BESTEK BTVC007 とツインバード TC-E123SBK を比較する

サイクロン式のスティッククリーナーと言えば、ツインバード TC-E123SBK の人気が相変わらず高いです。

tc-e123sbk

スリムで軽量ながらパワフルな吸引力があり、手軽に使えるのがこのツインバード TC-E123SBK のメリット。

そして、何よりも価格の安さが魅力です。



このツインバード TC-E123SBK が発売されたのは2012年。

つまり、けっこう古い製品なわけですが、現在でもその人気はNO.1というベストセラー商品です。

しかし、最近になってその強力なライバルが登場しました。

それが BESTEK BTVC007 です。


スポンサードリンク

BESTEK BTVC007 の魅力

株式会社べステックグループの設立は2014年。

つまり、ツインバード TC-E123SBK 発売年の2年後に出来たという新しい会社です。

そして、このべステックの新製品がサイクロン式スティッククリーナー BTVC007 です。

btvc007

この BESTEK BTVC007 の仕様や性能は、ツインバード TC-E123SBK とほとんど同じような感じ。

そして、3,000円台で買えるという価格の安さも同じ。

また、デザインも似ていると言えば似ています。



ただ、決定的に違うのが本体のカラー。

白を基調としたツインバード TC-E123SBK に対し、BESTEK BTVC007 は全体的に赤。(青もあります)

この鮮やかな赤に惹かれて BESTEK BTVC007 を購入したという方もおそらく多いのではないかと思います。

白と赤のほとんど同じ性能の掃除機があった場合、貴方ならどちらを選ぶでしょうか?

白を選ぶ人と赤を選ぶ人の数は、おそらく半々といった感じになるでしょうね。

つまり、この BESTEK BTVC007 は、赤が好きな人のためのスティッククリーナーなのです。

   btvc007

BESTEK BTVC007 とツインバード TC-E123SBK の仕様と性能

前章では BESTEK BTVC007 の仕様や性能は、ツインバード TC-E123SBK とほぼ同じ感じと述べましたが、実際には多少の違いがあります。

ここからはBESTEK BTVC007 とツインバード TC-E123SBK の仕様や性能の違いを検証してみましょう。

両者の仕様及び性能は以下の通りです。

●BESTEK BTVC007

・サイズ:幅25.0×奥行13.0×高さ116cm
・本体重量:1.7kg
・消費電力:450W
・電源コード長:約5m
・集塵容量:0.8L
・吸込仕事率:85W
・運転音:75dB

●ツインバード TC-E123SBK
・サイズ:幅22.5×奥行15.5×高さ102cm
・本体重量:1.7Kg
・消費電力:270W
・電源コード長:約4.5m
・集塵容量:0.6L
・吸込仕事率:70W
・運転音:75dB以下

BESTEK BTVC007 の方がちょっとパワフル?

このように、本体重量は両者とも同じですが、サイズ的には BESTEK BTVC007 の方が多少大きい感じです。

その分 BESTEK BTVC007 の方が集塵容量が大きく、消費電力や吸引仕事率も高いです。

つまり、BESTEK BTVC007 の方がパワフルというわけですが、その分電気代は余計にかかるということになります。

運転音に関しては、両者ともほぼ同じと考えて良いでしょう。


スポンサードリンク

ツインバード TC-E123SBK にはスイッチが2つある

BESTEK BTVC007 もツインバード TC-E123SBK も、スティックタイプとハンディタイプの2WAYで使えます。

また、両者ともスタンド無しで自立するので便利です。

ただ、ツインバード TC-E123SBK のスイッチは本体とハンドルの2か所にありますが、BESTEK BTVC007 の場合は1か所にしかありません。

よって、スティックタイプで使う時はツインバード TC-E123SBK の方がちょっと便利かも知れません。

まあ、本当にちょっとですけどね。

ちなみに、製造国は両者とも中国です。

tc-e123sbk

BESTEK BTVC007 とツインバード TC-E123SBK の価格と販売店

BESTEK BTVC007 もツインバード TC-E123SBK も、格安のサイクロン式スティッククリーナーです。

Amazonでの現在の販売価格は

・BTVC007 3,680円
・TC-E123SBK 3,796円

といった感じです。(2016/11/14現在)

まあ、両者の価格はほとんど同じですね。

ポイントは BESTEK BTVC007 の方が少しパワフルだけど、電気代は余計にかかるということです。

後は見た目の問題でしょうね。

やはり赤が好きな人は BESTEK BTVC007 を選ぶでしょうね。

*BESTEK BTVC007 には青もあります。

●Amazonの通販ページはこちら

BESTEK スティッククリーナー サイクロン式 BTVC007

ツインバード サイクロンスティック型クリーナー TC-E123SBK

楽天市場での販売価格も同じような感じです。

・BTVC007 3,680円
・TC-E123SBK 3,750円

(2016/11/14現在)

●楽天市場はこちら

BESTEK BTVC007(楽天市場)

TC-E123SBK(楽天市場)


スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加