トヨトミ 窓用エアコン 2017年モデルの魅力と価格

トヨトミはコロナやコイズミと同じく、
古くから窓用エアコンを製造・販売しているメーカー。

このトヨトミの窓用エアコンには、
コロナやコイズミには無いユニークな特徴があります。

それは本体のセンターから風が出るということ。

コロナやコイズミなど一般的な窓用エアコンの送風口は、
本体の片側にあるものがほとんどです。

しかし、トヨトミだけはセンターにあります。

よって、そのデザインも他の製品とは異なっており、
それがトヨトミ窓用エアコンの個性にもなっています。


そして、トヨトミ窓用エアコンの2017年モデルでは、
前年モデルよりも運転音が約10%低減されています。

そんなわけで、これから窓用エアコンを導入する方は、
トヨトミも考えてみても良いかと思います。


スポンサードリンク

トヨトミ 窓用エアコン 2017年モデルのラインナップ

トヨトミ 窓用エアコンの2017年モデルは以下の3機種です。

・TIW-AS180H
・TIW-A180H
・TIW-A160H


この3機種を冷房能力で分けると、

TIW-AS180H と TIW-A180H は1.8kwタイプ、
TIW-A160H は1,6kwタイプになります。


適応畳数の目安は、

・1.8kwタイプ <50Hz>4.5~7畳 <60Hz>5~8畳
・1.6kwタイプ <50Hz>4~6畳 <60Hz>4.5~7畳

となっています。

コロナの窓用エアコンにも1.8kwタイプと1.6kwタイプがありますが、
その冷房能力に関してはコロナとほぼ同等といって良いでしょう。


運転モードは冷房、除湿、送風の3つ。
もちろんリモコン付きで、入/切タイマーもあります。

なお、TIW-AS180H にのみ人感センサーが搭載されています。

トヨトミ 窓用エアコン 2017年モデルは音が静か?

トヨトミのホームページによると、
2017年モデルは前年度モデルに比べて、
運転音が約10%低減されているとのことです。


例えば、1.6kwタイプの TIW-A160H の運転音(音圧レベル)は、
室内 39/41dB、室外 46/48dB(50Hz/60Hz)となっています。

同じ1.6kwタイプのコロナ CW-1617 の運転音(音圧レベル)は、
室内 51/53dB、室外 62/64dB(50Hz/60Hz)となっています。


こうして数値だけを比べてみると、
トヨトミの窓用エアコンの方が静かであると言えます。

ただ、こうした数値を文字通り受け取ってしまうのもどうかと・・・



例えば、Amazonのトヨトミ TIW-A160H の通販ページには、
「音がでかい」という口コミがあったりします。

音の感じ方は人それぞれで違うと思いますし、
設置する窓の状況や設置の仕方によっても変わってきます。

そもそも窓用エアコンという製品は、
エアコンの室内機と室外機が同居しているようなもの。

よって、ある程度の運転音が発生するのは避けられません。

確かに数値上はトヨトミの2017年モデルは静かなようですが、
あまり過度な期待はしない方が良いかと思います。


スポンサードリンク

センター吹き出しのメリット

トヨトミの窓用エアコンは本体センターから風が吹き出します。
この独特な構造は現在のところトヨトミだけのものです。

では、このセンター吹き出しにどういったメリットがあるのか?

先ず、冷風が左右均等に広がるため、ムラなく冷房出来ること。

そして、窓の左右どちらにも取り付けが可能であり、
風がカーテンに当たって遮られることがないことです。



片側吹き出しのタイプだと、部屋の構造や窓の位置によっては、
いまいちフィットしないこともあるかも知れません。

その点トヨトミの窓用エアコンなら融通が利くということ。

実際に窓用エアコンを設置する予定の場所が、
片側吹き出しだとちょっとマズイなぁ・・・という場合は、
トヨトミの窓用エアコンにしてみてはいかがでしょうか。

トヨトミ 窓用エアコンのサイズ

トヨトミの窓用エアコンは、サイズがコンパクトなのも特長です。
実は業界最小サイズであるとHPでも謳われています。

では、実際のサイズはどうかというと、
2017年モデルの3機種ともサイズは同じであり、
幅361×奥行き275×高さ742(mm)です。


じゃあ、コロナの窓用エアコンはどうなのか?というと、

コロナ CW-1617 のサイズは
幅335×奥行240×高さ750(mm)です。


ついでにコイズミ KAW-1672 も調べてみると、
幅360×奥行230×高さ750(mm)でした。

つまり、業界最小サイズとは高さのことを言っているようです。


確かに高さが低い方がコンパクトに感じますが、
その分幅と奥行きがあるのでどうかな?という気もしますね。

特に奥行が結構あるので出っ張り感があるかも知れません。

トヨトミ 窓用エアコン 2017年モデルの価格

トヨトミ 窓用エアコンの2017年モデルは、
Amazonや楽天市場などで販売されています。

現在のAmazonでの販売価格は

・TIW-AS180H 49,302円
・TIW-A180H 48,400円
・TIW-A160H 39,799円

といったところです。(2017/07/21現在)


価格的にはコロナよりも若干高めな感じですが、
運転音が静かになったこと(数値上)や、

センター吹き出しにメリットを感じるならば、
トヨトミの2017年モデルを選んでもイイかも知れません。

トヨトミ 窓用エアコン(Amazon)



楽天市場での販売価格はこちらからチェックできます。

トヨトミ 窓用エアコン(楽天市場)


スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加