保温機能付き!象印 電気ケトル CK-AW10と CK-AW08の魅力

象印と言えば、炊飯ジャーや電気ポットなどが有名ですが、
実は電気ケトルも製造・販売しています。

そして、その電気ケトルの中で現在人気なのが、
象印 CK-AW10 という機種です。

ck-aw10

この CK-AW10 の最大の特徴は保温機能が付いていることです。

えっ、何で保温機能なんて付いてんの?
それじゃ、電気ケトルじゃなくて電気ポットじゃん!

といったツッコミも聞こえて来そうですが、

最近ではあのティファールからも
保温機能付きの電気ケトルが発売されています。

どうやら「電気ケトル=保温機能無し」という常識が、
ここに来てちょっと崩れ始めているのかも・・・


ただ、この象印 CK-AW10 は2014年に発売されているモデル。

つまり結構前からこの製品はあったわけですが、
知っている人は知っている、知らない人は知らないという感じ。

これは多分「電気ケトルに保温機能は要らない」という
いつの間にかできた神話のせいかも・・・


スポンサードリンク

電気ケトルの基本思想

電気ケトルという製品の基本思想は、
「使いたい時に使う分だけのお湯を沸かす」というもの。

したがって、そもそも電気ケトルには
保温するという概念は無かったわけです。

実際、現在市販されている電気ケトルのほとんどには、
保温機能などは付いていません。

ところが電気ケトルの老舗であるティファールが、
2017年3月に保温機能付きの電気ケトルを発売しました。

ティファールの新製品についてはこちらの記事で


この新商品の発売にはちょっと驚きましたが、
何故今さら保温機能などを付けるのか?といった疑問も浮かびます。

でも、よく考えてみればその方が便利な場合も色々とあるわけです。

ケトル

電気ケトルに保温機能があってもイイじゃん!

象印 電気ケトル CK-AW10 の保温機能は、
沸騰後のお湯を約90℃で1時間だけ保温するというものです。

つまり、電気ポットのように
ずっと保温し続けるわけではありません。

そもそも電気ケトルを選ぶ人は、
使わないのに保温するということに無駄を感じるはず。

でも、1時間くらいなら保温してあった方が便利かも・・・

まあ、このあたりはそれぞれの家庭の状況で変わって来ると思いますが、
電気ケトルに保温機能があってもイイじゃん!という話です。



例えば、4人家族の朝の場合、最初に起きたママがお茶を飲む。
その10分後に息子が起きてコーヒーを飲む。

その15分後に娘が起きてスープを飲む。
最後にパパが起きてコーヒーを飲む。

そして、コーヒー好きなパパは1杯飲んだ後に
さらにもう1杯お代わりを飲む。

こうした状況下ではその都度電気ケトルでお湯を沸かすよりも
一度沸かして保温しておいた方が便利なのでは?

それなら電気ポットを使えばイイじゃん!という話にもなりますが、

丁度良いサイズ感と速くお湯が沸かせることを考えると、
保温機能付きの電気ケトルの方が使いやすいかも!ということです。



ちなみに、象印 CK-AW10 の保温機能は、
必要ない時はボタン一つで切ることも出来ます。


スポンサードリンク

象印 電気ケトル CK-AW10 のその他の特長

象印 電気ケトル CK-AW10 には、
保温機能の他にも様々な特長があります。


<転倒湯漏れ防止構造>
フタがしっかりとロックされていれば、
本体が倒れても中のお湯がこぼれにくくなっています。

<プラチナフッ素加工内容器>
内容器にコーティングされたプラチナナノ粒子の作用で
お湯が弱アルカリ性に変化します。

この弱アルカリ化したお湯でお茶を入れると、
茶葉からカテキンなどの抽出がより促進されます。

またフタはワンタッチで簡単に外すことができ、
フッ素加工された内容器は汚れが付きにくく、
広口なのでお手入れも簡単です。

<蒸気レス構造>
熱い蒸気が出ない構造となっているため置き場所を選びませんし、
湿気が部屋にこもることもありません。

<カルキとばしコース>
お湯が沸いた後にカルキとばしを行って、
気になるカルキ臭を除去する機能が付いています。

<レバー式湯量調節>
手元の給湯レバーの押し加減によって注げる湯量が変わります。
レバーを離すと自動的にロックがかかります。

CK-AW10 と CK-AW08 の違い

象印 CK-AW10 と CK-AW08 の違いは単に容量の違いです。

CK-AW10 は1.0Lタイプで CK-AW08 は0.8Lタイプです。
その他の機能や仕様は両者とも同じです。

カラーはいずれもメタリックレッド(RM)と
メタリックブラウン(TM)があります。

象印 電気ケトル CK-AW10 と CK-AW08 の価格と評判

象印のホームページによると、CK-AW10 は15,000円(税別)、
CK-AW08 は14,000円(税別)で販売されています。

ここはAmazonや楽天市場を利用した方がお得です。



現在のAmazonでの販売価格は

・CK-AW10-TM 8,505円
・CK-AW10-RM 8,505円
・CK-AW08-TM 8,626円
・CK-AW08-RM 8,558円

といった感じです。(2017/04/10現在)



まあ、普通のティファールの電気ケトルと比べると
多少その価格は高い感じがしますが、

保温機能をはじめ様々な機能が付いていることを考えれば
このくらいの価格になるのも当然かも知れません。

そして、Amazonのカスタマーレビューでの評価も
5つ星のうち★4.6とかなり良いです。(CK-AW10-TM)

ティファールから買い替えたという口コミも多いですね。

象印 電気ケトル(Amazon)



なお、保温機能の付いていない CK-AH10 と CK-AH08 もあります。
保温機能は必要ないという方はこちらを選ぶと良いでしょう。



楽天市場はこちらからどうぞ。

象印 電気ケトル(楽天市場)


スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加