Panasonic コーヒーメーカー NC-A56とNC-A55の違い

nc-a56-k

Panasonic 沸騰浄水コーヒーメーカー NC-A56は、豆の挽きからドリップ、ミルの洗浄まで、全自動でできるコーヒーマシンです。

自宅で本格的なコーヒーを味わいたいなら、やはり挽きたてのコーヒーが一番。

そんなユーザーの期待に十分に応えてくれるのが、このPanasonic NC-A56というわけです。

購入者の口コミなどを見てもその評判は中々良いといえますし、「やはりPanasonicの製品はイイ!」と感じさせるコーヒーメーカーですね。


スポンサードリンク

Panasonic NC-A56とNC-A55の違い

さて、Panasonic 沸騰浄水コーヒーメーカーには、NC-A55という前機種があります。

このNC-A55も非常に人気の高い機種でしたが、このNC-A55の後継機種であるNC-A56には、NC-A55には無かった機能が搭載されています。

それは、豆の挽き分けが出来るようになったことです。

従来のNC-A55では、豆の挽き方は固定でしたが、NC-A56では、メッシュフィルターを付け替えることで「粗挽き」と「中細挽き」の挽き分けが可能になりました。

したがって、NC-A56では豆の種類によって挽き方を変えたり、好みの挽き方を選択することで、コーヒーがより楽しめるようになったわけです。

cafe

NC-A56なら同じ豆で4種類のコーヒーが楽しめる

Panasonic 沸騰浄水コーヒーメーカーにはマイコン制御による「淹れ分け」機能が付いています。

これはNC-A55にもNC-A56にも付いています。

そして、この機能によって「マイルド」と「リッチ」の2つのパターンの淹れ分けができるわけです。

前機種のNC-A55は、この淹れ分け機能によって同じ豆でも2種類のコーヒーが楽しめたわけですが、さらに「挽き分け」機能が搭載されたNC-A56では「淹れ分け」と「挽き分け」を組み合わせることで、同じ豆から4種類のコーヒーが作れるわけです。

すでにNC-A55を所有しているユーザーには、この「挽き分け」機能が搭載されたNC-A56がちょっと羨ましく感じられるかも知れませんね。


スポンサードリンク

NC-A56で作れる4種類のコーヒーの特徴

Panasonic NC-A56では、同じ豆を使っても4種類のコーヒーが楽しめます。

実際にはどんな感じになるのかというと・・・

1.「粗挽き」×「マイルド」

渋みの少ないマイルドなコーヒーになります。アメリカンコーヒーのような感じです。

2.「粗挽き」×「リッチ」

渋みの抑えられた後味の良いコーヒーになります。一般的なブレンドコーヒーのような感じです。

3.「中細挽き」×「マイルド」

コクと苦みのバランスの良いコーヒーになります。コクのあるストレートコーヒーのような感じですね。

4.「中細挽き」×「リッチ」

コクと苦みがしっかりとあるコーヒーになります。アイスコーヒーやカフェオレにオススメです。

cafe

Panasonic NC-A56の価格と販売店

Panasonic 沸騰浄水コーヒーメーカー NC-A56は、楽天市場などのネット通販サイトで購入できます。

楽天市場では現在18,798円から販売されています。(2019/04/25現在)

NC-A56(楽天市場)

ヤフーショッピングでも購入できます。

NC-A56(ヤフーショッピング)

すでにNC-A55を使っている方はちょっと悩むところでしょうね。

新しいNC-A56を購入すればさらにコーヒーの楽しみ方も増えますが、同じようなコーヒーメーカーを2台所有するのもやはり無駄なような気がします。

自分用に新しいNC-A56を購入して古いNC-A55は親や知人にあげる・・・

というのもイイかも知れませんね。

ちょっとズルいかな?


スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です