Panasonic イオニティ EH-NE57と EH-NE67の違い

Panasonicのへアードライヤー「イオニティ」は
非常に人気のあるシリーズですが

このイオニティに新機種EH-NE57と
EH-NE67が登場しました。

eh-ne57-pn
     <EH-NE57-PN>


EH-NE67はEH-NE57の上位機種となるため
価格も少し高めとなりますが
その分EH-NE57には無い機能を備えています。

今回は、イオニティ EH-NE57と EH-NE67の違いを
検証してみたいと思います。


スポンサードリンク

マイナスイオン吹き出し口の違い

Panasonicのイオニティは、温風と同時に
マイナスイオンが吹き出すようになっています。

これはイオニティの特長のひとつです。

プラスの静電気を帯びやすい髪に
このマイナスイオンを当てると

静電気が抑えられて髪がサラサラになり
まとまりやすくなるというわけです。


このマイナスイオンの吹き出し口は
温風の吹き出し口とは別になっていますが

EH-NE57とEH-NE67では
その場所と数が違っています。

EH-NE57はセンターに1ヵ所ですが
EH-NE67は左右に2ヵ所となっています。

つまり、EH-NE67の方が、より広範囲に
マイナスイオンを届けられるということですね。

eh-ne67-n
    <EH-NE67-N>

EH-NE67にしかない機能

EH-NE67にはEH-NE57にはない機能が
2つほど搭載されています。

それが、「温冷ツインフロー」と「イオンチャージ」です。

髪にツヤを与える温冷ツインフロー

温冷ツインフローでは、温風の使用時に
温風の外側から冷風が同時に出ます。

この温冷ツインフローを
ドライヤーを動かしながら使えば
髪に温風と冷風が交互に当たります。

そして、髪の毛流れが整えられ
滑らかなツヤが作り出されます。

髪に潤いを与えるイオンチャージ

イオンチャージは、髪にマイナスイオンを
より引きつけやすくする機能です。

EH-NE67のハンドルにある
「ION CHARGE」という部分を握るだけで
その機能が働くようになっています。

マイナスイオンを十分に引きつけた髪は
その毛先まで潤います。


スポンサードリンク

EH-NE57とEH-NE67共通の仕様

Panasonic EH-NE57もEH-NE67も
風量や消費電力などは同じです。

また、以下の仕様はEH-NE57と
EH-NE67に共通しています。

速乾ノズル

中央からは強風、外側からは弱風が出ます。

縦型の強風と弱風が濡れた髪をほぐしながら
スピーディーに乾かしてくれます。

ホコリが付きにくい吸い込み口

本体後部にある空気の吸い込み口は
ホコリがつきにくい仕様になっています。

お手入れも簡単で
ティッシュなどでサッとふき取れます。

EH-NE57とEH-NE67のサイズとカラーの違い

サイズと重さは

・EH-NE57 高さ21.7×幅20.8×奥行9.2 cm 質量約510 g
・EH-NE67 高さ22.5×幅21.2×奥行9.2 cm 質量約530 g

と、EH-NE67の方がやや大きくてちょっと重いです。

また、電源コードの長さはEH-NE57は約1.6mですが
EH-NE67は約1.7mと、ちょっと長いです。


カラーバリエーションは

EH-NE57は

EH-NE57-PN ピンクゴールド調
EH-NE57-P  ピンク調
EH-NE57-A  青調

の3種類です。


EH-NE67は

EH-NE67-N ゴールド調
EH-NE67-P ピンク調

の2種類があります。

EH-NE57とEH-NE67の価格と販売店

Panasonic EH-NE57の価格は
Amazonでは現在4,450円です。

Panasonic イオニティ EH-NE57-PN


一方、Panasonic EH-NE67の価格は
同じAmazonで6,280円です。

Panasonic イオニティ EH-NE67-N


価格の安いEH-NE57にするか
より機能の多いEH-NE67にするか

この辺が判断の基準となりそうですね。


*価格は2015年11月17日現在のものです。


スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です