山善 DS-D086 とアイリスオーヤマ EHT-800 どっちがイイ?

近年の電気ストーブには、シーズヒーターやカーボンヒーター、
グラファイトヒーターなどを使用した製品が色々とあります。

こうした電気ストーブは遠赤外線を豊富に放出するために、
石英管を使用した一般的な電気ストーブよりも暖かいというのが特長です。

そんなわけで、シーズヒーターやカーボンヒーターなどを使った
電気ストーブはなかなかの人気を集めているわけですが、

その一方で、昔ながらの石英管を使った電気ストーブも
価格が安いということもあって、いまだに根強い人気があります。

要するに、遠赤外線を放出するストーブは確かに魅力だけど、
その分どうしてもその価格は高くなる。

それよりも必要十分な暖かさがあって価格も安い
普通のストーブの方がイイ!ということです。

そして、その現在の代表選手が 山善 DS-D086 や
アイリスオーヤマ EHT-800 といった製品です。


スポンサードリンク

山善 DS-D086 とアイリスオーヤマ EHT-800 の違いは?

山善 DS-D086 もアイリスオーヤマ EHT-800 も、
石英管を使用したごく普通の電気ストーブです。

両者とも価格がとても安いので手軽に購入できるのが魅力。

実際、Amazonの電気ストーブの売れ筋ランキングでも、

1位 山善 DS-D086
2位 アイリスオーヤマ EHT-800

といった感じです。


     <山善 DS-D086>

ちなみにAmazonでの現在の販売価格は

・山善 DS-D086 2,500円
・アイリスオーヤマ EHT-800 2,480円

となっています。

*ランキング順位と価格は2017年1月5日現在のものです。


  <アイリスオーヤマ EHT-800>



というわけで、現在この手の格安ストーブの購入を考えている方は、
この2機種で迷うことになるかも知れませんね。

いずれも800Wと400Wの2段階切替で性能的にはほとんど同じ。
デザイン的にも似たような感じ。そして、価格も同じくらい。

まあ、どっちを選んでも大差はないだろうという感じですね。


ただし、この山善 DS-D086 とアイリスオーヤマ EHT-800 には
一点だけ大きな違いがあるんです。

それはどういうことかというと・・・

アイリスオーヤマ EHT-800 には無い機能が 山善 DS-D086 にはある!

山善 DS-D086 もアイリスオーヤマ EHT-800 も
2本のヒーターが横向きで上下に付いています。

そして、「強」と「弱」の切り替えは、
2本とも稼動させるか1本だけ稼動させるかで行います。



問題は「弱」の時なのですが、
山善 DS-D086 は「上1本」か「下1本」の選択が出来るのに対し、

アイリスオーヤマ EHT-800 の場合は常に「上1本」となり、
「下1本」を選択することはできません。

まあ、両者にはちょっとした機能の違いがあるということですが、
この機能の違いがけっこうポイントになりそうです。


スポンサードリンク

アイリスオーヤマ EHT-800 の難点

特にこれが大きな影響を及ぼすと思われるのは、
椅子に座った状態で足元を暖める時です。

「強」で使っていれば両者とも同じですが、
ちょっと熱くなって来たからと「弱」にした場合、

アイリスオーヤマ EHT-800 だと「上1本」ですので、
すねの辺りは妙に熱くなり、肝心の足先は暖まらない、
といった状況になってしまいます。


実はアイリスオーヤマ EHT-800 購入者の口コミにも
こうした難点を指摘しているものが多く見られます。

特に、仕事場のデスク下などに置いて
足元を暖めるために使おうと思っている方は要注意ですね。

山善 DS-D086 の方がイイ?

その点、山善 DS-D086 なら「下1本」も選択できるので、
どんな状況でも問題なく使用できると思います。

この上下のヒーターをそれぞれ単独で使えるという機能は
想像以上に便利で重宝するようです。

実際、山善 DS-D086 購入者の口コミには

「上下片方ずつ使えるのがすごく便利」
「下だけつけて足元暖房として使っています」

といった感じのものも多いですからね。


こうなると俄然 山善 DS-D086 の方がイイ!
という感じになって来ましたね。

実際、山善 DS-D086 の方が人気が高いのも
こうした理由があるからなのかも知れませんね。

自身が満足できる電気ストーブを購入しよう!

でも、先に挙げたような難点があることを別にすれば、
アイリスオーヤマ EHT-800 の評判もかなりイイんです。

アイリスオーヤマというメーカー自体も人気がありますしね。

まあ、これから電気ストーブを購入しようとしている方は、
今回話したことを頭の片隅にでも置いておいて下さい。

そして、自身が満足できる製品を是非選んで下さいね。



●Amazonの通販ページはこちら

電気ストーブ(Amazon)



●楽天市場はこちら

電気ストーブ(楽天市場)


スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加