Panasonic コンパクトオーブン NB-DT50-TとNB-DT51-Wの違い

Panasonic コンパクトオーブン NB-DT50-T は、
トーストから食品の温め、簡単な調理もできる
コンパクトなオーブントースターとして人気です。

Panasonic コンパクトオーブン NB-DT50-T の特長は、
遠赤外線ヒーターと近赤外線ヒーターのダブル加熱方式であること、

そして、ワンタッチで火加減と時間をコントロールできる、
7種類の調理コースが搭載されていることです。

この NB-DT50-T は2013年12月から販売されており、
いまだに人気の高い息の長いモデルですが、
2017年1月からはこのシリーズに新しいモデルが登場しています。

それがPanasonic コンパクトオーブン NB-DT51-W です。

これまでの NB-DT50-T の本体カラーはブラウンでしたが、
新しいモデルの NB-DT51-W はホワイトになっています。

でも、サイズやデザインはほとんど同じですから
単なる色違いなのでは?と思いきや、

実は NB-DT50-T と新しいモデル NB-DT51-W には、
けっこう違うところがあるんですよね。


スポンサードリンク

Panasonic NB-DT50-T と NB-DT51-W の違い

Panasonic NB-DT50-T も NB-DT51-W も、
遠近赤外線ダブル加熱方式を採用したオーブントースターで、
その基本性能はほとんど同じです。

消費電力は1300Wで8段階に温度調節が可能であり、
焼き色を調節する機能も付いています。

そして、ワンタッチで簡単に調理ができる
7つの「オートキー」が付いているところも同じです。

ただ、NB-DT50-T と NB-DT51-W では、
この「オートキー」に搭載されている
7つの調理コースの内容が異なっているんです。

7つの調理コースの違い

NB-DT50-T の調理コースは以下の7種類です。

・トースト(常温/冷凍)
・惣菜パン
・ホットサンド
・ココット
・グリル野菜
・フライ温め
・パックもち

一方、新しい NB-DT51-W では以下のようになっています。

・トースト(常温/冷凍)
・ロールパン
・惣菜パン
・冷凍ピザ
・焼きいも
・フライ温め
・パックもち


もちろん、この調理コースに無いものでも、
自分で温度と時間を設定すれば作ることが出来ますが、
よく調理するものはワンタッチで出来た方が楽ですよね。

例えば、グリル野菜を良く作るという方なら NB-DT50-T が、
そして、冷凍ピザをよく買って食べるという方なら
NB-DT51-W の方が便利に使えるでしょう。

まあ、自身が普段よく作るものや食べるものを考えて、
より便利に使えそうな方を選ぶのが良いかと思います。


スポンサードリンク

手作りパン機能とドライ機能の違い

Panasonic NB-DT50-T と NB-DT51-W には、
もうひとつ大きな違いがあります。

従来機の NB-DT50-T には「手作りパン」機能があり、
パン生地の発酵に適した温度設定が可能でした。

したがって、 NB-DT50-T の温度設定は
最低温度が40℃(発酵)で、その上が140℃となり、
そこから20℃刻みで260℃までとなっています。


一方、NB-DT51-W では、この「手作りパン」機能が無くなり、
その代わりに「ドライ機能」が搭載されています。

これは、湿気た食品を焦がさずに再乾燥できるという機能であり、
これまではあまり見かけなかった面白い機能です。

例えば、ちょっと湿気てきたポテトチップスやせんべいなども、
この「ドライ機能」を使えばパリッとした食感に蘇ります。

この「ドライ機能」、意外と活躍の場も多いかも知れません。

ちなみに、「手作りパン機能」の無くなった NB-DT51-W は、
設定できる最低温度は120℃となっています。


まあ、自分でパンを作りたいという方は
従来機種の NB-DT50-T を選ぶべきですが、

そうでないという方なら NB-DT51-W の「ドライ機能」が
便利に使えるかも知れませんね。

Panasonic NB-DT50-T と NB-DT51-W の価格

さて、ここまで Panasonic コンパクトオーブン NB-DT50-T と
新機種 NB-DT51-W の違いを紹介して来ましたが、

価格的にはどうなのか?というところが気になりますよね。

そこで、現在のAmazonでの販売価格を見ると

・NB-DT50-T 10,054円
・NB-DT51-W 17,146円

という感じです。(2017/02/06現在)


やはり、まだ発売されたばかりということもあり、
NB-DT51-W の価格はちょっと高い感じですね。

現在のこの価格差ですと、NB-DT50-T にしておこうか・・・
という人の方が多いかも知れません。

でも、毎日のように使う調理機器ですから、
自分の食生活によりマッチしたものを選んだ方が、
結局は良い思いをするのではないでしょうか。

まあ、キッチンを白で統一したいという方なら、
躊躇なく NB-DT51-W を選ぶでしょうけどね。

Panasonic コンパクトオーブン(Amazon)



楽天市場での価格も同じような感じです。

Panasonic コンパクトオーブン(楽天市場)


スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加