「ナノイーX」搭載!パナソニック F-VXM90 の性能と価格

パナソニックから「ナノイーX(エックス)」を搭載した
加湿空気清浄機 F-VXM90 の販売が開始されました。

    f-vxm90-w

ナノイーXは、パナソニック独自の技術である
ナノイーのパワーアップバージョンとも言えるもの。

したがって、このナノイーXを搭載したパナソニック F-VXM90 は、
ちょっとこれまでの空気清浄機とは違うみたいです。

いやいや、ちょっとどころか、かなり違うみたいなんです。

というわけで、今回はこのナノイーXと、
パナソニック F-VXM90 の特長を紹介したいと思います。


スポンサードリンク

ナノイーとナノイーXの違い

ナノイーとは、除菌や脱臭効果のある微粒子イオンであり、
空気中の水に高電圧を加えることで生成されます。

このナノイーの除菌・脱臭効果の決め手となるのが
OHラジカルの発生量です。

要するに、OHラジカルの発生量が多ければ多いほど
その除菌・脱臭効果も高くなるということです。



さて、従来のナノイーのOHラジカル発生量は4,800億個/秒でしたが、
新しいナノイーXでは何と4兆8,000億個/秒と10倍に増えています。

これはナノイーXの放電部を改良したことで実現したものです。

ナノイーXのOHラジカル発生量は従来のナノイーの10倍ですので、
単純に考えればその効果も10倍ということになります。



パナソニックによれば、このナノイーXは
日本全国に飛散する様々な花粉を無力化できるとのこと。

また、約6畳の空間でのタバコのニオイの低減実験では、
従来のナノイーが120分かかるところを
ナノイーXは12分で低減できたとのことです。

とにかく、このナノイーXに関しては
パナソニックも相当な自信を持っているようですね。

f-vxm90

パナソニック F-VXM90 の花粉除去性能

ナノイーXを搭載したパナソニック F-VXM90 は、
特に花粉の除去に注力した機能を備えています。

そもそも花粉は一般的なアレル物質の中では大きいため、
空気中から落下して床に溜まりやすくなります。

従来の空気清浄機では、その吸い込み気流と吹き出し気流がぶつかり、
床上の花粉を舞い上げてしまうケースが多々あります。

しかし、パナソニック F-VXM90 は、
上部からの吹き出し気流をツインルーバーで左右に分けることで、

底部から吸い込み気流と上部からの吹き出し気流が
ぶつかりにくくなっています。

f-vxm90

この結果、床上の花粉の舞い上がりが抑えられ、
底部からの花粉吸引がスムーズに行われるようになりました。


パナソニックによれば、この F-VXM90 の花粉除去性能は、
パナソニックの2015年モデルの2倍とのことです。

空気清浄機導入の主目的が花粉除去にあるという方には、
パナソニック F-VXM90 は強い味方となりそうですね。


スポンサードリンク

パナソニック F-VXM90 の仕様とカラー

パナソニック F-VXM90 の適用床面積は、空気清浄が40畳、
加湿は木造で15畳、プレハブ洋室で24畳です。

加湿機能にはあまり触れませんでしたが、
1時間に870mLとかなり本格的な加湿性能があります。

広いリビングもこれ1台でOKですし、
オフィスや店舗などでの使用にも十分でしょう。

フィルターは大きなホコリを取るプレフィルター、
花粉やPM2.5などのハウスダストをキャッチするHEPA集じんフィルター、

そして、タバコやペットのニオイを吸着する
スーパーナノテク脱臭フィルターの3つです。



パナソニック F-VXM90 の本体カラーには

・F-VXM90-W ホワイト
・F-VXM90-TM 木目調

の2種類があります。

木目調は2015年モデルの F-VXL90 から採用されていますが、
これがインテリアにマッチするとなかなかの人気です。

実際、高級旅館などにけっこう導入されているようです。

そんなわけで、F-VXM90 にも木目調が採用されています。

f-vxm90

パナソニック F-VXM90 の価格と通販情報

ナノイーの10倍の効果を持つナノイーXを搭載しているということで、
このパナソニック F-VXM90 は非常に魅力的ですが、
当然ながらその価格もちょっとお高くなります。



Amazonでの販売価格は現在73,980円です。

パナソニック F-VXM90(Amazon)



楽天市場では現在75,970円が最安値です。

パナソニック F-VXM90(楽天市場)



確かにちょっとお高いのは事実ですが、
現在ナノイーXを搭載しているモデルはこの F-VXM90 だけ。

よって、それだけの価値は十分あるんじゃないかと思います。
特に花粉対策を考えている方は注目ですね。



*価格は2016年10月12日現在のものです。


スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加