるか、

このあたりが選択の基準となりそうですね。

シャープ IG-HC1 IG-GC1(Amazon)

IG-HC1やIG-GC1は車内以外でも活躍する!

IG-HC1やIG-GC1にはUSBケーブルが付属していますので、
パソコンに接続して使うこともできます。

例えば、デスクで仕事をしながら、
同時にフェイスケアもできるということです。


また、市販されているAC変換アダプターや
モバイルバッテリーを使用すれば、
様々な場所での空気浄化や消臭が可能です。

密閉された狭い空間の消臭や洗えないものの脱臭など、
色々なシーンで活躍できそうですね。


スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です