コイズミ コードレスタワーファン KTF-0570 の魅力と価格

扇風機を使いたいけれど近くに電源が無い!

こんな場合には延長コードを引っ張ってくるか、
離れた所に扇風機を置くかのどっちかでしょう。

でも、コードレスで使える扇風機があったなら?

KTF-0570

コイズミ コードレスタワーファン KTF-0570 は、
バッテリー内蔵でコードレスでも使用が可能です。

よって、コンセントのある場所に関係なく、
どこでも好きな場所に置いて使えます。

例えば、リビングのコンセントの無い壁側や、
エアコンの風が届きにくいキッチン、
そして脱衣所、縁側、洗濯物の部屋干しなど。

ちょっと風が欲しいなという時に、
どこにでも運べて手軽に使えるというわけ。

これはかなり便利に使えそうです。


スポンサードリンク

コイズミ コードレスタワーファン KTF-0570 の機能

コイズミ コードレスタワーファン KTF-0570 は、
DCモーターを搭載したスリムタイプのタワーファン。

風量はダイヤルを回して16段階に調節でき、
大風量を生み出す「TURBO」機能も付いています。

自動首振りは約45度・90度・180度の3段階。
切タイマーは1~8時間まで設定が出来ます。

また、上段のみですがオートルーバー機能もあります。



電源コードはマグネット式で着脱も簡単。

そして、キャスターも付いているので移動も簡単。
本体を持ち上げて運ぶ必要がありません。

もちろんリモコンも付属しており、
本体にはリモコンを収納できるホルダーも付いています。

KTF-0570

コードレスでの運転時間は?

コイズミ KTF-0570 のバッテリーには、
2.100mAhのニッケル水素充電池が採用されています。

バッテリーの充電時間は4~5時間で、
運転できる時間は風量1の場合だと約10~11時間、
TURBO時だと約30分~1時間です。

さすがにTURBOだと運転時間は短いですが、
普通に使用するのであればほぼ問題はないでしょう。



ただし、コードレスで使用する場合には、
リモコンによる運転の開始と自動首振り運転はできません。

これはバッテリーの消耗を防ぐための仕様です。


スポンサードリンク

コイズミ KTF-0570 と KTF-0571 の違い

コイズミ コードレスタワーファン KTF-0570 には、
KTF-0571 という姉妹機があります。

本体のサイズは両者とも同じですが、
若干デザインが異なっています。

また、本体カラーも異なっているため、
見た目の印象も若干違います。

KTF-0571

それぞれの本体カラー及び型番は

・KTF-0570/S シルバー
・KTF-0571/W ホワイト

となります。


機能的には KTF-0570 の風量調節が16段階なのに対し、
KTF-0571 の風量調節は10段階となっています。

その他の機能は両者とも同じです。

よって KTF-0571 の方が若干機能は劣りますが、
その代わりに価格は少し安くなっています。

KTF-0571

コイズミ コードレスタワーファン KTF-0570 と KTF-0571 の価格

コイズミ コードレスタワーファン KTF-0570 と KTF-0571 は、
Amazonや楽天市場で購入が出来ます。



Amazonでの現在の販売価格は

・KTF-0570/S 30,024円
・KTF-0571/W 27,822円

となっています。(2017/05/08現在)

コイズミ コードレスタワー 扇風機(Amazon)



一方、楽天市場での現在の最安値は

・KTF-0570/S 30,024円
・KTF-0571/W 26,979円

といった感じです。(2017/05/08現在)

コイズミ コードレスタワーファン(楽天市場)



そもそもコードレスでも使える扇風機というものを、
これまではあまり見かけませんでしたが、
これは確かに便利に使えそうですね。

この夏はこのコイズミのコードレスタワーファンが、
多くの人たちからの注目を集めそうです。


スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加