山善 YLX-ED301の機能と価格~日立 HEF-DC60との比較

暑い夏の夜は扇風機をつけたまま寝る
という方も多いと思いますが、

そんな時は、静かでやさしい風が出せる
DCモーター扇風機の方が快適ですね。

扇風機

ただ、DCモーター扇風機だと
どうしても値段が高くなってしまうのがネック。

そこで結局DCモーター扇風機は諦めて
普通の安い扇風機を買う人も多いでしょう。



でも、山善ならDCモーター扇風機も安いんです!

大手メーカーのDCモーター扇風機だと
通販でも1万円以上はするのが普通ですが

今回紹介する山善 YLX-ED301は、
Amazonでなら7,000円台で購入できてしまいます。

でも、こんなに安いとちょと不安になるのも事実ですね。


スポンサードリンク

山善 YLX-ED301の特長

山善 YLX-ED301 は、DCモーターを搭載した
シンプルな30㎝リビング扇風機です。

風量は「静音・弱・中・強」の4段階で調節でき、
リズム風も搭載しています。

また、切タイマーと入タイマーのダブルタイマーがあり、
自動首振り機能も付いています。

そして、もちろんリモコン付き。

まあ一言で言えば、山善 YLX-ED301 は
必要最小限の機能を備えたリビング扇風機。

そして、DCモーター扇風機でありながら
1万円を切るという価格がやはり最大の魅力です。

YLX-ED301

山善 YLX-ED301のツインブレード

この山善 YLX-ED301 は、その羽根にも特徴があります。

一見したところ、 YLX-ED301 には2種類の羽根が
前後に付いているように見えますが、
実際は、これは独特な形状をした1枚の羽根です。

「ツインブレード」と呼ばれるこの羽根ですが、
従来の羽根と比べると風ムラが抑えられ、
風速や風量がアップするとのことです。

でもこの仕様に関してはあまり興味はないかなぁ・・・

おそらくDCモーター扇風機に求められているのは
静かでやさしい風だと思われますからね。

まあ、デザインとしては面白いかと思います。


スポンサードリンク

山善 YLX-ED301と日立 HEF-DC60の価格を比較

さて、ここで日立のDCモーター扇風機
HEF-DC60に登場してもらいます。

このHEF-DC60は、日立の2016年モデルの中で
一番シンプルなモデルです。

つまり、機能的には山善 YLX-ED301と
どっこいどっこいといった感じの製品です。

まあ、細かい点を挙げれば、
このHEF-DC60は6段階に風量調節ができます。

でも、リズム風的な機能はなく、
タイマーは切タイマーしかありません。

こういった点で
山善 YLX-ED301とどっこいどっこいというわけ。

hef-dc60

で、問題はその価格となりますが、
現在のAmazonでは

・日立 HEF-DC60 11,459円
・山善 YLX-ED301 7,800円

となっています。

両者は機能的には大して変わらないわけですから、
「これなら山善 YLX-ED301の方が断然お得でしょ!」
となりそうなんですが・・・

価格の違いは品質の違い?

そもそも山善の製品が安いのは、部品や素材のコストを
上手に抑えているからだと考えられます。

まあ、言い方がちょっと悪くなってしまいますが、
例えば日立が使っている部品よりも
ワンランク下の部品を使っているとか・・・

でも、決してこれが粗悪品ということではありませんので
誤解のないようにして下さいまし。


今回の山善 YLX-ED301と日立 HEF-DC60の場合ですと、
モーターの「設計上標準使用期間」というものが違います。

山善 YLX-ED301は6年ですが、日立 HEF-DC60は10年です。

これを文字通りに受け取れば、
日立 HEF-DC60の方が長持ちするということ。

結局、両者の品質の差とか耐久性などが
価格の差となって現われてきているわけです。

ですから、単純に山善 YLX-ED301の方がお得!
とは言えないわけです。



でも、家電製品って個体差もありますし、
何らかのアクシデントで故障することもあります。

「6年も持てば十分!やっぱり安い方がイイ」
という考え方もアリかもです。

山善 DCモーター搭載 リビング扇風機 YLX-ED301



そして、「やっぱりここは技術の日立でしょ!」
という考え方も大いにアリですね。

日立 扇風機 HEF-DC60


スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です