パナソニック SD-BMT2000の魅力と価格~SD-BMT1001との違い

パナソニック ホームベーカリーの現在のラインナップには、
SD-BMT1001、SD-BM1001、SD-BH1001の「1001シリーズ」の他に、
SD-BMT2000という機種もあります。

そして、このSD-BMT2000は単なるホームベーカリーではなく、
「もちつきベーカリー」と呼ばれています。

SD-BMT2000

ですから、このSD-BMT2000は「もちつき」に特化された
ホームベーカリーなのかな?と思ってしまいますが、

SD-BMT1001やSD-BM1001のメニューにも「もちつき」はあります。

それでは、このSD-BMT2000は、SD-BMT1001やSD-BM1001と
何が違うのかが気になるところですね。

今回はそのあたりのところを、
SD-BMT1001と比較しながら検証してみましょう。


スポンサードリンク

SD-BMT2000なら、おもちが1升まで作れる!

SD-BMT2000とSD-BMT1001との一番の違いは、
パンやおもちを一度に作れる量です。

SD-BMT1001は1斤タイプのホームベーカリーですが、
SD-BMT2000は1.5~2斤まで作れます。

そしてSD-BMT2000は、おもちが1升まで作れます。



一方のSD-BMT1001は、容量が半分なので5合まで作れそうですが、
その取扱説明書には「2合」と「3合」のレシピしかありません。

つまり、SD-BMT2000とSD-BMT1001では、
一度に作れるおもちの量が格段に違うということです。



家族が少なく、それほどたくさんの量を作る必要がなければ
SD-BMT1001もしくはSD-BM1001でも良いですが、

家族の多い家庭や、一度にたくさんのおもちを作りたい場合は、
SD-BMT2000の方が便利に使えそうです。

特に正月を迎える前などには、
たくさんのおもちを作っておきたいでしょうしね。

SD-BMT2000

SD-BMT2000とSD-BMT1001のサイズの違い

SD-BMT2000はSD-BMT1001よりも容量が大きいため、
その本体サイズも当然大きくなります。

両者のサイズと重量の違いは以下の通りです。


<SD-BMT1001>
・サイズ 幅24.1×奥行30.4×高さ34.7cm
・重量  約5.6kg

<SD-BMT2000>
・サイズ 幅25.6×奥行38.9×高さ38.2cm
・重量  約6.9kg



このように、幅はともかく奥行と高さがだいぶ大きいです。

ですから、SD-BMT2000の購入を考えている方は、
その置き場所なども事前に考えておいた方が良いでしょうね。


スポンサードリンク

SD-BMT2000とSD-BMT1001のメニューの違い

SD-BMT2000は「もちつき」に特化されていると考えると、
その他のメニューはどうなんだろう?と思うかも知れませんね。

でも、このSD-BMT2000は「もちつき」以外のメニューも
かなり充実しているんです。


SD-BMT2000のメニューは全部で40種類あります。

SD-BMT1001のメニューは全部で36種類なので、
SD-BMT2000の方がメニュー数は多いことになります。



ただし、SD-BMT2000のメニューでは、
「パン・ド・ミ(2斤)」と「パン・ド・ミ(1斤)」や
「食パン(2斤)」と「食パン(1.5斤)」などが
別メニューとして数えられているため、

実質的に作れるメニューの種類は
SD-BMT1001の方が多くなります。

    SD-BMT1001-T

SD-BMT1001で作れるメニューとSD-BMT2000で作れないメニュー

SD-BMT1001で作れるメニューは以下の通りです。
★はSD-BMT2000には無いメニューとなります。



<ドライイースト>
●パン・ド・ミ
●もちもちパン・ド・ミ
●ふんわりパン・ド・ミ
●食パン
●ソフト食パン
★サンドイッチ用食パン
●早焼き食パン
★60分パン(SD-BMT2000は80分パン)
●ごはんパン
●ごはんフランスパン
●フランスパン
●ライ麦パン
●全粒粉パン
●ブリオッシュ
★マーブルパン
●アレンジパン
●白パン風食パン
★ハーフ食パン
●米粉パン(小麦入り)
●米粉パン(小麦なし)
●パン生地
●ピザ生地
★8分スピード生地

<天然酵母>
●食パン
●パン生地
●生種おこし

<その他>
●クイックブレッド
●ソイスコーン
●ケーキ
●ベジケーキ
★生チョコ
●ジャム
★コンポート
●あん
●もち
●うどん・パスタ

SD-BMT2000とSD-BMT1001の価格差

ここまで見てきたように、
SD-BMT2000の方が一度に作れるパンやおもちの量は多いですが、
作れるメニューの種類はSD-BMT1001の方が多いです。

そうなると気になるのが両者の価格の違いですね。


そこで現在のAmazonでの販売価格を見てみると、

・SD-BMT1001 26,280円
・SD-BMT2000 30,200円

となっています。(2016/06/06現在)


ただし、このSD-BMT2000の価格は
Amazonに出店している他の販売店のものであり、
現在Amazon自体の商品は入荷待ちとなっています。

その入荷予定日は6月15日で、価格は27,488円です。


というわけで、両者の価格差はそれほどありませんので、
一度にたくさんのパンやおもちを作りたい!
という方はSD-BMT2000を選ぶと良いでしょう。

パナソニック ホームベーカリー 2斤タイプ SD-BMT2000-W



逆に、パンは1斤で十分、おもちも少し作れれば良い。
そして色々なメニューも作りたいという方は、
SD-BMT1001を選ぶのが良いかと思います。

パナソニック ホームベーカリー 1斤タイプ SD-BMT1001-T



楽天市場での価格はこちらからチェックできます。

パナソニック ホームベーカリー(楽天市場)


スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です