タイガー コーヒーメーカー ACQ-X020 の新方式とは?

2017年9月11日に、タイガーから新方式のコーヒーメーカー ACQ-X020 が発売されました。

この ACQ-X020 はタイガー「GRAND X(グランエックス)」シリーズの中のひとつであり、業界初の蒸気プレス方式を採用したコーヒーメーカーです。

この蒸気プレス方式とは、コーヒー粉を一定時間お湯に浸した後に、蒸気圧をかけてコーヒーを抽出するというもの。

タイガーではこの独自の方式を「Tiger Press(タイガープレス)」と呼んでいます。

タイガーマスクの必殺技ではありません。

この方式だと豆の旨味成分を余すことなく抽出でき、豆本来の味わいを引き出すことが出来るとのこと。

また、抽湯温度は3段階、浸し時間は5段階に設定でき、その組み合わせによって同じ豆でも15通りのテイストが味わえるとのこと。

う~ん・・・これは確かにスゴイかも!

このタイガー コーヒーメーカー ACQ-X020 は、この秋、大きな旋風を巻き起こしそうな感じです。


スポンサードリンク

タイガー ACQ-X020 で自分好みのコーヒーを見つけよう!

タイガー コーヒーメーカー ACQ-X020 の魅力は、豆本来の味わいが存分に楽しめること。

つまり、美味しいブラックコーヒーが飲めるということ。

しかも同じ豆で15通りのテイストが味わえるとなれば、自分好みのブラックコーヒーにきっと巡り会えるはず。

最初に述べたように、抽出温度は3段階、浸し時間は5段階で設定できるので、その組み合わせを色々と試しながら自分好みのテイストに仕上げていくと良いでしょう。

タイガーの説明によると、抽出温度を高く、浸し時間を長く設定すると、コクと苦みが増すようです。

逆に抽出温度を低く、浸し時間を短くすると、コーヒー豆の持つフルーティーな酸味とスッキリ感が味わえるとのこと。

はたして自分好みの組み合わせはどれなのか?

それを探しながら毎日ちょっとずつ違ったテイストのコーヒーを飲むのも楽しいかも知れませんね。

タイガー コーヒーメーカー ACQ-X020 の仕様

タイガー コーヒーメーカー ACQ-X020 には、チタンコートメッシュフィルターを採用されています。

これにより、ペーパードリップでは抽出されにくいコーヒー豆本来の油分もしっかりと引き出され、その美味しさと香りが存分に楽しめるというわけです。

コーヒーの抽出量は

  • 60ml(アイス用)
  • 120ml(1人用)
  • 180ml(マグカップ用)
  • 240ml(2人用)

の4段階から選べます。

操作部にはタッチパネルが採用されており、軽く触れるだけのスマートな操作が可能です。

着脱式の水タンクは目盛り付きで給水しやすくお手入れも簡単。

底部のトレイは使用するカップに合わせて3段階に高さ調節ができます。

デザインはモノトーンでシンプル。どんなインテリアと調和します。

タイガー コーヒーメーカー ACQ-X020 の価格と販売店

タイガー コーヒーメーカー ACQ-X020 は、楽天市場やAmazonなどで購入することが出来ます。

楽天市場での相場は21,384円といったところですが、それよりも安く販売しているところもあるようです。

タイガー ACQ-X020(楽天市場)

Amazonでは20,230円から販売されています。

タイガー コーヒーメーカー ACQ-X020-WF


スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加