パナソニック F-CP324 の機能と価格~F-CP325 との違い

DCモーターの扇風機は魅力的だけどちょっと高い。
やっぱりACモーター扇風機にしとこうかな。

でも、あんまり安いものだと何かちょっと心配・・・

とまあ、こんな感じの貴方には、
パナソニック リビング扇風機 F-CP324 がイイかも。

f-cp324

この F-CP324 は、パナソニックの2017年モデルの中では
一番価格が安くて手に入れやすい扇風機です。

もちろんACモーターですが、7枚羽根と1/fゆらぎを採用し、
やさしく自然に近い風を実現しています。

デザインはシンプルで本体も軽量。

そして、何よりもパナソニックの製品ということで、
安心して使えるというのも大きな魅力です。


スポンサードリンク

パナソニック リビング扇風機 F-CP324 の機能

パナソニック F-CP324 はごくシンプルなリビング扇風機です。

風量は「強」「中」「弱」の3段階切り替えで、
もちろん自動首振り機能付き。

あとは切タイマーとチャイルドロックがあるだけです。

ただし、風量ボタンを2秒長押しすることで、
「1/fゆらぎ」の風に設定することが可能です。


この「1/fゆらぎ」とは、
人が心地良いと感じる自然のリズムのことです。

自然の風のように不規則な「1/fゆらぎ」風は、
連続風と違って爽やかな涼感をもたらします。


また、パナソニック F-CP324 に採用されている7枚羽根は、
羽根全体が流線形のデザインとなっています。

これにより、空気抵抗が減り風速の変動幅が小さくなるため、
バランスのとれた滑らかな風を生み出すことができます。

f-cp324

パナソニック F-CP324 と F-CP325 の違い

パナソニック F-CP325 は F-CP324 の一つ上の機種です。

この F-CP325 もACモーター扇風機であり、
その外観は F-CP324 とほとんど変わりませんが、

こちらには温度センサーが搭載されており、
室温を感知しながら自動で風量を調節する
「温度センサー運転」ができます。

要するに、室温が上がれば風量も上がり、
室温が下がれば風量も下がる、又は運転を停止するというものです。

この「温度センサー運転」を上手に使えば、
なかなか便利で快適に過ごせるかも知れませんね。


ただし、この F-CP325 は温度センサーが付いている分、
その価格は F-CP324 の倍ぐらいになってしまいます。

そうなるとDCモーター扇風機を買った方が良いのでは?
という気もして来ますね。

まあ、この辺はそれぞれの考え方次第ですけど。

パナソニック F-CP324 と F-CP325 の価格

パナソニック リビング扇風機 F-CP324 や F-CP325 は、
Amazonや楽天市場などで購入することが出来ます。


現在のAmazonでの販売価格は

・F-CP324  6,980円
・F-CP325 14,214円

となっています。(2017/05/19現在)


やはり、これだけの価格差があると、
おそらく F-CP324 を選ぶ人の方が多いでしょうね。

もちろん、温度センサーに魅力を感じるのであれば、
F-CP325 を選んでも構いませんけどね。

パナソニック リビング扇風機 F-CP324-C



一方、楽天市場の現在の最安値は

・F-CP324  7,203円
・F-CP325 13,380円

といった感じです。(2017/05/19現在)

F-CP324 F-CP325(楽天市場)



ネット通販での価格は変動しますので、
その都度チェックしてみることをオススメします。


スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加