象印 BS-EB10-WBの評判と価格~BS-ED10-WAの違い

現在、もちつき機の中で人気が高いのが
象印 マイコンもちつき機 BS-EB10-WBです。

bs-eb10-wb

このBS-EB10-WBは、5合~1升までのおもちが
自動的に作れる便利なもちつき機です。

やはり、市販されている切り餅と
つきたてのおもちは違います。

つきたての美味しいおもちを
自宅で手軽に作りたいという方には

この象印 BS-EB10-WBが非常にオススメです。


スポンサードリンク

象印 マイコンもちつき機 BS-EB10-WBの特長

象印 BS-EB10-WB「力もち」は
マイコン制御の全自動もちつき機です。

したがって、貴方がやることは
もち米を水に浸けておくことだけです。

そして、水に浸けておいたもち米をセットして
スイッチを入れれば

後は象印 BS-EB10-WBが、「蒸す」から「つく」まで
すべて全自動でやってくれます。


この象印 BS-EB10-WBには
「蒸す」「つく」「こねる」「つぶす」の
4つの機能があります。

ですから、象印 BS-EB10-WBは
おもちを作るだけでなく

パン生地やピザ生地、うどんなども作れますし
自家製味噌を作ることもできます。

bs-eb10-wb

象印 BS-EB10-WB「力もち」の評判

Amazonのカスタマーレビューには
象印 BS-EB10-WBの口コミが現在179件あります。

その総合評価は★5つのうち「4.4」ですから
かなり評価は高いと言えそうです。

評価の良い購入者の口コミは

「思った以上に簡単におもちが出来ます」
「手軽におもちが楽しめます」

「やはり、つきたては美味しい」
「すぐに使えて、掃除も簡単」

「コンパクトで使いやすいです」
「初回から美味しいおもちが出来ました」

といった感じです。

また、口コミによると、スイッチを入れてから
大体40~50分くらいでおもちが出来上がるようです。


スポンサードリンク

象印 BS-EB10-WBで美味しいおもちを作るには?

象印 BS-EB10-WBの口コミの中には

「普通に作ると粒が残る」

といったものが結構あります。

どうやら、最初の水加減が少し難しいみたいです。

でも、もし普通に自動で作ってみて
粒が残っているようでしたら

再度「つく」を押して「追いつき」をすればOKです。
そうすれば、滑らかでキメの細かいおもちになります。


また、美味しいおもちを作るためには
もち米を十分に水に浸けておくことが必要です。

8時間くらいは浸けたほうが良いみたいです。

事前の準備に多少手間が掛かることになりますが
これも美味しいおもちを作るためですので
決して手を抜かないようにしましょう。

象印 BS-EB10-WBとBS-ED10-WAの違い

現在、象印 BS-EB10-WBの後継機種となる
BS-ED10-WAが発売されています。

bs-ed10-wa

新しいモデルの登場ということで
どこか違ったところがあるのかどうか
色々と調べてみましたが

どうやら、性能的にはほとんど変わっていませんね。

操作パネルのデザインが若干変わっていますが
サイズや仕様はほぼ同じです。

そして、特に新しい機能が加えられた
というわけでもありません。

つまり、BS-ED10-WAは、型番だけが新しくなった
同等品と考えて良いと思います。

象印 BS-EB10-WBとBS-ED10-WAの価格と販売店

象印 マイコンもちつき機 BS-EB10-WBは
現在Amazonでは17,899円で販売されています。

そして、新しいモデルのBS-ED10-WAの方は
同じAmazonで19,440円です。

両者は性能的には同等ですから
今なら価格の安いBS-EB10-WBの方がお得ですね。

象印 もちつき機(Amazon)


ただ、今後BS-ED10-WAの価格が下がり
BS-EB10-WBの価格が上がる可能性は大です。

まあ、その時に安い方を購入すればOKですね。


楽天市場でのBS-EB10-WBの価格は
Amazonより高いですね。

現在の最安値は19,800円です。

逆にBS-ED10-WAの方が少し安く
現在の最安値は19,400円です。

BS-EB10-WB&BS-ED10-WA(楽天市場)


スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です