サーモス コーヒーメーカー ECF-700 と ECH-1000 の違い

サーモスといえば魔法瓶で有名なメーカーですが、このサーモスのコーヒーメーカーもかなり人気が高いです。

その現在の人気機種は ECF-700 です。

実はこのサーモスのコーヒーメーカーにはある特長があります。

それはコーヒーポットが魔法瓶(真空断熱ポット)であること。

魔法瓶だからドリップしたコーヒーがそのまま保温できるんです。


スポンサードリンク

サーモス ECF-700 の魅力

一般的なコーヒーメーカーにはガラス製のコーヒーポットが多く、たいていそれをヒーターで保温する機能が付いています。

でも、時間が経つにつれて段々とコーヒーは煮詰まってきますし、保温をするためにはそれなりに電気代もかかります。

その点、サーモスのコーヒーポットは魔法瓶なので、電力を使うことなく煮詰まらずに保温することができるわけ。

また、ポットだけをどこにでも持ち運べるという利点もあります。

これがサーモス コーヒーメーカーの魅力でありその人気の秘密です。

さらに、サーモスのコーヒーメーカーには、タイマー機能を搭載した ECH-1000 という機種もあります。

サーモス ECF-700 の特長

サーモス ECF-700 は幅15.5cmのスリムなコーヒーメーカー。

スリムなのでスペースを取らずに設置が出来ます。

でも高さは36cmと意外にあるので、場合によっては置けないことも・・・

容量は0.63Lなので、2~3人ぐらいまでならこれでOKという感じ。

コーヒーメーカーとしては一般的なドリップタイプであり、このあたりには特に大きな特長はありませんが、コーヒーポットが真空断熱構造になっているため、高い保温・保冷力を持っていることが最大の特長です。

この真空断熱ポットは電気を使わずに保温出来るため経済的。

そして、淹れたてのコーヒーが煮詰まることもなく、そのままの美味しさでキープできるのが嬉しいところ。

また、ステンレス製で割れないポットであるため、中に氷を入れれば簡単にアイスコーヒーも作れます。

ポットには中せんが付いていて、レバーを押すだけで注げます。

この中せんを付けたままでドリップできるドリップスルー機構、本体からポットを外した際に滴が止まるドリップストッパー機構、ドリップが終わると電源が切れるオートオフ機能も付いています。

サーモス ECF-700 の評判

ネット上にあるサーモス ECF-700 の口コミを見ると、その評価はかなり高いといえそうです。

実際の購入者の口コミは

「やっと出会えた満足の逸品」
「期待以上!」
「これにして良かった」
「サーモス最高!」
「コスパ抜群」

といった感じ。

やはり、ポット自体が魔法瓶であるため、ヒーターなどを使用せずにそのままで保温できることや、コーヒーが煮詰まらないことなどに大きな評価を与えているものが多いです。

中にはポットをカバンに入れて外に持ち歩いている人もいるようです。

でも、これもサーモスだからこそ出来ること。

コーヒーメーカーのコーヒーポットを魔法瓶にしてしまった、サーモスのアイディアはなかなか秀逸であるといえそうです。


スポンサードリンク

サーモス ECH-1000の特長

サーモス ECF-700 はパーソナルユースのコーヒーメーカーですが、サーモス ECH-1000 は大容量のファミリータイプといった感じです。

サーモス ECH-1000 のポット容量は1リットルとなり、本体のサイズもだいぶ大きくなっています。

まあ、コーヒーを飲む人数の多い家庭の場合は、このくらいのサイズの方がイイかも知れません。

でも、このサーモス ECH-1000 は単にサイズが大きくなっただけではありません。

この機種にはマイコン制御の「蒸らし」機能が付いており、より美味しいコーヒーが味わえるようになっています。

そして、ドリップ予約タイマーが付いているのもポイント。

ドリップ開始までの時間をタイマーで予約できるので、前日の夜に予約しておけば、その翌朝には美味しいコーヒーが出来上がっているというわけ。

これは忙しい朝には非常に重宝しそうな感じですね。

サーモス ECH-1000 の評判とある難点?

サーモス ECH-1000 の評判も ECF-700 に負けないくらい良いです。

その口コミの内容は ECF-700 のものと同じような感じであり、やはりポットの保温性の高さが評価されています。

まあ、サイズが大きすぎるという意見も若干ありますが・・・

ただ、この ECH-1000 の特長でもあるタイマー機能については、意外と評価が分かれているようですね。

「タイマーのおかげで朝が楽になった」
「タイマー機能がとても便利」

という人たちがいる一方で、

「タイマーがイマイチ使いづらい」

という方もいます。

実はこの ECH-1000 に搭載されているタイマーは、ドリップ開始時刻を直接指定するものではなく、今から何時間後にドリップ開始するかを指定するものです。

例えば、朝6時にドリップを開始したい場合、前日の夜10時に予約をする時は「8時間後」、夜12時の時は「6時間後」などといちいち変わってきます。

こうした計算をするのがちょっと面倒くさいという方も多いようで、結局タイマー機能はほとんど使っていないという方もいるようです。

まあ、別にタイマー機能を使わなくてもサーモス ECH-1000 は満足できる製品であると思いますので、使いたい人は使う、面倒な人は使わなければそれで良いかと・・・

サーモス 真空断熱ポット コーヒーメーカーの価格と販売店

サーモス 真空断熱ポット コーヒーメーカーを購入するなら、楽天市場やヤフーショッピングを利用した方が安くてお得です。

価格は日々変動するので、実際の価格はそれぞれの通販ページにてご確認ください。

●楽天市場はこちら

サーモス 真空断熱ポット コーヒーメーカー

●ヤフーショッピングはこちら

サーモス 真空断熱ポット コーヒーメーカー


スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加