シャープ KI-EX75 と KI-EX55 の違いと価格差

現在のシャープの加湿空気清浄機には、
プラズマクラスター7000かプラズマクラスター25000の
いずれかが搭載されていますが、

プラズマクラスター25000を搭載したシリーズは
プレミアムモデルと称されています。

   KI-EX55
    <シャープ KI-EX55>


このプレミアムモデルの中で現在人気なのが、
シャープ KI-EX75 と KI-EX55 です。

この両者は2014年のモデルであり、
2015年モデルの KI-FX75 や KI-FX55 よりも
価格が安いことが人気の理由でしょうね。

いずれシャープのニューモデルも発売されると思いますが、
当分の間はこの KI-EX75 と KI-EX55 の人気が続きそうです。


スポンサードリンク

シャープ KI-EX75 と KI-EX55 の違い

シャープ 加湿空気清浄機 KI-EX75 と KI-EX55 は、
ともにプラズマクラスター25000を搭載しており、
基本的な機能はほぼ同じです。

で、結局その違いはパワーの違いということです。

両者の適用畳数を比較してみると

●KI-EX75
・プラズマクラスター 約20畳
・空気清浄 34畳まで
<加湿>
・プレハブ洋室 20畳まで
・木造和室 12.5畳まで

●KI-EX55
・プラズマクラスター 約15畳
・空気清浄 25畳まで
<加湿>
・プレハブ洋室 15畳まで
・木造和室 9畳まで

ということで、KI-EX75 の方がより広い範囲をカバーできます。


また、最大加湿量も

・KI-EX75 730mL/h
・KI-EX55 550mL/h

と、KI-EX75 の方がパワフルです。

KI-EX75
    <シャープ KI-EX75>

KI-EX75 と KI-EX55 の空気清浄スピードの違い

シャープ KI-EX75 と KI-EX55 とでは、
室内の空気をキレイにするスピードも違います。

両者の8畳の部屋の空気清浄スピードは

・KI-EX75 9分
・KI-EX55 11分

となっています。

この空気清浄スピードの違いも
けっこうポイントになるかも知れません。


例えば、15畳の洋室で使うのであれば、
広さだけを考えれば KI-EX55 で十分ですが、

同じ部屋でも KI-EX75 を使えば、
より早く空気清浄ができるということです。

単に適用畳数だけで選ぶのではなく
空気清浄スピードも考慮に入れると
また違った選択肢が出てくるということですね。

これは加湿性能にも同じことが言えそうです。


スポンサードリンク

シャープ KI-EX75 と KI-EX55 の価格差

さて、性能的には KI-EX75 の方が高いのが分かりましたが、
問題は KI-EX75 と KI-EX55 との価格差が
一体どのくらいなのかということですね。

そこで、現在のAmazonでの両者の価格を比べてみると

・KI-EX75 31,800円
・KI-EX55 25,800円

となっています。(2016年8月26日現在)


両者の価格差は現在6,000円ほどです。

両者の性能の差を考えてみた場合、
この価格差であれば KI-EX75 の方がイイな!
と考える方も多いかも知れませんね。

実際、現在のAmazonでは KI-EX55 よりも
KI-EX75 の方が人気があるみたいですし・・・

シャープ KI-EX75-W(Amazon)


まあ、このあたりは予算次第となると思いますが、
部屋の広さや清浄スピードの必要性などを考慮しながら
自身にピッタリな機種を選ぶと良いでしょう。

シャープ KI-EX55-W(Amazon)



楽天市場はこちらからどうぞ。

KI-EX75 KI-EX55(楽天市場)



スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加