タービュランス空気清浄機 TB-202 の魅力と価格

株式会社カンキョーは室内環境制御機器の専門メーカー。

この株式会社カンキョーが製造・販売する
タービュランス空気清浄機 TB-202 は、
一般的な空気清浄機とは一味違います。

TB-202

このタービュランス空気清浄機 TB-202 は、
ファンとフィルターが一体型となっているのが大きな特徴。

要するに、フィルター自体がファンとなっていて、
グルグル回りながら空気を吸い込みキレイにするというもの。

これはハイブリッド・ロータリーフィルターと呼ばれており、
カンキョーが開発した世界初の技術です。



そして、もうひとつの魅力は本体が非常に薄型であること。

このタービュランス空気清浄機 TB-202 の本体の厚さは
何と11.7cmしかありません。

よって、置き場所を選びません。

空気清浄機が欲しいけれど、あまり大きいのはちょっと・・・
という方にはピッタリかも知れませんね。


スポンサードリンク

ハイブリッド・ロータリーフィルターとは?

タービュランス空気清浄機 TB-202 には、
本体前面に大きな吸い込み口が設けられています。

ここから大量の空気をパワフルに吸い込み、
本体内のハイブリッド・ロータリーフィルターが
空気中の浮遊物質を素早くキャッチします。

その集塵力は非常に高く、大気汚染物質PM2.5や
ウィルス、花粉などを強力に吸引しますし、
消臭力にも優れています。



このハイブリッド・ロータリーフィルターとは、
フィルター自体が回転して空気を吸い込み、

その空気中にある浮遊物質を強力に帯電させて、
磁石のように吸着させるというもの。

単にフィルターを通過させるというのではなく、
帯電させて吸着するというのがポイントです。

そして、その回転数が上がるほど集塵力もアップします。

タービュランス空気清浄機 TB-202 は25畳まで対応。
8畳の部屋であれば約12分でキレイにしてくれます。

TB-202

タービュランス空気清浄機 TB-202 は薄いのが魅力!

タービュランス空気清浄機 TB-202 のサイズは、
幅502×高さ43.4×奥行16cm(本体の厚さ11.7cm)で、
重量は5kgとなっています。

これだけスリムで軽いわけですから、
おそらく設置場所に困ることはないはずです。

特に本体の厚みが無いのが大きな特長であり、
壁にピタッとくっつけて設置すれば
ほとんど場所も取らず圧迫感もありません。

まあ、ハイブリッド・ロータリーフィルター云々よりも、
この厚みの無さに大きな魅力を感じる方も多いと思います。

ちょっとしたスペースがあればどんな場所にも置けるので、
より空気の循環しやすい場所に置くのが効果的です。

例えば、タバコの煙を取りたい時は高い場所に、
花粉やホコリを取りたい時は低い場所に置くのが効果的です。

また、専用の壁掛け金具を使用すれば、
壁にかけて使うことも出来ます。

TB-202

タービュランス空気清浄機 TB-202 の運転モード

タービュランス空気清浄機 TB-202 の運転モードには、
「AUTO」「カスタム」「手動」の3つがあります。

「AUTO」と「カスタム」では、
本体に内蔵されたニオイセンサーの情報を元に、
自動的に強弱がコントロールされます。

「カスタム」には「静音」「感度UP」「イオン脱臭」
「急速脱臭」の4種類のモードがあり、
生活シーンに合わせた適切なモードが選べます。

例えば、ペットのニオイをじっくり取りたい時は「イオン脱臭」、
タバコの臭いや煙を素早く取りたい時は「急速脱臭」、
就寝時には「静音」といった感じです。

「手動」では4段階で強弱の切り替えが出来ます。


スポンサードリンク

タービュランス空気清浄機 TB-202 の電気代

タービュランス空気清浄機 TB-202 では、
ハイブリッド・ロータリーフィルターがグルグル回転するので、

電気代がけっこう掛るのでは?と思われるかも知れませんが、
実はかなりの省エネ設計が施されています。

その1日あたりの電気代は約3円です。
(強運転を1時間、静音運転を23時間した場合)

これならあまり電気代を気にすることなく使えそうです。

タービュランス空気清浄機 TB-202 のお手入れ

タービュランス空気清浄機 TB-202 は
シンプルでフラットな内部構造となっており、

ハイブリッド・ロータリーフィルターを外せば、
空気の通り道のほぼ全てを簡単に清掃できます。

常に本体内を清潔に保つことによって、
空気清浄効果もより高まります。

ただし、ハイブリッド・ロータリーフィルターは
徐々に汚れてくるので、定期的な交換が必要です。

TB-202

ハイブリッド・ロータリーフィルターの交換

このハイブリッド・ロータリーフィルターの交換目安は、
カンキョーのHPによると「およそ1~3年」となっています。

何だか随分とアバウトな感じですが、
結局、使用頻度や使い方に左右されるということでしょう。

いずれにせよ交換は必要ですが、
別売りのハイブリッド・ロータリーフィルターは
6,480円とけっこう高いです。

まあ、特殊なフィルターであるためこれは仕方のない所ですが、
ランニングコストはそれなりにかかるということです。


ちなみにこのハイブリッド・ロータリーフィルターには、
花粉専用タイプとウィルス専用タイプの2種類があり、
どちらのタイプにも交換ができます。

TB-202 には花粉専用タイプが標準装備されています。

そして、上位機種の TB-502 には
ウィルス専用タイプが標準装備されています。

タービュランス空気清浄機 TB-202 の価格と評判

タービュランス空気清浄機 TB-202 は、
Amazonや楽天市場で購入することが出来ます。

現在のAmazonでの販売価格は29,800円です。

Amazonのカスタマーレビューには現在13件の口コミがあり、
その総合評価は5つ星のうち「4.3」となかなか良いです。

タービュランス空気清浄機 TB-202(Amazon)



楽天市場でも29,800円から販売されています。

タービュランス空気清浄機 TB-202(楽天市場)


スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加