T-fal アクセススチームとパナソニック NI-FS470を比較

衣類スチーマーは、衣類のシワ伸ばしが
ハンガーに掛けたままできるという便利なもの。

そして、その衣類スチーマーの代表格と言えば
パナソニック NI-FS470 などのシリーズです。

ni-fs470

しかし、2016年8月に
その強力なライバルとなりそうな製品が登場!

それが、T-fal 衣類スチーマー「アクセススチーム」です。

アクセススチーム

このT-fal 衣類スチーマー「アクセススチーム」は、
スチーム噴射のみに特化されているのが特徴です。

パナソニック NI-FS470 などは、
スチームアイロンの変形版といった感じで、
アイロン面もありましたが、

T-fal「アクセススチーム」にはアイロン面はなく、
ただスチーム噴射機能があるのみです。

そして、「それだけで十分なのだ!」という自信に
みなぎっている感じを受ける製品です。


スポンサードリンク

T-fal アクセススチームとパナソニック NI-FS470 の違い

パナソニック 衣類スチーマー NI-FS470 は、
コンパクトなスチームアイロンといった形状で、
そのアイロン面からスチームを噴射します。

よって、実際に衣類のシワ伸ばしをする時には、
まさにアイロンを持って使っているような感じです。

ni-fs470

それに対してティファールのアクセススチームは、
スチームを噴射するガンのような形状。

まさにスチームを当てることだけに生まれた製品です。

そして、スチームを噴射するヘッドが大きいので、
一度に広範囲にスチームを当てることができます。

そのため、衣類のシワ伸ばしに使うだけでなく、
カーテンや寝具のケアも効率よくできます。

アクセススチーム

アクセススチームの方が勝っているところ

スチーム噴射だけに特化されたアクセススチームは、
その連続スチーム量が最大23g/分とパワフルです。

パナソニック NI-FS470 の場合ですと、
そのスチーム量は平均約11g/分ですので、
アクセススチームの方がパワフルなことが分かります。

また、アクセススチームの水タンク容量は200mlと大きいので、
頻繁に給水する手間が省けます。

パナソニック NI-FS470 の注水量は約50mlですから、
この点でもアクセススチームの方が勝っています。

アクセススチーム

そして、アクセススチームはロックトリガーを採用。
噴射した状態でトリガーをロックできるため、
疲れずにスチームの連続噴射が可能です。

ちなみに、パナソニック NI-FS470 は、
ボタンを押している間だけスチームが出るタイプです。

まあ、衣類のシワ伸ばしならそれでも良いかと思いますが、
ティファール アクセススチームの場合は、
カーテンや寝具に使用することも考えられているので、
やはりロックトリガーの方が便利でしょうね。



あと、細かい点を挙げるならば、
パナソニック NI-FS470 の電源コードは2.5mですが、
アクセススチームの電源コードは3mと少し長いです。

まあ、電源コードが長い方が
より遠くまで使えるということです。


スポンサードリンク

パナソニック NI-FS470 の方が勝っているところ

ここまででは、ティファール アクセススチームの方が
パナソニック NI-FS470 よりもイイ!
という感じになっていますが、

ここからはパナソニック NI-FS470 の方が
勝っている点を紹介しましょう。



先ずはサイズの大きさです。

ティファール アクセススチームのサイズは
幅11.5×奥行15.4×高さ28.3cmです。

一方、パナソニック NI-FS470 のサイズは
幅7.0×長さ15.0×高さ14.0cmです。

また、重さも0.69kgの NI-FS470 に対し、
アクセススチームは0.9kgと少し重いです。

まあ、大きすぎて使いにくいというわけではないですが、
収納時に場所を取るかも知れないということです。

アクセススチーム

次に、立ち上がりの早さの違いです。

パナソニック NI-FS470 の立ち上がりは約30秒ですが、
アクセススチームは約45秒かかります。

まあ、たった15秒の差ですが、
忙しい朝などにはこの15秒が大きく感じるかも・・・



あと、パナソニック NI-FS470 には、
アイロンとしても使えるというメリットがありますが、

そもそも衣類スチーマーが欲しい人は、
アイロンを使わずに衣類のシワ伸ばしをしたいわけですので、
この機能のある無しはあまり問題にはならないでしょう。



そして、最後は価格の違いです。

T-fal アクセススチームとパナソニック NI-FS470の価格

ティファールのアクセススチームの価格は
現在Amazonでは12,479円です。

パナソニック NI-FS470 の価格は
同じAmazonで7,742円となっています。



スチームを噴射する性能に関しては
アクセススチームの方が勝っていると思いますが、
その分価格も高くなるということですね。

この辺の判断は人それぞれでしょう。

一目見てアクセススチームに惚れる方もいれば、
価格を考えて NI-FS470 を選ぶ方もいるでしょう。

まあ、自分にはどちらが合っているのかを
良く考えて検討してみて下さい。


●Amazonの通販ページはこちら

ティファール 衣類スチーマー 「アクセススチーム」 DR8085J0



パナソニック 衣類スチーマー ブラック NI-FS470-K



一方、楽天市場での現在の最安値は

・アクセススチーム 12,740円
・NI-FS470 7,800円

となっています。

楽天市場を利用したい方はこちらからどうぞ。

ティファール アクセススチーム



NI-FS470(楽天市場)



*価格は2016年9月15日現在のものです。


スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加