山善 YKG-C800とアプレシア エージー・プラス コントロールを比較

「飲みたい時に飲みたい分だけのお湯を沸かす」というのが電気ケトルの基本思想であり、電気ケトルには保温機能は必要ないというのがこれまでの常識でした。

そんな常識を覆した最初の製品と思われるのが、T-Fal アプレシア エージー・プラス コントロールです。

このアプレシア エージー・プラス コントロールは、60分間の保温機能を搭載しているだけでなく、温度コントロール機能も搭載されており、60℃~100℃までの7段階の温度でお湯が沸かせるという特長があります。

そもそもコーヒー、日本茶、紅茶、中国茶などには、それぞれに適したお湯の温度というものがありますから、温度設定の可能なT-Fal アプレシア エージー・プラス コントロールは、お湯の温度にまでこだわる方にはかなり魅力的な製品となったわけです。

ところが、このT-Fal アプレシア エージー・プラス コントロールを上回る機能を持つと思われる電気ケトルが山善から登場しました。

それが山善 電気ケトル YKG-C800です。


スポンサードリンク

山善 YKG-C800は1℃単位で温度調節が可能!

T-fal アプレシア エージー・プラス コントロールは、60、70、80、85、90、95、100℃の7段階の温度設定が可能となっています。

一方、山善 YKG-C800には以下の3種類のスイッチがあります。

●温度選択スイッチ

60、70、80、85、90、95℃の6段階の温度をプリセット

●温度設定スイッチ

60~100℃まで1℃単位で温度調節が可能

●沸騰スイッチ

ワンタッチで沸騰させる

つまり、山善 YKG-C800には「60~100℃まで1℃単位で度調節が可能」という、T-fal アプレシア エージー・プラス コントロールには無い機能が搭載されているわけです。

例えば、アプレシア エージー・プラス コントロールでは設定できない65℃とか82℃といった微妙な温度も、山善 YKG-C800なら設定が可能です。

もしかしたら、アプレシア エージー・プラス コントロールの7段階の温度設定に多少の不満を持っていた方もいるかも知れません。

でも、山善 YKG-C800なら本当に自分好みの温度が設定できるということです。

山善 YKG-C800は細口ノズル

山善 YKG-C800はドリップコーヒーが淹れやすい細口ノズルを採用しており、デザイン的にもなかなかオシャレな感じです。

一方、アプレシア エージー・プラス コントロールは、T-falの伝統的な電気ケトルのスタイルです。

まあ、これはこれで汎用性があって良いと思いますが、ドリップコーヒーを淹れる場合には山善 YKG-C800の方が断然に有利であることは間違いありませんね。

せっかくコーヒーに適した温度にしても、ドリップがイマイチやりにくいとなるとちょっと残念です。

よって、ドリップコーヒーを淹れるための電気ケトルが欲しい!という方であれば、山善 YKG-C800にした方が良いと思います。


スポンサードリンク

保温機能は60分間

山善 YKG-C800には60分間の保温機能も付いています。

この保温機能に関しては山善 YKG-C800もアプレシア エージー・プラス コントロールも全く同じです。

そもそも電気ケトルには不要とされていた保温機能ですが、あればあったで便利に使えるケースも多々あります。

保温が出来ればおかわりの1杯もすぐに飲めますし、家族が時間差でお茶を飲む場合にも便利なはずです。

保温機能は必要ないというのなら使わなければいい話。

山善 YKG-C800のメイン機能は温度調節機能だと思いますので、まあ保温機能はオマケとして考えても良いでしょう。

山善 YKG-C800とアプレシア エージー・プラス コントロールの価格

山善 YKG-C800は楽天市場の「山善くらしのeショップ」で購入できます。

販売価格は8,618円です。(2017/12/24現在)

山善 YKG-C800(楽天市場)

一方、アプレシア エージー・プラス コントロールは楽天市場で7,240円から販売されています。

アプレシア エージー・プラス コントロール(楽天市場)

より細かな温度調節ができる山善 YKG-C800の方が、機能的には優れていると思われますし、ドリップコーヒーに使うにも山善 YKG-C800の方が有利です。

価格的には山善 YKG-C800の方がちょっと高いですが、その価格差が気にならないくらいの魅力が、この山善 YKG-C800にはありそうですね。


スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加