シャープ RE-S5Dの機能と価格~RE-S5Cとの違い

シャープ RE-S5Dは、15Lタイプの
コンパクトなサイズのオーブンレンジ。

一人暮らしをしている方には
ピッタリなオーブンレンジです。

re-s5d

そもそも一人暮らしをしている方の大半は
それほど広い部屋に住んでいないでしょうし、
キッチンも狭いのではないかと思われます。

コンビニのお弁当を温めるのには
電子レンジが必要ですし、

朝食のトーストを焼くには
オーブントースターが必要です。

でも、電子レンジとトースターを2台置くには、
スペースがちょっと足らないという方もいるのでは?

そこで重宝するのが、
お弁当の温めもできトーストも焼ける
シャープ オーブンレンジ RE-S5Dというわけです。


スポンサードリンク

シャープ RE-S5Dの機能と特長

シャープ RE-S5Dの操作パネルの上部には、
普段良く使用する「あたため」と「解凍」ボタンがあります。

この2つはよく使うということで
ボタンも大きく分かりやすくなっています。


主な自動メニューには

「サックリ解凍/全解凍」「牛乳/酒」「トースト」
「コンビニメニュー」「冷凍ご飯あたため」
「フライあたため」「ゆで野菜」「ラーメン」
「グラタン」「焼きいも」

などがあります。

まあ、これだけのメニューがあれば
人暮らしの方には十分でしょうね。


おそらく多くの人たちの使い方は

・冷えたごはんを温める
・コンビニ弁当やお惣菜を温める
・牛乳を温める
・トーストを焼く

といった程度でしょうからね。

シャープ RE-S5Dの難点は?

シャープ RE-S5Dの庫内容量は15Lですから
一般的な製品よりもやや小さいですが、

一人暮らしで使う分には
それほど問題とはならないでしょう。

ただひとつ難点があるとすれば
レンジ出力が最大500Wと低いことです。

ですから、温めるものによっては
ちょっと時間がかかる場合もありますが、
まあ、このくらいは我慢しましょう。

でも、どうしても時間がかかるのは嫌だという方は
もっと出力の大きなオーブンレンジを
選んだ方が良いかも知れませんね。


スポンサードリンク

シャープ RE-S5DとRE-S5Cの違いは?

シャープ オーブンレンジ RE-S5Dには、
RE-S5Cという前機種があります。

このRE-S5Cは現在も販売中であり
その人気もなかなか高いです。

re-s5c

実はこの両機種、スペック的にはほとんど同じです。

操作パネルの「あたため」と「解凍」のボタンの色が
少し違っていることぐらいです。

ですから、RE-S5Dを購入してもRE-S5Cを購入しても
同じ性能のオーブンレンジを購入したことになります。

まあ、その時に安い方を選んだ方が
お得ということになりますね。

シャープ オーブンレンジ RE-S5Dの価格と販売店

シャープ オーブンレンジ RE-S5Dの価格は
Amazonでは現在17,720円となっています。

格安の単機能レンジとオーブントースターなら
これよりも安く購入できますが、

とにかく1台で済ませたいというのであれば
このシャープ RE-S5Dがオススメですね。

シャープ オーブンレンジ(Amazon)


ちなみに、現在は前機種のRE-S5Cの方が
15,695円と安いです。

今ならRE-S5Cを購入した方がお得ですね。



楽天市場では

・RE-S5C 15,040円
・RE-S5D 17,720円

が現在の最安値です。

RE-S5D RE-S5C(楽天市場)



*価格は2016年2月2日のものです。


スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です