Panasonic 衣類スチーマー NI-FS540とNI-FS530の違い

Panasonic 衣類スチーマーの2018年モデル NI-FS540が、この春に発売されました!

このPanasonic 衣類スチーマーには毎年新しいモデルが登場していますが、その新しいモデルには常に何らかの新機能が追加されているのがポイントです。

例えば、2016年モデル NI-FS470からはスチーム噴射可能角度が360度に拡大されていますし、続く2017年モデル NI-FS530では立ち上がり時間が短縮され、連続パワフル&ワイドスチームと自動ヒーターオフ機能が新たに搭載されました。

この流れからすると2018年モデル NI-FS540にもきっと新機能が搭載されているはず。

さて、この2018年モデル NI-FS540には、どんな機能が追加されているんでしょうか?


スポンサードリンク

NI-FS540の新しい機能とは?

2018年モデル NI-FS540のデザインは、2017年モデル NI-FS530と全く同じ。

そして、その基本仕様や性能もほとんど同じです。

では、NI-FS540とNI-FS530とではいったい何が違うのか?

それは、NI-FS540には「3倍パワフルスチーム」という新しい機能が搭載されていることです。

この「3倍パワフルスチーム」とは、瞬間的に従来のパワフルスチームの約3倍のスチームを約3秒間噴射するという機能です。

そして、これにより従来のパワフルスチームよもさらに強力な脱臭ができるようになったということです。

結局、NI-FS540とNI-FS530との違いはこの1点のみであり、今回はマイナーチェンジといったところですが、まあ多少なりとも進化はしているということですね。

NI-FS540とNI-FS530の共通機能・仕様

上記の「3倍パワフルスチーム」の有無以外は、NI-FS540もNI-FS530も同じです。

その機能や仕様は以下の通りです。

●連続・パワフルスチーム

  • スチームボタンを押している間、スチームが最長4分間水がなくなるまで出続ける。

●ワイドスチーム

  • スチームが広がりやすいようにスチーム穴を配置されている。

●360度スチーム

  • ハンガーに掛けた衣類に平行に向けた場合、360度どの角度でも使用できる。

●スチーム量 平均約11g/分

●立ち上がり時間は24秒

●自動ヒーターオフ機能搭載

●フラットアイロン面でプレスも出来る


スポンサードリンク

加齢臭までしっかり脱臭できる!

Panasonic 衣類スチーマーは、そのスチームによって衣服のシワを伸ばせるだけでなく、衣類に付いた様々なニオイを脱臭することが出来ます。

そして、今回のNI-FS540の発売にあたり、これまでのタバコ臭、飲食臭、汗臭、防虫剤臭に加えて加齢臭の脱臭も可能であることが発表されています。

もちろんこれは、今回新たに加齢臭の脱臭に対する試験を行ったところ、その効果が確認できたということであり、NI-FS540だけが加齢臭を脱臭できるという意味ではなく、NI-FS530でも同じように加齢臭の脱臭が可能です。

ただし、NI-FS540には「3倍パワフルスチーム」があるので、その分だけ脱臭効果に関しては優れていると言えそうですね。

Panasonic NI-FS540の価格と販売店

Panasonic 衣類スチーマー NI-FS540及びNI-FS530は、楽天市場やヤフーショッピングなどのネット通販サイトで購入した方が安くてお得です。

現在、楽天市場での現在の最安値は

  • NI-FS540 10,880円
  • NI-FS530 9,680円

といった感じです。(2018/04/23現在)

NI-FS540はまだ発売されたばかりということもあり、その価格はまだちょっと高めですが、「3倍パワフルスチーム」に魅力を感じるのであればこの2018年モデルを選ぶのも良いかと思います。

そして、この「3倍パワフルスチーム」にはあまり興味はないというのであれば、2017年モデルのNI-FS530を選んだ方が安くてお得でしょうね。

●楽天市場はこちら

Panasonic 衣類スチーマー(楽天市場)

●ヤフーショッピングはこちら

Panasonic 衣類スチーマー(ヤフーショッピング)

NI-FS540の姉妹機NI-FS340について

Panasonic 衣類スチーマーの2018年モデルには、NI-FS340という機種もあります。

NI-FS540にはしっかりとプレスのできるフラットアイロン面が採用されていますが、こちらのNI-FS340には衣類にフィットしやすいラウンドアイロン面が採用されています。

よって、このNI-FS340はフリルなどの立体仕上げやプリーツなどの細かい部分など、プレスできない立体的な洋服のケアに向いています。

ただし、このNI-FS340には「3倍パワフルスチーム」「360度スチーム」「自動ヒーターオフ」といった機能は無く、立ち上がり時間も約30秒と性能的にはNI-FS540よりも若干劣ります。

でも、お洒落着などをふんわりと仕上げたいのであれば、こちらのNI-FS340の方がイイかも!

この辺は自分の持っている衣類とよく相談して決めると良いかと思います。


スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加