コロナ 衣類乾燥除湿機 CD-S6322とCD-P6322の違い

コロナ 除湿機

コロナ衣類乾燥除湿機のパーソナルタイプの2022年モデルには

  • CD-S6322
  • CD-P6322
  • BD-632

の3機種があります。

このうち「CD-P6322」と「BD-632」は販売ルートが違うだけの同等品ですので、実質は「CD-S6322」と「CD-P6322」の2種類があると考えて良いでしょう。

この「CD-S6322」と「CD-P6322」の除湿能力は全く同じですが、衣類乾燥に関しては、機能的に優れている「CD-S6322」の方が、より優れた効果を発揮できるといえます。

除湿性能と衣類乾燥時間

「CD-S6322」と「CD-P6322」の除湿能力は以下のように全く同じです。

<除湿可能面積の目安>

  • 木造7~鉄筋14畳(50HZ)
  • 木造8~鉄筋16畳(60HZ)

<除湿量>

  • 5.6L/日(50HZ)
  • 6.3L/日(60HZ)

しかし、「CD-S6322」の吹き出し口の幅は「CD-P6322」の約2倍となっており、さらにオートルーバー機能も搭載されているために、より短時間で洗濯物を乾かすことが可能です。

<約2kgの洗濯物の乾燥時間>

  • CD-S6322 約136分
  • CD-P6322 約173分

このように、「CD-S6322」の方が洗濯物をより早く乾かすことができます。

よって、衣類乾燥時間をなるべく短縮したいという方は、「CD-S6322」を選択した方が良いでしょう。

CD-S6322のオートルーバー機能

「CD-S6322」にはオートルーバー機能があり、ルーバーのスイング範囲を2段階で調節出来ます。

  • 「ワイドスイング」 95度スイング
  • 「上吹きスイング」 上方向で55度スイング

この機能を干した洗濯物の位置などに合わせて上手く使えば、効率良く洗濯物の乾燥が出来るようになるでしょう。

ちなみに、CD-P6322にもプチルーバーがありますが、こちらは手動で位置を変える必要があります。

CD-S6322の衣類乾燥モード

「CD-S6322」の衣類乾燥モードには「速乾モード」と「おまかせモード」があります。

「速乾モード」は強風連続運転でしっかりと乾かします。

「おまかせモード」では、湿度センサーで検知しながら「強風運転」⇒「弱風運転」⇒「自動停止」という流れになります。

「CD-P6322」にはこうしたモードは無く「衣類乾燥モード」のみですが、代わりに「送風モード」があります。

スポンサーリンク

CD-S6322とCD-P6322のタンク容量を比較

「CD-S6322」と「CD-P6322」ではタンク容量が異なります。

  • CD-S6322 3.0L
  • CD-P6322 3.5L

よって、両者の連続運転時間も以下のように異なります。

  • CD-S6322 約11時間/約13時間(50Hz/60Hz)
  • CD-P6322 約13時間/約15時間(50Hz/60Hz)

ということで、連続運転時間は「CD-S6322」の方が多少短くなりますが、これはそれほど問題にはならないと思われます。

フィルターはCD-P6322の方が優秀!

さて、ここまでのところでは「CD-S6322」の方が優秀であるという感じですが、「CD-P6322」の方が優れている点もあります。

それはフィルターの違いです。

「CD-P6322」には「ウイルス抑制・除菌・脱臭10年交換不要フィルター」が搭載されています。

一方「CD-S6322」にはこうしたフィルターはありません。

つなり、「CD-P6322」の方が衛生面では優れているということです。

こうした衛生面を重視する方であれば「CD-P6322」を選択するのも良いかと思います。

まとめ

今回はコロナの衣類乾燥除湿機「CD-S6322」と「CD-P6322」の違いを紹介しましたが、それらをまとめると以下のようになります。

  • 両者の除湿能力は同じ
  • 衣類乾燥機能は「CD-S6322」の方が優秀
  • フィルターは「CD-P6322」の方が優秀

というわけで、衣類乾燥機能を重視するか、フィルター性能を重視するかが選択の基準となりそうです。

あとは実際の販売価格を見合わせながら、貴方の気に入った方のモデルを選ぶと良いかと思います。

 

●楽天市場で選ぶ

コロナ 除湿機(楽天市場)

 

●ヤフーショッピングで選ぶ

コロナ 除湿機(ヤフーショッピング)

 

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました