コロナより安い!KOIZUMI 窓用エアコン 2016年モデル比較

KOIZUMI はコロナやトヨトミなどと共に
昔から窓用エアコンを作っていたメーカーです。

この KOIZUMI の窓用エアコンが、
現在なかなかの人気となっているんです。

kaw-1662

その理由はズバリ!価格が安いから。

窓用エアコンではやはりコロナが一番人気ですが、
このコロナの製品の価格は現在ちょっと高めです。

Amazonでは現在一番安いコロナ CW-F1616 が36,594円で、
その他の機種は4万円前後という感じ。

でも、コロナ CW-F1616 とほぼ同じ性能の
KOIZUMI KAW-1662 だと32,172円です。

ということで、今回は KOIZUMI にしておこう!
という人も多いわけですね。


スポンサードリンク

KOIZUMI 窓用エアコン 2016年モデル

KOIZUMI 窓用エアコンの2016年モデルには、

・KAW-1961
・KAW-1962
・KAW-1662

の3機種があります。

この3機種の違いは、まずは冷房能力の違いであり、
続いて付加機能の違いということになります。

KOIZUMIとコロナの冷房能力を比較

このKOIZUMIの3機種の冷房能力は、

KAW-1961 と KAW-1962 は1.9kWで、
KAW-1662 は1.6kWです。(60Hz時)

KAW-1961 と KAW-1962 は5~8畳、
KAW-1662 は4.5~7畳が目安です。(60Hz時)


これはコロナの CW-1816 と CW-1616 との関係と
よく似ています。

コロナ CW-1816 の冷房能力は1.8kW、
CW-1616 は1.6kWですから、(60Hz時)

KOIZUMI KAW-1961 と KAW-1962 の冷房能力は、
コロナ CW-1816 と同じくらいであり、

KOIZUMI KAW-1662 の冷房能力は、
コロナ CW-1616 とほぼ同じであると言えます。


スポンサードリンク

KAW-1961だけの機能と仕様

KOIZUMI KAW-1962 と KAW-1662 は、
冷房能力が違うだけで機能的には同じものです。

しかし、KAW-1961 には
他の2機種にはない機能と仕様があります。

それはマイナスイオン放出機能があることと、
熱交換器が洗えることです。

kaw-1961

KAW-1961 はマイナスイオンを放出できるので、
冷房と同時に室内の空気をリフレッシュできます。

そして、市販のエアコン洗浄スプレーを使って
熱交換器の洗浄ができるのが大きなメリットです。

熱交換器が汚れたままだと冷房効率が落ちますし、
嫌なニオイの原因にもなります。

でも、定期的に熱交換器を洗うことによって、
冷房効果はアップし、嫌なニオイもしなくなります。

KAW-1961 は3機種の中では一番価格が高いですが、
それだけの価値がある製品だと言えそうですね。

KOIZUMIとコロナの窓用エアコンの価格を比較

KOIZUMI 窓用エアコン 2016年モデルの価格を
現在のAmazonで調べてみると・・・

・KAW-1662 32,172円
・KAW-1962 34,017円
・KAW-1961 39,094円

といった感じです。


一方コロナの窓用エアコンは

・CW-F1616 36,594円
・CW-1616  41,630円
・CW-A1616 44,800円
・CW-1816  43,600円

といった感じです。(2016/07/18現在)

窓用エアコン売れ筋ランキング(Amazon)


全体的にKOIZUMIの方が安いわけですが、
同じ冷房能力の製品であっても
KOIZUMIの方が安いというのがポイントです。

もちろん、コロナとKOIZUMIの窓用エアコンでは、
若干の機能の違いなどもありますし、
ブランド力はコロナの方が高いでしょう。

でも、KOIZUMIだって決して悪くはありませんし、
とにかく価格が安いというのは魅力です。

この夏はKOIZUMIの窓用エアコンにするという選択肢も
十分にアリだと思いますよ。

KOIZUMI 窓用エアコン(Amazon)



楽天市場での価格はこちらからチェックしてみて下さい。

KOIZUMI 窓用エアコン(楽天市場)



スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加