ツカモトエイム AIM-RC03 の魅力~評判と価格

ロボット掃除機の代表選手と言えばiRobotのルンバ!
ただ、このルンバは価格が高いのがネックです。

そんな中、現在非常に人気のあるロボット掃除機が、
ツカモトエイム ロボットクリーナー ミニ ネオ AIM-RC03 です。

aim-rc03

この AIM-RC03 の魅力はズバリ!価格が安いこと。
例えば、Amazonなら現在8,300円で買えてしまいます。

ロボット掃除機は欲しいけれど、値段が高くて・・・
という方には、この AIM-RC03 がピッタリかも。

ただし、この AIM-RC03 は決して高性能ではありません。

今回はこのツカモトエイム AIM-RC03 が、
どの程度のロボット掃除機なのかを紹介してみたいと思います。


スポンサードリンク

ツカモトエイム AIM-RC03 はシンプルなロボット掃除機

ツカモトエイム ミニ ネオ AIM-RC03 は、
直径23.5cmと非常にコンパクトなロボット掃除機です。

そのコンパクトさゆえ、狭いところでもスイスイと入って
掃除してくれるのが魅力です。

そして、この AIM-RC03 には電源スイッチしかありません。

よって、一度スイッチを入れると、
バッテリーが無くなるまで掃除し続けるという
非常にシンプルなロボット掃除機なのです。

ちなみに、充電時間は約4時間で、
連続稼働時間はフル充電で約50分となっています。


もちろん、掃除が終わると元の位置に戻る
といった機能は付いていませんので、
気が付くとベッドの下で止まっているなんてこともあります。

とりあえず、衝撃吸収機能や落下防止機能はありますが、
基本的には適当にグルグル回りながら掃除して、
バッテリーが無くなれば勝手に止まるマシン、
と考えておけば間違いないでしょう。

ツカモトエイム ロボットクリーナー AIM-RC03 の動き方

ツカモトエイム ロボットクリーナー AIM-RC03 には、
以下の3種類の動きがプログラミングされています。

「らせん走行」 椅子や机のまわりをしっかり掃除
「バンパー走行」 部屋を広範囲に掃除
「壁沿い走行」 壁際やコーナーのゴミをキレイに掃除

そして、ツカモトエイム AIM-RC03 は、
この3種類の動きをランダムに繰り返しながら掃除をします。

ランダムということは要するに行き当たりばったりということ。
その場所に応じた適切な動きをするというわけではありません。


例えば、壁際に来た時に「壁沿い走行」をせずに、
「らせん走行」を始める可能性もあります。

傍から見ていると「オイ、それは違うだろ!」と
ツッコミたくなるかも知れません。

まあ、適当に部屋の中をグルグルと回っているうちに、
何となく掃除できているという感じのマシンです。

aim-rc03

ツカモトエイム AIM-RC03 の落下防止センサー

ロボット掃除機とって大きな障壁となるのが段差です。

どのくらいの段差なら乗り越えられるのか、
そして段差からの落下をいかに回避できるかで
そのロボット掃除機の性能が評価されます。


さて、ツカモトエイム AIM-RC03 の場合は、
約7mm以上の段差は乗り越えられないとなっています。

もちろん、その形状や状況によっては
これ以下の段差でも乗り越えられない場合もありますが、
これはどんなロボット掃除機でも同じようなものでしょう。


また、ツカモトエイム AIM-RC03 には、
落下防止センサーも付いています。

このセンサーは本体底面の3か所あり、
床に赤外線を放出してその反射によって高さを判断し、
落下する恐れのあるときは後退するシステムとなっています。

ただし、低い段差や床の色・材質によっては
センサーが検知しにくい場合もあります。

また、センサーが汚れていると検知感度も低下するので
時々センサー部の汚れを綿棒などで拭き取る必要があります。



センサーの検知感度はスライドスイッチで4段階に調節できます。

通常は一番右側(検知感度弱)でもOKですが、
段差を検知する場合は左にスライドさせて
検知感度を上げる必要があります。


ただ、使用環境によっては、落下したり
平面を段差と検知する可能性もあるとのこと。

実際、購入者の口コミには

「玄関と土間の段差に落ちてもがいていることもある」

「電源を入れて出掛けるとたまに玄関に落ちてます」

といったものもありますからね。

まあ、センサーの検知感度の調節が
上手く出来ていないのかも知れませんが、

落下防止センサー自体もそれほど高性能なものだとは
思わない方が良いでしょうね。


スポンサードリンク

ツカモトエイム AIM-RC03 はぶつかりながら掃除する?

ツカモトエイム AIM-RC03 には衝撃吸収機能があります。

障害物に接触した場合はバンパーが衝撃を吸収し、
高感度ショックセンサーが反応して方向転換します。

ここで注意することは、衝撃を吸収する機能はありますが、
衝突を回避する機能はないということです。

よって、ツカモトエイム AIM-RC03 は、
あちこちにぶつかりながら掃除をすることになります。


問題は障害物に当たった時の音がけっこう大きいということ。

実際の購入者の口コミにも

「壁にぶつかるたびガシャンガシャンとかなりの音がします」

「バンパー部が壁等に当たるとかなり響くので、
 バンパーに防音テープを貼りました。」

といったものがあります。

また、

「ゴツゴツ頭をぶつけて可哀想なので、
 100均のスポンジを頭に付けてあげてます。」

といった方もいます。

実際にぶつかった時の音の大きさは、
壁の材質や置いてある家具などによって変わりますが、
集合住宅に住んでいる方は注意した方が良いでしょうね。

ツカモトエイム ロボットクリーナー AIM-RC03 の評判

ここまで、ツカモトエイム ミニ ネオ AIM-RC03 が
どの程度のロボット掃除機なのかを紹介して来ましたが、
この AIM-RC03 購入者の評判はなかなか良いようです。

現在Amazonのカスタマーレビューには
AIM-RC03 の口コミが235件あり、
その総合評価は5つ星のうち★4.0です。


その購入者の多くが感じているのが、
コストパフォーマンスが非常に良いということです。

確かに高性能なロボット掃除機というわけではなく、
最低限の機能しか付いていませんが、

価格の安さの割には十分に働いてくれており、
気に入っているという感想が多いです。


こうした感想を一言で表しているのが

「手のかかる奴ですが、可愛いです。」

という口コミかも知れませんね。

ツカモトエイム ミニ ネオ AIM-RC03 は、ちょっとバカだけど
何となく愛着の湧くロボットクリーナーなんでしょうね。

ツカモトエイム ロボットクリーナー AIM-RC03 の価格と販売店

ツカモトエイムのホームページでは
ロボットクリーナー ミニ ネオ AIM-RC03 の標準価格は
12,800円(税別)となっています。

この価格だとあまり魅力的には感じませんが、
Amazonだと現在8,380円です。

これなら十分に魅力を感じるのではと思います。


●Amazonの通販ページはこちら

ツカモトエイム ロボットクリーナー ミニ ネオ AIM-RC03



楽天市場でも現在8,463円と安いです。

●楽天市場はこちら

ツカモトエイム AIM-RC03(楽天市場)



*価格は2016年10月2日現在のものです。


スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加