シャープ 衣類乾燥除湿機 CV-G120 と CV-F120 の違い

シャープでは、大容量タイプとコンパクトタイプの2種類の衣類乾燥除湿機が毎年登場します。

その2017年モデルが

  • CV-G120(大容量タイプ)
  • CV-G71(コンパクトタイプ)

の2つです。

CV-G120

こうした毎年発売されるシリーズものでは「型番が新しくなっただけで中身は同じ」というケースも多いです。

今回ですと、コンパクトタイプの CV-G71 の場合はこのケースに当てはまります。

しかし、大容量タイプの CV-G120 の場合は前年度モデルの CV-F120 と若干違っているところがあります。

では、どういったところが違っているんでしょうか?


スポンサードリンク

CV-G120 と CV-F120 の基本仕様と違い

シャープ CV-G120 は、プラズマクラスター7000を搭載した大容量タイプの衣類乾燥除湿機です。

その基本仕様は

<除湿能力>

・11L/日(50Hz)
・12L/日(60Hz)

<除湿可能面積の目安>

・木造14畳~コンクリート28畳(50Hz)
・木造15畳~コンクリート30畳(60Hz)

<プラズマクラスター適用床面積>

・約11畳

といったところです。

こうした基本仕様は、2017年モデルの CV-G120 も2016年モデルの CV-F120 も同じですが、CV-G120 の方が衣類乾燥スピードが少し速くなり、消費電力も少し抑えられているところが違います。

衣類乾燥時間の短縮と運転音

両者の衣類乾燥時間(2kg)は、

・CV-G120 約75分
・CV-F120 約79分

となっています。

つまり、CV-G120 の方が若干衣類乾燥スピードが速いですが、これは衣類乾燥「強」運転時の風量を上げることによって実現されています。



ただし、風量が上がるためにその運転音も若干上がります。

前モデルの CV-F120 の運転音は45dBでしたが、CV-G120 の運転音は49dBになっています。

ちなみにこの違いは衣類乾燥「強」運転時のみで、他のモードでの運転音は両者とも同じです。

まあ、CV-G120 の方がちょっと速く乾かせるけれど、その分運転音もちょっと大きくなるということです。


スポンサードリンク

電気代の節約と本体重量

CV-G120 ではコンプレッサーが変更されており、CV-F120 よりも消費電力が抑えられています。

両者の衣類乾燥時の消費電力は

・CV-G120 235W(50Hz)/275W(60Hz)
・CV-F120 270W(50Hz)/280W(60Hz)

となっています。



消費電力が低い方が当然電気代も安くなります。

両者の衣類乾燥1回あたりの電気代目安は

・CV-G120 約8.7円
・CV-F120 約9.4円

となっています。

つまり、2017年モデルの CV-G120 の方が、電気代を節約することができるということです。

ただし、CV-G120 の方が本体重量がやや重くなっています。

これはコンプレッサーの変更が関係していると思われます。

CV-F120 は約12.1kgでしたが、CV-G120 は約13.3kgです。

ちなみに両者の本体サイズは同じです。

まあ、ちょっと重くなったというのは難点ですが、電気代が安くなる方が魅力的だと思います。

シャープ CV-G120 と CV-F120 の通販情報

シャープ CV-G120 や CV-F120 は、楽天市場やヤフーショッピングなどで購入できます。

ネットでの通販価格は日々変動しますので、その都度チェックすることをお勧めします。

シャープ 除湿機(楽天市場)

シャープ 除湿機(ヤフーショッピング)

ちなみにコンパクトタイプにするのであれば、CV-G71 と CV-F71 の2機種のうち価格の安い方を選んだ方が良いでしょう。

両者は型番が違うだけで中身は同じですからね。


スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加