パナソニック NI-WL703とNI-WL503の違い

パナソニック Wヘッドアイロンは
全方向に動かせる新Wヘッドべースが特長です。

さらに、コードレスでスチーム機能もあるということで
なかなか人気の高い製品です。

ni-wl503-w

現在、パナソニック Wヘッドアイロンのシリーズには
NI-WL703、NI-WL603、NI-WL503、NI-WL403
などがありますが

その中でも人気が高いのが
NI-WL703とNI-WL503の2機種です。

今回はこの2機種の違いを検証してみましょう。


スポンサードリンク

パナソニック Wヘッドアイロンの特長

パナソニック Wヘッドアイロンの最大の特長は
全方向に動かせる新Wヘッドベースを採用していることです。

要するに、アイロン面が
前も後ろも尖っているということですね。

このアイロン面は、前後左右対象なので
後ろに引いた時もシワがつきにくいですし

アイロンを持ち替えることなく
スムーズに使えるのも特長です。


また、ヘッドの先端は細くなっているので
狭いボタン周りや、複雑なフリルなどにも
簡単に対応できます。

そして、アイロン面が平らではなく
ラウンドベースになっているため
布地に引っかかりにくいというメリットもあります。

さらに、重心がセンターにあるため
楽にアイロン掛けができるのも嬉しいところです。

ni-wl703-p

パナソニック Wヘッドアイロンのスチーム機能

パナソニック Wヘッドアイロンには
様々なスチーム機能が搭載されています。


<ハイパワースチーム>
これは、通常のスチームの
約4倍のスチームを出す機能です。

多量のスチームが、繊維の奥まで
たっぷりと浸透します。


<ハイパワーショット>
通常のスチーム量の約21倍が
ワンショットで出ます。

厚手のニットなどにも
しっかりとスチームが届きます。


<ハンガーショット>
ハンガーなどに吊るした衣類に
サッとスチームを当てる機能です。

ジャケットなどのシワのケアも
これで簡単にできます。


スポンサードリンク

パナソニック Wヘッドアイロン NI-WL703とNI-WL503の違い

パナソニックのWヘッドシリーズには
NI-WL703、NI-WL603、NI-WL503、NI-WL403
といったモデルがありますが

これらのモデルは、それぞれ
アイロン面のベースが異なっています。

・NI-WL703 ミラーマジ軽ベース
・NI-WL603 セラミックコートベース
・NI-WL503 ハードチタンコートベース
・NI-WL403 シルバーチタンコートベース

型番の数字が大きいものほど
アイロン面のすべりが良くなります。

つまり、NI-WL503よりもNI-WL703の方が
すべりが良いということですね。


そして、もうひとつの違いとして
NI-WL703にはマイクロスプレー機能があります。

これは、水粒子スプレーを
ピンポイントでピシッとかける機能です。

ワイシャツなどの細かいシワも
これを使えばピシッとキレイに仕上がります。

ni-wl703-p

パナソニック Wヘッドアイロンの価格と販売店

パナソニック NI-WL703とNI-WL503の価格を
Amazonで調べてみると

・NI-WL703 12,103円
・NI-WL503 8,315円

となっています。(2015/12/15現在)

両者の価格差は約4,000円といったところですね。


これまで述べて来たように、アイロンのすべりが最も良く
マイクロスプレー機能も搭載されているのが
NI-WL703のメリットです。

これらのメリットに約4,000円の価値を感じるかどうかが
判断の基準となりそうですね。

パナソニック Wヘッドアイロン(Amazon)


スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です