目もとエステ ビューティータイプとリフレタイプの違いは?

Panasonicの「目もとエステ」シリーズに
ニューモデルEH-SW45が登場しましたが

それと同時にEH-SW31というモデルも
新しく登場しています。

eh-sw31-t

EH-SW45は「ビューティータイプ」であり
EH-SW31は「リフレタイプ」となっています。

カラーの違いは別として
確かに両者は形状が若干異なっていますね。

でも、「ビューティータイプ」と「リフレタイプ」って
一体どこが違うんでしょうか。

ビューティータイプとリフレタイプの違い

ビューティータイプとリフレタイプの2種類は
ユーザーのニーズの違いに応えたものです。

リフレタイプは、仕事やパソコンなどで疲れた目を
リフレッシュしたいという方のためのものであり

ビューティータイプは、目の疲れを癒すと共に
目もとにハリや潤いを与えてスッキリとした
明るい目もとにしたいという方のためのものです。


ビューティタイプは、どちらかといえば
女性の美容ニーズに応えた製品であり
リフレタイプは男女関係なく使えるタイプです。

もちろん、男性がビューティータイプを使っても
別に構いませんけどね・・・

eh-sw54-p

ビューティータイプとリフレタイプの機能の違い

ビューティータイプとリフレタイプは
その使用目的が異なるため
搭載されている機能も若干違います。

ビューティータイプには
温感スチームとリズムタッチがありますが

リフレタイプは温感スチームのみで
リズムタッチはありません。

また、ビューティータイプの新機種EH-SW54には
新しくアロマ機能も搭載されましたが

リフレタイプにはこうした機能もありません。


ただし、温感スチームの温度設定が
ビューティータイプは2段階なのに対して
リフレタイプは3段階となっています。

スチームの種類も
ビューティータイプは「うるおいスチーム」ですが
リフレタイプは「アイホール集中スチーム」です。

とにかくリフレタイプは目の疲れを和らげて
リフレッシュすることのみに主眼が置かれているので
余計な機能は搭載していないということですね。


スポンサードリンク

目もとエステ リフレタイプはスリムで軽い!

目もとエステ リフレタイプは余計な機能が無い分
本体がスリムになり重さも軽いです。

ビューティータイプのEH-SW54の本体サイズは
高さ6.0×幅14.1×奥行10.4cmで
本体重量は約190gあります。

一方、リフレタイプのEH-SW31の本体サイズは
高さ6.2×幅14.1×奥行8.4cmで
本体重量は約135gです。

つまり、リフレタイプの方が薄くて軽いので
持ち運びには便利です。


職場や外出先で「ちょっと目をリフレッシュしたい」
という時などには、リフレタイプがピッタリです。

リフレタイプの新製品EH-SW31のカラーはブラウンですが
これは男性の使用を意識しているのかも知れませんね。

eh-sw31-t

Panasonic 目もとエステの価格と販売店

基本的に、Panasonic 目もとエステの価格は
リフレタイプの方がビューティータイプより安いです。

現在のAmazonでの価格は

ビューティータイプのEH-SW54が16,380円から
リフレタイプのEH-SW31が12,770円から

という感じです。

Panasonic 目もとエステ(Amazon)


もちろん、新機種ではなく古いタイプの方が安いです。

ビューティータイプの前機種EH-SW53なら
12,000円くらいからあります。

アロマ機能が特に必要ないのであれば
このEH-SW53で十分だと思います。


また、リフレタイプの前機種EH-SW30なら
9,000円台からあります。

EH-SW31とEH-SW30の仕様はほぼ同じですので
好みのカラーで選ぶのも良いかと思います。


楽天市場はこちら
Panasonic 目もとリフレ(楽天市場)



*価格は2015年11月7日現在のものです。


スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です