コロナ窓用エアコン CW-1616とCW-F1616の違いと価格差

コロナ CW-1616 は2016年のモデルであり、
コロナの窓用エアコンの中では現在一番人気のある機種です。

CW-1616

今年の春頃はまだ価格が高かったため、
前機種の CW-1615 の方が売れていましたが、

ここに来て CW-1616 の価格も安くなり、
逆に CW-1615 の方が高くなって来たことで、

現在は CW-1616 が一番人気があるというわけです。



さて、このコロナ CW-1616 の同等品に、
CW-F1616 というモデルがあります。

これは単なる販売ルートの違いによって
型番が異なっているだけかと思いましたが・・・


スポンサードリンク

コロナ CW-1616 と CW-F1616 は同等品?

コロナ CW-1616 も CW-F1616 も、
主に4~6畳用の冷房専用窓用エアコンです。

その基本性能は両者とも全く同じですが、
販売ルートが異なっています。

コロナのホームページによると、

・CW-1616 ホームセンター向け商品
・CW-F1616 家電量販店向け商品

となっています。


でも、Amazonなどではどちらも販売されているので、
ネット通販で購入する場合であれば、
この販売ルートの違いはあまり関係ない感じですね。

ですから、CW-1616 と CW-F1616 のどちらを買っても
それほど大差はないということなんですが・・・

コロナ CW-1616 と CW-F1616 の違い

実は、コロナ CW-1616 と CW-F1616 には、
販売ルートが違うということの他に
一点だけ違うところがあります。

それは脱臭フィルターが付いているか
いないかの違いです。

CW-1616 には脱臭フィルターは付いていませんが、
CW-F1616 には付いているんです。

CW-F1616 という型番に付けられた「F」は、
フィルターの「F」ということなのでしょうね。


この脱臭フィルターは、悪臭ガスなどを吸着し、
その触媒効果によって分解・脱臭してくれるものです。

よって、CW-F1616 なら室内を冷やしながら、
室内の嫌なニオイも取ってくれるということです。

ちなみにこの脱臭フィルターは10年間交換が不要です。

こうしてみると、CW-1616 よりも
CW-F1616 の方がちょっとイイ感じですね。


スポンサードリンク

コロナ CW-1616 と CW-F1616 の価格差と販売店

コロナ CW-1616 と CW-F1616 の違いは
脱臭フィルターの有無ということです。

そして、次なる問題は両者の価格ですね。

まあ、普通に考えれば脱臭フィルターのある
CW-F1616 の方が少し高くて当然ですよね。


では、Amazonでの現在の販売価格はというと・・・

・CW-1616 38,800円
・CW-F1616 36,800円

となっています。(2016/07/06現在)

つまり、脱臭フィルターというおまけが付いた
CW-F1616 の方が現在は安いということ。

というわけで、今ならCW-F1616 の方がお得です。

コロナ窓用エアコン(Amazon)



ただし、ネット通販の価格は常に変動しますので、
いつまでもこの状況が続くとは限りません。

例えば、価格がほとんど同じであれば、
脱臭フィルター付きの CW-F1616 の方がお得感がありますが、
CW-1616の方が安くなる可能性もあります。

その場合は脱臭フィルターの必要性と
価格差を考えながら検討してみると良いでしょう。



楽天市場での価格はコチラからチェックしてみて下さい。

コロナ 窓用エアコン(楽天市場)


スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です