山本電気 フードプロセッサー YE-MM41 の口コミと価格

山本電気は1934年に創業されたモーターのメーカーですが、
この山本電気が製造・販売する家電製品がなかなかの評判です。

その中でも特に現在人気となっているのが、
YAMAMOTO マルチスピードミキサー Master Cut YE-MM41です。

この製品は、その商品名が「ミキサー」となっていますが、
いわゆるジュースミキサーではなくフードプロセッサーです。

そして、このYAMAMOTO マルチスピードミキサー YE-MM41の最大の特長は、
モーターの回転スピードを無段階で調節できることです。

そのため、食材の素材を生かした調理が可能であり、
多彩な調理技法がコレ1台で実現できます。

このような性能を持ったフードプロセッサーは、
現在のところちょっと他には見当たりません。

このあたりは、やはりモーターメーカーである
山本電気ならではといったところですね。


スポンサードリンク

YAMAMOTO マルチスピードミキサー YE-MM41はDCモーター搭載!

YAMAMOTO マルチスピードミキサー YE-MM41には、
山本電気の高性能DCモーターが搭載されています。

一般的にDCモーターは扇風機などによく使われていますが、
フードプロセッサーに使われているという話はあまり聞きません。

こうした発想もモーターのメーカーである
山本電気だからこそ生まれたのかも知れませんね。


山本電気 YE-MM41に搭載されているDCモーターは、
800回転/分の低速から3,000回転/分の高速まで、
無段階での調節が可能となっています。

肉の粗挽きは低速で、滑らかなスープは高速で、
そして、パンやピザの生地などは、具合を見ながら
こねるスピードを自由に変えることが出来ます。

また、このYAMAMOTO YE-MM41では、連続運転と
断続的に回転するパルス運転の切り替えが出来ます。

材料の状態をチェックしながら調理したい時や、
水分の多い材料を均等な大きさに仕上げたい時などは、
パルス運転にした方が上手く行くようです。

なお、DCモーターは静音性に優れていますので、
YAMAMOTO YE-MM41の運転音はとても静かです。

YAMAMOTO マルチスピードミキサー YE-MM41で出来ること

YAMAMOTO マルチスピードミキサー Master Cut YE-MM41には、
ブレードとグレーター(おろし金)が付いています。

この2つのパーツだけで、「刻む」「砕く」「おろす」
「する」「こねる」「混ぜる」「泡立てる」「挽く」と、
様々な調理技法を行うことが出来ます。

他社の一般的なフードプロセッサーでは、
それぞれの調理技法に対応したパーツが色々とあって、
それをいちいち付け替える必要があったりしますが、

YAMAMOTO マルチスピードミキサー YE-MM41は
その点では非常にシンプルです。

また、その取扱説明書には様々な調理に対する
モータースピードと調理時間の目安が掲載されています。

<刻む>
・たまねぎ ・にんじん ・パセリ

<細かくする>
・チーズ(ハードタイプ) ・パン

<砕く>
・氷 ・コーヒー ・アーモンド ・チョコレート

<すり身にする>
・白身魚 ・えび ・いか

<ミンチにする>
・牛肉、豚肉 ・鶏肉

<すりつぶす>
・煎りゴマ ・茹で野菜 ・冷凍果物 ・キウイ ・たまねぎ

<液状にする/液体をブレンドする>
・柑橘類 トマト ・野菜 果物 冷凍果物など ・牛乳 豆乳など

<泡立てる>
・ホイップクリーム ・メレンゲ

<こねる>
・基本のパン生地

<すりおろす>
・大根 ・長いも ・しょうが ・りんご


なお、これらの調理例の他にレシピ集も付属しています。
それらを参考にすれば調理のメニューはまさに無限大です。



ただし、付属のブレードとグレーターだけでは、
「スライス」や「千切り」は出来ません。

この「スライス」や「千切り」をするためには、
別売りのスライス/千切りブレードセット(SS21)が必要となります。


スポンサードリンク

YAMAMOTO マルチスピードミキサー YE-MM41の評判は?

現在、Amazonのカスタマーレビューには、
マルチスピードミキサー YE-MM41の口コミが64件あります。

そして、その総合評価は5つ星のうち「4.7」ですので、
ほとんどの購入者が満足していると言ってもイイかも。

というわけで、その口コミもほとんど良いものばかりです。

まあ、あまり良い口コミばかりだと僻僻するかも知れませんが、
これも事実ですので致し方無いところです。

山本電気 YE-MM41の口コミ

●切れ味が素晴らしく、モーター回転音も静か。
 これまで使ってきたフードプロセッサーの中では
 これが断トツで使いやすいです。
 さすがモーターメーカー山本電気さん!最高です!

●Made in Japanということで作りもしっかりしており、
 静音性にも大変優れています。
 回転スピードが無段階調整できるのも魅力的で、
 使い込むほどにその恩恵を感じるようになります。
 ボウルがステンレスなので多少雑に扱っても大丈夫。
 とても使い勝手の良いフードプロセッサーです。

●音が静かで使いやすく2人家族にはちょうど良いです。
 野菜スープなどはとても滑らかになります。
 お手入れも簡単ですし、ステンレス製なのも気に入っています。

●あっという間に大根おろしが作れて便利。
 口当たりも柔らかくて美味しいです。
 また、カレーにタマネギを大量投入する時も便利。
 デザート用のホイップクリームも作れて感動。
 水でサッと流せるのでお手入れも簡単です。

●非常に力強くて使いやすい製品です。
 確かに性能の良いモーターを使用している事が、
 使ってみると感じられます。
 とにかく音が違いますし、変な臭いもありません。
 無段階のスピード調節も使ってみると非常に便利です。
 大根おろしもみじん切りも一瞬で完成。
 シンプルな構造なので、組み立てもお手入れも簡単です。

YAMAMOTO マルチスピードミキサー YE-MM41の価格

YAMAMOTO マルチスピードミキサー Master Cut YE-MM41は、
Amazonや楽天市場で購入できます。

Amazonでの現在の販売価格は

・YE-MM41W ホワイト 12,546円
・YE-MM41R レッド  12,546円

となっています。(2017/03/07現在)


この価格自体は、フードプロセッサーとしては割と高目な方ですが、
その口コミには「価格が高過ぎる」といったものがほとんどありません。

YAMAMOTO マルチスピードミキサー Master Cut YE-MM41は、
それだけ満足できるフードプロセッサーであるということでしょう。

YAMAMOTO マルチスピードミキサー(Amazon)

楽天市場では現在13,800円から販売されています。

YAMAMOTO マルチスピードミキサー(楽天市場)

山本電気 YE-MM41 と MB-MM22 の違い

山本電気には MB-MM22というモデルもあります。

これは料理人・道場六三郎氏の監修の下で作られたモデルですが、
現在はその生産を終了しています。

この MB-MM22には、YE-MM41には搭載されている
連続/断続運転の切替機能がありません。

価格的にも現在では YE-MM41より高くなっているので、
あえてこの MB-MM22を購入する必要はないと思います。


スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加