パナソニック MC-PKL17A MC-PK17G MC-PK16A を比較

サイクロン掃除機が一般的に浸透した現在ですが、
いまだに紙パック式の掃除機も人気です。

掃除機

サイクロン掃除機は紙パックが不要という利点はありますが、
その分お手入れが面倒なのがネックです。

そのため、サイクロン掃除機から
紙パック式掃除機に戻って来る人たちも多いわけです。

そんなわけで、大手家電メーカーも
様々なサイクロン掃除機を発売すると同時に
様々な紙パック式掃除機も発売しています。

そして、現在の紙パック式掃除機の市場では、
パナソニックの製品が人気となっています。

今回はパナソニックの紙パック式掃除機の中から
人気の高い3機種を紹介してみたいと思います。


スポンサードリンク

パナソニックの人気機種 MC-PKL17A

現在、Amazonの通販サイト内にある
紙パックタイプクリーナーの売れ筋ランキングでは

1位 パナソニック MC-PKL17A
2位 パナソニック MC-PK17G
3位 日立 CV-VP5
4位 東芝 VC-PC6A
5位 パナソニック MC-PK16A

といった感じになっています。(2016/08/19現在)

紙パックタイプクリーナーの売れ筋ランキング

上位5つのうち3つがパナソニックですから、
パナソニックの人気が高いのが分かりますね。


ここに登場したパナソニックの製品の中では
グレード的には MC-PK17G が一番高く、
次いで MC-PK16A、MC-PKL17A という順になります。

つまり、現在第1位の MC-PKL17A が最も低スペックなモデルなのですが、
価格も一番安いということで人気のようです。

まあ、「安くてもそこそこ使えれば良い」
と考える人たちが多いということでしょうね。

MC-PKL17A
   <パナソニック MC-PKL17A>

パナソニック MC-PKL17A と MC-PK17G の違い

先ずは1位の MC-PKL17A と、
2位の MC-PK17G の違いを見て行きましょう。

両者の基本仕様は次の通りです。


●MC-PKL17A
サイズ:幅24.3×高さ19.6×奥行34.8cm
本体重量:2.9kg
吸引仕事率:520W
集じん容積:1.3L

●MC-PK17G
サイズ:幅24.3×高さ19.6×奥行34.8cm
本体重量:2.7kg
吸引仕事率:600W
集じん容積:1.3L

このようにサイズは全く同じですが、
MC-PK17G の方がパワーがあることが分かります。


そして、両者の大きな違いはヘッドの違いです。

MC-PKL17A は吸引する風を利用したエアロノズルですが、
MC-PK17G はパワフル自走ノズルです。

要するに、ノズルが自走するのかしないのかの違いです。

自走ノズルの方が良いという方は MC-PK17G を、
特に必要ないという方は MC-PKL17A を
選ぶのが良いかと思います。

MC-PK17G
   <パナソニック MC-PK17G>

パナソニック MC-PKL17A と MC-PK17G の価格差

ただ、両者の価格差は結構あります。

現在のAmazonでの販売価格は

・MC-PKL17A 8,963円
・MC-PK17G 17,299円

となっています。

その価格差はほとんど2倍ですね。

こうなると、自走ノズルでなくてもイイか・・・
という方もおそらく増えてくるでしょうね。

パナソニック 紙パック式掃除機(Amazon)


楽天市場での価格はこちらからチェックして下さい。

パナソニック 紙パック式掃除機(楽天市場)


スポンサードリンク

パナソニック MC-PKL17A と MC-PK16A の違い

続いては MC-PK16A ですが、
こちらの基本仕様は以下の通りです。


●MC-PK16A
サイズ:幅24.3×高さ19.6×奥行34.8cm
本体重量:2.7Kg
吸引仕事率:580W
集じん容積:1.3L


MC-PK16A のノズルは MC-PKL17A と同じエアロノズルです。

つまり、MC-PKL17A と MC-PK16A とでは、
吸引パワーが違うだけということです。

実際、MC-PKL17A 購入者の口コミには
「吸引力がやや弱いかも・・・」
といったものもありますので、

吸引力を重視するのであれば
MC-PK16A を選んだ方が良いかも知れませんね。

MC-PK16A
   <パナソニック MC-PK16A>

Amazonでの価格も現在11,180円ですから、
MC-PKL17A よりちょっと高い程度です。

パナソニック 紙パック式掃除機(Amazon)


ちなみに、この MC-PK16A は2015年モデルです。

2016年モデルの MC-PK17A も販売されていますが、
価格が14,599円と少し高くなります。

MC-PK16A も MC-PK17A もスペックは同じなので、
2015年モデルの MC-PK16A の方がお得です。

パナソニック MC-PKL17A と日立 CV-VP5 の違い

今回はパナソニックの紙パック式掃除機を
いくつか紹介して来ましたが、

最後に日立 CV-VP5 も紹介しておきましょう。

この日立 CV-VP5 は、2007年から販売されている
けっこう古い製品なのですが、

いまだに人気ランキングの上位にいるという
非常に人気のある紙パック式掃除機です。

CV-VP5

日立 CV-VP5 の基本仕様は以下の通りです。

●日立 CV-VP5
サイズ:28.8×25.6×21.4cm
本体重量:3.3kg
吸込仕事率:530W
集じん容積:1.5L


性能的には パナソニック MC-PKL17A とほぼ同じですが、
若干吸引パワーが強く集じん容積も大きいです。

ヘッドもエアー駆動式のエアーヘッドです。

Amazonでの価格も現在9,980円ですから、
パナソニック MC-PKL17A よりもちょっと高い程度。

パナソニックにこだわりのある方なら別ですが、
そうでなければこの日立 CV-VP5 でもイイかも・・・

後はデザインなどの好みの問題でしょうね。

日立 CV-VP5(Amazon)


スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加