シャープ HX-G120 HX-F120 の違いと価格差

シャープ HX-G120 は、プラズマクラスターと加湿機能を搭載したセラミックファンヒーターです。

つまり、1台で暖房運転、加湿運転、プラズマクラスター運転の3つが出来るのが、このシャープ HX-G120 の大きな特長です。

このシリーズには毎年新しいモデルが登場しますが、2017年のモデルがこの HX-G120 です。

ただ、このシリーズの場合、その基本性能や仕様はここ数年ほとんど変わっていません。

よって、2017年モデルの HX-G120 と2016年モデルの HX-F120 には、ほとんど違いは無いように思われますが、シャープのホームページを見ると HX-G120 の方にだけある特長が表記されています。

それは何かと言うと・・・


スポンサードリンク

シャープ HX-G120 は防災対応型?

シャープのホームページでは、HX-G120 の方にだけ「防災対応型」という表記があります。

この「防災対応型」とは、耐震自動運転停止装置が「二重安全転倒OFFスイッチ」になっているということのようです。

よって、HX-G120 から「防災対応型」になったような感じに受け取れますが、HX-G120 の取扱説明書には単に「耐震自動運転停止装置」とあるだけで、その説明文は HX-F120 のものと全く同じです。

となると、このシリーズはそもそも防災対応型であり、2017年からそれを強調し始めたとも推測されますね。

シャープ HX-G120 と HX-F120 の価格

さて、「防災対応型」のことはとりあえず置いといて、このシリーズの基本性能や仕様はここ数年変わっていませんので、購入するなら価格の安いモデルを選んだ方がお得です。

そこで現在のAmazonでの販売価格を見てみると、

  • HX-G120 17,800円
  • HX-F120 17,700円

とほとんど価格差はありません。(2017/10/21現在)

実は1か月くらい前に HX-F120 に関する記事を書いた時には、HX-F120 の価格は14,677円でした。

つまり、HX-F120 の価格は徐々に高くなっています。

逆に販売当初は20,000円を超えていた HX-G120 の価格はだいぶ安くなっています。

したがって、おそらくこの先は HX-G120 の方が安くなるでしょうね。

購入するタイミングによって通販価格も変わってきますが、HX-G120 も HX-F120 も基本性能は同じですから、その時に安い方を選んだ方が良いでしょう。

●Amazonの通販ページはこちら

シャープ セラミックファンヒーター(Amazon)

この状況は楽天市場でも同じような感じです。

●楽天市場はこちら

シャープ セラミックファンヒーター(楽天市場)


スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加