シャープ KC-F50とKC-E50の違い

シャープ KC-F50は、2015年に発売された
パーソナルタイプの加湿空気清浄機です。

kc-f50-w

このシャープのKCシリーズは
毎年新しいモデルが発売されますが
常に加湿空気清浄機の人気商品となっています。

そして、新しいモデルが登場するたびに
少しづつ進化しているのも特長です。

したがって、このシャープ KC-F50も
2014年モデルであるKC-E50と比べると
いくつか進化しているところがあります。

今回は、シャープ KC-F50とKC-E50の違いを
紹介していきたいと思います。


スポンサードリンク

シャープ KC-F50とKC-E50の加湿性能の違い

シャープ KC-F50もKC-E50も
プラズマクラスター7000を搭載した
加湿空気清浄機です。

空気清浄スピードは
8畳の部屋なら約12分です。

その適用畳数は

・プラズマクラスター7000 約13畳
・空気清浄 ~23畳
・加湿 プレハブ洋室 ~14畳/木造和室 ~8.5畳

となっています。

このあたりの性能は
シャープ KC-F50もKC-E50も同じです。


ただ、加湿性能に関しては少し違います。

KC-E50の加湿量は450mL/hでしたが
KC-F50の加湿量は500mL/hになっています。

KC-F50の方が少し加湿性能がアップしていますね。

ですから、同じ広さの部屋で使った場合
KC-F50の方がより早く潤うということになります。

シャープ KC-F50とKC-E50のフィルターの違い

シャープ KC-F50もKC-E50も
背面の吸気面に3つのフィルターがあります。

メインのフィルターは静電HEPAフィルターで
その前には脱臭フィルターがあります。

そして、一番手前には
ホコリブロックプレフィルターがあります。


このフィルターは、内部に侵入するホコリを
大幅に低減させるものであり
極細の糸を使用して作られています。

そして、そのフィルターの目の細かさが
KC-F50ではKC-E50の5分の1になっています。

その分、フィルターとしての性能は
アップしているということになりますね。

まあ、メインのフィルターではないので
大幅に進化したとは言えませんが
多少なりとも進化はしているということです。


スポンサードリンク

シャープ KC-F50とKC-E50のカラーの違い

シャープ KC-E50のカラーバリエーションには

・KC-E50-W ホワイト
・KC-E50-B ブラック

の2つがあります。

これは、KC-E50以前のモデルでも同じであり
シャープのKCシリーズは、基本的に
ホワイトとブラックの2色で展開してきました。


しかし、KC-F50のカラーバリエーションは

・KC-F50-W ホワイト
・KC-F50-C ベージュ

となっています。

ここに来て何故ブラックをやめて
ベージュにしたのかはよく分かりませんが
これも近年の傾向なのかも知れませんね。

部屋のインテリアとして考えた場合には
カラーも大事な要素となりますから

ベージュ系の空気清浄機が欲しい
と思っている方には良いかも知れません。

kc-f50-c

シャープ KC-F50とKC-E50の価格と販売店

現在のシャープ KC-F50とKC-E50の価格を
Amazonで調べてみると・・・

・KC-F50-W 38,800円
・KC-F50-C 36,684円
・KC-E50-W 18,500円

といった感じです。

KC-F50(Amazon)


やはり、これだけ価格差があると
KC-F50にはちょっと手が出ないかも知れませんね。

実際、現在の人気機種はKC-E50や
その前のKC-D50ですからね。

いずれはKC-F50の価格も下がって来るとは思いますが
まあ、当分先の話でしょうね。

先ほどの章でも触れましたが
どうしてもベージュ系が欲しいという方なら
興味があるかも知れませんけど・・・


ちなみに楽天市場での最安値は
34,000円と少し安いようです。

KC-F50(楽天市場)



*価格は2016年1月2日のものです。


スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です