コロナ コアヒートとダイキン セラムヒートを比較する

コロナ コアヒートは非常に人気の高い電気ストーブ。

「遠赤外線をたくさん放出するのでとっても暖かい!」というのが、このシリーズの人気の理由です。

dh-1216r

そして、ダイキン セラムヒートもまた、遠赤外線をたくさん放出する電気ストーブとして人気です。

erft11ss

この両者、同じような外観と性能を持っているので、コアヒートとセラムヒートで悩むという方も多いはず。

そこで、今回はこのコアヒートとセラムヒートには、いったいどのような違いがあるのかを検証してみることにしましょう。


スポンサードリンク

コアヒートとセラムヒートの暖かさを比較

コロナ コアヒートもダイキン セラムヒートも、セラミックコーティングシーズヒーターを熱源としており、人体に最も吸収されやすい3~20ミクロンの遠赤外線がたっぷりと放出される設計となっています。

この遠赤外線が当たるとその熱量の90~95%が体に吸収され、さらに体の構成分子を震わせて発熱を促します。

コアヒートやセラムヒートが暖かいと言われているのは、こういった理由からです。

「それじゃあ、どっちが暖かいの?」

という疑問が浮かんで来るかと思いますが、このあたりはちょっと微妙なところですね。

コアヒートの場合は「1.8m離れても暖かい」、そして、セラムヒートの場合は「2m先でもプラス10℃の暖かさ」といった表現が使われていますが、これだとちょっと曖昧でよく分かりません。

ただ、セラムヒートのパワーは最大1,100Wですが、コアヒートのパワーは最大1,150Wです。

ですからMAXで運転した場合は、コアヒートの方がちょっと暖かいのかも知れません。

でも、ほんのわずかな差ですけどね。

ちなみに、セラムヒートは10段階に温度調節が可能ですが、コアヒートは10段階+「H」の11段階となっています。

「H」はハイパワーということでしょうね。

コアヒートとセラムヒートの省エネ機能を比較

電気ストーブはパワーを強くすれば暖かいですが、その分電気代も多くかかることになります。

電気代の節約という観点からすれば、省エネ機能や自動温度調節機能がポイントになります。

もちろん、コアヒートやセラムヒートにもこうした機能が搭載されていますが、両者の機能は多少異なっています。

ここからは、そのあたりを比較してみましょう。

コアヒートの省エネセンサーとゆらぎ運転

コロナ コアヒートには「省エネセンサー」と「ゆらぎ運転」という機能があり、いずれも電気代を抑える効果があります。

「省エネセンサー」は人の存在を人感センサーで検知して省エネ運転をする機能であり、ヒーターの前から一定時間人がいなくなると自動的に電気代を節約した運転に切り替わります。

この機能を使うと約15%省エネになるとのことです。

一方「ゆらぎ運転」は、体感温度を考慮しながら定期的にパワーをセーブする機能です。

「体感温度を考慮しながら」という部分がちょっとアバウトですが、要は適当にパワーを上げ下げする機能なんでしょう。

でも、この機能を使うと約29~30%の電気代を抑えることが出来るということです。

コアヒートでは、この「省エネセンサー」と「ゆらぎ運転」を同時に使用できるのもポイントです。


スポンサードリンク

セラムヒートの自動温度制御機能

セラムヒートには人感センサーは付いていませんが、自動で温度を制御する機能があり、3つの運転モードがあります。

「リズムモード」はパワーに強弱をつけながらムダのない運転をする機能です。

通常運転だと時間の経過とともに暑く感じて来ますが、このリズムモード運転だと時間が経っても快適な温度を保つことが出来ます。

この機能を使うと約15%の節電効果があるようです。

「センサーモード」は、温度センサーによって設定温度付近をキープする機能です。

設定温度は「ひくめ 約20℃」「ふつう 約22℃」「たかめ 約24℃」の3段階から選ぶことが出来ます。

設定温度まで暖まると自動的にパワーをセーブします。

「速暖モード」は、通常の1.8倍速で素早く暖房する機能です。

立ち上がりは全力で暖房運転を行い、暖かくなったら設定された運転になります。

ただこの機能は、とにかくすぐに暖まりたい時に便利なものであり、通常の運転よりも消費電力は大きくなるので、省エネ機能とは別物と考えるべきでしょうね。

よって、セラムヒートの省エネ機能としては「リズムモード」と「センサーモード」がありますが、この両者は併用することはできません。

コアヒートとセラムヒートではどっちがイイの?

コアヒートには「省エネセンサー」と「ゆらぎ運転」があり、両者を併用することができます。

一方、セラムヒートには「リズムモード」と「センサーモード」がありますが、この両者は併用することはできません。

となるとコアヒートの方がイイいような感じもしますが、実際にはそういうわけでもありません。

セラムヒートは温度センサーによって温度管理ができますが、コアヒートには人感センサーしかないので、室温を検知して温度管理をすることはできません。

このあたりがコアヒートとセラムヒートとの大きな違いであると言えそうです。

その他の機能や仕様を比較

コアヒートもセラムヒートも自動首振り機能があり、切タイマーやチャイルドロックなどの機能も付いています。

首振り範囲はともに左右70度であり、輻射部をタテ・ヨコに変えられるという機能も同じです。

ただ、細かい点を挙げるとすれば、コアヒートは輻射部を上向きに32度まで変えられますが、セラムヒートは30度までとなっています。

下向き角度は両者とも5度までです。

また、切タイマーの設定時間は、セラムヒートは、0.5・1・2・4・6時間の5段階ですが、コアヒートは、0.5・1・2・3時間の4段階となっています。

両者の最新機種のサイズおよび重量などは以下の通りです。

<コアヒート DH-1216R>
・高さ717×幅340×奥行300mm
・質量 5.6kg
・電源コードの長さ 2.4m

<セラムヒート ERFT11TS>
・高さ725×幅320×奥行300mm
・質量 6.8kg
・電源コードの長さ 2m

本体サイズは両者ともほとんど同じですが、セラムヒートの方が少し重く、電源コードも少し短いです。

コロナ コアヒートとダイキン セラムヒートの価格を比較

最後にコロナ コアヒートとダイキン セラムヒートの販売価格を比べてみることにしましょう。

何だかんだ言っても結局は価格が安い方が魅力的ですからね。

特にコアヒートとセラムヒートは同じような性能を持っている電気ストーブですから、両者の価格の違いは大きなポイントになるでしょう。

先ずはコアヒートから。

現在のAmazonでの販売価格は以下のようになっています。(2016/11/01現在)

・DH-1216R 29,229円
・DH-1215R 22,390円
・DH-1214R 23,000円

・CH-126R 20,480円
・CH-124R 21,000円

製造された年や販売ルートの違いによってコアヒートには様々な型番が付けられていますが、上記の製品はスペック的には同等品です。

したがって、今コアヒートを購入するならCH-126R や CH-124R といったところがお得ですね。

コロナ コアヒート(Amazon)

続いてダイキン セラムヒートですが、同じAmazonでの販売価格は以下のようになっています。(2016/11/01現在)

・ERFT11TS 36,696円
・ERFT11SS 26.800円

ERFT11TS は2016年モデル、ERFT11SS は2015年モデルです。

コアヒートよりも価格は高めですが、温度センサーで温度管理ができることに魅力を感じる方にはセラムヒート ERFT11SS がオススメですね。

ダイキン セラムヒート(Amazon)

また、同じセラムヒートでも CER11NS という機種だと19,950円という安い価格で販売されています。

ただ、この CER11NS には、自動的に温度を制御する機能が付いていませんのでご注意を・・・

逆に、そういった機能が必要ないのであれば、この CER11NS が安くて良いかも知れませんね。

コアヒートやセラムヒートは楽天市場でも購入できます。

楽天市場での価格はこちらからチェックしてみて下さい。

コアヒート(楽天市場)

セラムヒート(楽天市場)


スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加