日立 HFK-VH700の価格と販売店~HFK-VH500との違い

日立のふとん乾燥機「アッとドライ」シリーズに
新製品HFK-VH700が登場しました。

このHFK-VH700は、マット不要のふとん乾燥機である
HFK-VH500やHFK-V300の後継機種です。

hfk-vh700n

日立 HFK-VH500やHFK-V300は
現在でも人気が高い布団乾燥機ですが

その後継機種となるHFK-VH700には
どのような新機能や改良点があるのでしょうか?

そのあたりを検証してみることにしましょう。


スポンサードリンク

日立 HFK-VH700は見た目もオシャレ?

日立 アッとドライ HFK-VH700は
2015年11月上旬に発売されるようです。

本体のカラーは2種類あり
HFK-VH700 N がシャンパンゴールド
HFK-VH700 P がピンクゴールドとなっています。


これまでのHFK-VH500やHFK-V300は
正面がホワイトで周りにカラーが施されていましたが
HFK-VH700では正面全体にカラーが施されています。

その新カラーもシャンパンゴールドや
ピンクゴールドとなっていますので

見た目の印象としてはオシャレで
何となく高級感が感じられますね。

まあ、見た目はともかくとして
肝心の新機能や改良点を検証してみましょう。

hfk-vh700p

HFK-VH700は約30分のスピード乾燥を実現!

日立 アッとドライ HFK-VH700も
HFK-VH500やHFK-V300と同じように

ホースの先にふとん乾燥アタッチメントを装着して
ふとんの乾燥を行ないます。

もちろん、このふとん乾燥アタッチメントは
上下左右・前後に温風が広がる3Dブロー方式です。


ここまでは同じなのですが
HFK-VH700は乾燥性能が向上しているため
約30分のスピード乾燥を実現しています。

ちなみに、これまでのHFK-VH500やHFK-V300は
約38分のスピード乾燥でしたので

HFK-VH700を使用すれば
約8分の時間短縮が出来るというわけです。

HFK-VH700のデオドランド乾燥機能とは?

日立 アッとドライ HFK-VH700には
新しい機能も搭載されています。

それがデオドランド乾燥機能です。

これは、専用のデオドランド剤を使用して
ふとんを乾燥しながら同時にふとん内に
アロマの香りを広げることが出来るというものです。


HFK-VH700のふとん乾燥アタッチメントには
デオドランド剤投入口がありますので
ここからデオドランド剤を入れればOK。

デオドランド剤を使用することによって
ふとんのニオイ対策が出来るふとん乾燥機は
このHFK-VH700が初めてでしょうね。

このデオドランド乾燥機能が
はたして多くの人に受け入れられるのか
ちょっと注目ですね。

ちなみに、専用デオドラント剤は6包付属しています。


スポンサードリンク

HFK-VH700のホースは約90cmに伸びた

日立 アッとドライ HFK-VH700には
収縮式のロングホースが付いていますが

その長さは従来の機種より約5cm長くなり
約90cmとなっています。

HFK-VH500やHFK-V300のユーザーの口コミには
「ホースが少し短い」というものもありましたから

今回の新機種HFK-VH700では
少しホースを伸ばしたのだと思われます。

わずか5cmの差ですが
場合によっては5cm伸びたことで
便利に使えることもあるかも知れませんね。

日立 HFK-VH700の仕様と付属品

HFK-VH700の吸気フィルターには
アレルキャッチャーフィルターと
HEPAフィルターが採用されています。

これはこれまでのHFK-VH500と同じです。

本体サイズは、幅283×奥行き212×高さ338mmで
本体重量は約4.1kgです。

これもHFK-VH500とほぼ同じですね。

消費電力は最大680Wであり
タイマーが最大150分であるのも
HFK-VH500と同じです。


ただ、くつ乾燥アタッチメントは付属していますが
HFK-VH500に付属していた
衣類乾燥カバーは付いていないようです。

衣類乾燥カバーを使う人は
あまりいないのでしょうかね。

日立 HFK-VH700の価格と販売店

日立 アッとドライ HFK-VH700の価格は
Amazonでは19,224円となっています。

日立 HFK-VH700(Amazon)


楽天市場では19,220円ですね。

日立 HFK-VH700(楽天市場)


やはり、HFK-VH500やHFK-V300に比べれば
HFK-VH700の価格はちょっと高いですが

新しい機能やオシャレなデザインに惹かれる方も
きっと多いのではないかと思われます。

象印も新型のスマートドライを発売していますし
今後も日立と象印の戦いは続きそうですね。


スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です