飲むヨーグルトが作れる!アイリスオーヤマ IYM-013の魅力

アイリスオーヤマのヨーグルトメーカー IYM-013の人気が高いです。

このIYM-013は同社の人気モデルIYM-012の後継機種ですが、通常のヨーグルトだけでなく、飲むヨーグルトも作れるようになったことが最大の特長です。

忙しい朝などは、食べるヨーグルトよりも飲むヨーグルトの方が断然に手軽!

そして、このIYM-013を使って自分でヨーグルトを作った方が断然に経済的!

美容や健康のために毎日ヨーグルトを飲んでいるという方も多いと思いますが、このアイリスオーヤマ IYM-013はそんな方にピッタリかも。


スポンサードリンク

アイリスオーヤマ IYM-013の特長

アイリスオーヤマ IYM-013の最大の特長は「飲むヨーグルト」が作れること。

飲むヨーグルトの作り方は簡単で、市販の牛乳パックに市販の飲むヨーグルトを入れて混ぜ、本体にセットしてスイッチを押すだけ。

そして約8時間後には市販の牛乳が飲むヨーグルトになっているというわけ。

このアイリスオーヤマ IYM-013を使って自分でヨーグルトを作れば、市販のヨーグルトを買うよりも約5分の1の費用で済んでしまいます。

毎日ヨーグルトを飲むという方にとって、これは非常に嬉しいことですよね。

もはやヨーグルトは買う時代から作る時代へと移りつつあるのかも。

アイリスオーヤマ IYM-013とIYM-012の違い

さて、このアイリスオーヤマ IYM-013の一番の魅力は「飲むヨーグルト」が作れることであり、これだけでもかなりのセールスポイントとなりそうですが、前機種のIYM-012と比べて確実に進化しているポイントがあります。

それは自動メニューが付いていることです。

前機種のIYM-012は、25~65℃まで1℃刻みでの細かい温度設定ができ、1~48時間までのタイマー設定と組み合わせることで、ヨーグルト以外の様々な発酵食品を作ることが出来ました。

ただし、このIYM-012には自動メニューがないため、すべて手動で操作する必要がありました。

一方、新しい機種のIYM-013には「プレーン」「カスピ海」「甘酒」「塩麴」「飲むヨーグルト500ml」「飲むヨーグルト1000ml」の自動メニューが付いており、それぞれのメニューにピッタリな温度と時間を自動的に設定してくれます。

つまり、普段よく作るこれらのメニューであれば、いちいち自分で温度や時間を設定しなくてもOKということ。

これは大変便利!そして楽チン!

自動メニューがあるか無いかでは、その使い勝手にかなりの差が出るでしょうね。


スポンサードリンク

アイリスオーヤマ IYM-013の評判は?

アイリスオーヤマ IYM-013のネット上での評判は中々良いようです。

その口コミをまとめてみると

  • ボタンひとつで操作できるので簡単
  • コンパクトで軽く扱いやすい
  • 費用対効果は高いと思う
  • 付属品が充実しているところもポイント高い
  • 初めてでもちゃんと作れた

といったところです。

アイリスオーヤマ IYM-013の販売店

アイリスオーヤマ ヨーグルトメーカー IYM-013は、アイリスオーヤマの公式通販サイト「アイリスプラザ」で購入できます。

ヨーグルトメーカー(アイリスプラザ)

また、ヤフーショッピングや楽天市場などでも購入出来ます。

●ヤフーショッピングはこちら

アイリスオーヤマ ヨーグルトメーカー

●楽天市場はこちら

アイリスオーヤマ ヨーグルトメーカー

アイリスオーヤマ IYM-013とKYM-013の違い

ネット通販サイトでは、IYM-013の他にKYM-013という製品も販売されています。

そして、この KYM-013もまた飲むヨーグルトが作れるヨーグルトメーカーであり、アイリスオーヤマのHPではIYM-013ではなく、KYM-013が新商品として紹介されています。

結論から言うと、この両者は販売ルートが違うだけで製品自体は同じものです。

ただし、IYM-013とKYM-013では付属品に若干の違いがあります。

IYM-013の付属品は、水切りカップ、牛乳パックの蓋クリップ、計量スプーン、飲むヨーグルト用かき混ぜ棒、調理用容器×2ですが、KYM-013の場合は最後の調理用容器が2つではなく1つです。

つまり、IYM-013の方が付属品が1つ多いわけですが、価格的にはほとんど変わらないようです。

よって、好みの方を選択すれば良いと思います。


スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加