コイズミ 窓用エアコン 2017年モデルの性能と価格

窓用エアコンと言えばコロナの人気が高いですが、
コイズミの製品も中々の人気を持っています。

例えば、現在のAmazonの窓用エアコン売れ筋ランキングでは、
1位と2位はコロナの製品ですが、
3位にはコイズミの KAW-1672 がランクインしています。

この KAW-1672 は2017年のモデル。

この他にコイズミには2つの2017年モデルがあります。

コロナと比べるとその種類は少ないですが、
その分迷うことも少ないと言えますね。


スポンサードリンク

コイズミ 窓用エアコン 2017年モデルの冷房能力

コイズミ 窓用エアコンの2017年モデルは以下の3つです。

・KAW-1971
・KAW-1972
・KAW-1672



コイズミの窓用エアコンはすべて冷房除湿専用であり、
コロナのように冷暖房タイプというものはありません。

冷房能力で言うと1.9kwタイプと1.6kwタイプの2種類があります。

型番の数字の上2桁が「19」は1.9kwタイプで、
「16」は1.6kwタイプです。

それぞれの適用畳数は

・1.6kw 木造4~4.5畳、鉄筋6~7畳
・1.9kw 木造4.5~5畳、鉄筋7~8畳

となっています。

その差はちょっと微妙な感じもしますが、
1.9kwタイプの方が多少冷房能力が高いということです。

コイズミ KAW-1672 の機能

KAW-1672 は1.6kwタイプの一番シンプルなモデル。
価格も一番安いために人気も一番あります。

運転モードには「強冷」「弱冷」「除湿」「送風」があり、
入りタイマーと切タイマーの切り換えができます。

そして就寝時に便利な快眠タイマーも搭載。

もちろんリモコン付きでリモコン収納ボックスもあります。

また、本体のグリルは外して丸洗いが可能です。

KAW-1672 と KAW-1972 の違い

KAW-1972 は1.9kwタイプのモデルですが、
機能に関しては KAW-1672 とほぼ同じです。

そして、そのデザインも KAW-1672 とほとんど同じです。

つまり、KAW-1672 と KAW-1972 の違いは、
単に冷房能力の差だけであると言えます。

前述したように、1.6kwと1.9kwの冷房能力には
そんなに極端な差があるわけではありませんが、

より高い冷房能力を求めるならコチラの方がイイかも。

ただし、お値段はちょっと高くなります。


スポンサードリンク

最上位機種 KAW-1971 の特長

KAW-1971 は2017年モデルの最上位機種です。

冷房能力は KAW-1972 と同じく1.9kwですが、
こちらにはマイナスイオン発生機能が搭載されています。

つまり、単に室内を涼しくしてくれるだけでなく、
気分もリフレッシュしてくれるというわけです。



また、この KAW-1971 の大きな特長は、
前面パネルを取り外して熱交換器の洗浄が可能なこと。

市販のエアコン洗浄スプレーが使用できるので、
熱交換器の洗浄は簡単にできます。

熱交換器が汚れていると冷房効率が下がり、
余計な電気代がかかる原因となりますし、
嫌なニオイが発生する原因にもなります。

でも熱交換器を洗ってキレイにすれば、
こうした問題も発生しないということです。

コイズミ 窓用エアコン 2017年モデルの価格

コイズミ 窓用エアコンの2017年モデルは、
Amazonや楽天市場で購入できます。

現在のAmazonでの販売価格は以下の通りです。

・KAW-1971 39,825円
・KAW-1972 38,219円
・KAW-1672 33,780円

(2017/07/19現在)


コロナの製品と比べると、コイズミの製品の方が
全体的に価格が安いというのも大きなポイント。

確かにブランド力はコロナの方があると思いますが、
別にそこにこだわらなければコイズミを選んでもイイかも。

コイズミ 窓用エアコン(Amazon)



楽天市場での価格はこちらからチェックできます。

コイズミ 窓用エアコン(楽天市場)


スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加