パナソニック RINTO F-CWP3000-TX の魅力と価格

パナソニック RINTO F-CWP3000-TX は、
2017年5月に発売されたプレミアムリビング扇風機です。

rinto

パナソニックのホームページでも
「100年の歴史が生んだPanasonicの最高傑作」
と謳われているこのRINTO F-CWP3000-TXは、

空間の格調を高める気品あるデザインが魅力的です。

支柱部分には高級木材ウォールナットを使用し、
羽根は暖かみがあり気品のあるべっこう色を採用。

部屋にこんな扇風機が置いてあったら、
思わず「おぉ!」という声が出てしまいそう。

この高級感に太刀打ちできる扇風機は
現在のところちょっと見当たらない気がしますね。

とにかく「スゴイなぁ」という感じの扇風機です。


スポンサードリンク

パナソニック RINTO F-CWP3000-TX の特長

パナソニック RINTO F-CWP3000-TX は
DCモーター扇風機のハイエンドモデルであり、

その性能や機能には十分なものがありますが、
やはり目を奪われるのはその格調高いデザインです。

最初に目が行くのは高級木材ウォールナットの支柱。
次にべっこう色の羽根。

そして、美しい円錐形の背面や滑らかな手触りの台座など、
細部までこだわり抜いた精緻なデザインが魅力的です。

RINTOの支柱はウォールナット!

RINTO F-CWP3000-TX の支柱に使用されている木材は
高級家具や楽器などに使用されるウォールナット。

このウォールナットの中でも品質が安定している
北米の五大湖周辺で採取されたものが使われています。

このウォールナットを深く真っ直ぐにくり抜く
「深孔加工技術」によってRINTOの支柱は作られます。

扇風機の支柱は単にモーター部を支えるもの
といった感じに捉えられがちですが、

RINTOはこの支柱が非常に美しく作られているため、
全体的な印象もより美しいものとなっているわけです。

まあ、こんなに美しい支柱を持った扇風機は
ちょっと他にはないですよね。


スポンサードリンク

和のテイストも魅力的!

RINTOのモーター部は非常にコンパクトであり、
その円錐形状のフォルムはどこから見ても美しいです。

さらに、外側からはネジやビスが一切見えません。

また、羽根には気品漂うべっこう色が採用され、
台座はまるで磁器を思わせるような漆黒。

このあたり、日本の古き良き美しさと伝統が感じられます。

操作部には静電式タッチボタンが採用され、
非常に滑らかな手触りになっています。

見た目も美しいですが触っても心地良い。
RINTOの魅力はこういったところにもあります。

パナソニック RINTO F-CWP3000-TX の機能

RINTOには流線形デザインの7枚羽根が採用されており、
バランスの取れた心地良い風を創り出すことができます。

風量は8段階に切り替えができ、
「1/fゆらぎ」を採用した自然風も実現できます。

また、温度センサーによって
自動的に風量を切り替える運転もできます。



左右の自動首振りは60/75/90度の3段階で調節可能で、
上下角度は上に21度、下に14度まで手動で調節できます。

切タイマーは1/2/4時間に設定可能。

この他、明るさ控えめ機能やメモリー機能もあります。


リモコンは本体と調和したモダンなデザインになっており、
肌触りの良いボタンで心地良い操作が出来ます。

パナソニック RINTO F-CWP3000-TX の価格

パナソニック RINTO F-CWP3000-TX は
Amazonや楽天市場で購入できます。



Amazonでの現在の販売価格は96,585円です。(2017/06/10現在)

パナソニック リント F-CWP3000-TX



楽天市場では現在101,900円が最安値です。(2017/06/10現在)

F-CWP3000-TX(楽天市場)



やはりプレミアムモデルということで
RINTOの価格はかなり高いですね。

まあ、普通の人だとちょっと手が出ないかも。
やっぱりお金持ちじゃないと無理かなぁ・・・


スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加