コロナ 除湿機 PシリーズとSシリーズの違い どっちがイイ?

コロナ 除湿機

コロナのパーソナルタイプの衣類乾燥除湿機には、

  • Pシリーズ
  • Sシリーズ

の2つのシリーズがあります。

歴史的には「Pシリーズ」の方が古く、後から発売された「Sシリーズ」は「Pシリーズ」の改良型といったモデルです。

その改良ポイントとしては、デザインをスリムにしたことと、いくつかの機能を加えたことです。

よって、機能的には「Sシリーズ」の方が優れている感がありますが、価格的には「Pシリーズ」の方が安いので、両者の人気は拮抗している感じです。

コロナ PシリーズとSシリーズの2022年モデル

コロナ 除湿機 パーソナルタイプの2022年モデルには以下の3機種があり、それぞれ販売ルートが異なります。

<Pシリーズ>

  • CD-P6322(ホームセンターモデル)
  • BD-P632(一般ルートモデル)

<Sシリーズ>

  • CD-S6322(家電量販店モデル)

 

この3機種の除湿能力は同じであり、

  • 5.6L/日(50Hz)
  • 6.3L/日(60Hz)

となっています。

当然、両者の除湿可能面積の目安も同じであり、

  • 木造7~鉄筋14畳(50Hz)
  • 木造8~鉄筋16畳(60Hz)

となっています。

サイズとデザインの違い

「Pシリーズ」と「Sシリーズ」のサイズは以下の通りです。

<Pシリーズ>

  • 高さ515×幅220×奥行330mm

<Sシリーズ>

  • 高さ533×幅170×奥行365mm

 

一番の違いは「Sシリーズ」の方が幅が薄くなっていること。

そのため、見た目は「Sシリーズ」の方がスリムに感じますし、実際に幅が薄いので、脱衣所などの狭い場所などにも設置が可能です。

そして、デザイン的にも「Sシリーズ」の方がオシャレな感じがしますね。

まあ、両者の除湿能力は同じですから、見た目で選ぶというのもアリかも。

ただし、重量は「Pシリーズ」が7.9kgなのに対し、「Sシリーズ」は8.3kgとやや重くなっています。

コロナ 除湿機

「Sシリーズ」の機能

「Pシリーズ」は随分前から販売されている息の長い定番シリーズですが、「Sシリーズ」は2016年から登場した新しいシリーズです。

この「Sシリーズ」は「Pシリーズ」の進化型とも言えるシリーズであり、「Pシリーズ」には無かった新しい機能が搭載されているのが特長です。

「Sシリーズ」には以下の様な機能があります。

  • オートルーバー
  • ビッグルーバー
  • おまかせモード

オートルーバー

「Sシリーズ」のルーバーは自動で上下にスイングが可能です。

スイング範囲は上下95度にワイドな風を送る「上下スイング」と、55度の範囲に上向きの風を送る「上吹きスイング」の2段階に設定できます。

一方、「Pシリーズ」にはこうした自動スイング機能はありませんが、手動でルーバーの向きを調節することは可能です。

ビッグルーバー

これは機能というよりは仕様ですが、「Sシリーズ」の吹き出し口の幅は「Pシリーズ」の約2倍あるため、温風が衣類に当たる範囲も広くなります。

よって、部屋干しの洗濯物などもより速く乾かすことが出来るということです。

衣類乾燥時間の違い

「Sシリーズ」の方が風の吹き出し口の幅が広く、オートルーバーも搭載されているため、より効率よく衣類の乾燥が出来ます。

コロナの製品情報サイトを見ると、2kg相当の洗濯物を乾かすのに要する時間は、

  • Pシリーズ 約173分
  • Sシリーズ 約136分

となっています。

つまり、衣類乾燥に関しては「Sシリーズ」の方が優れているといえますね。

おまかせモード

「Pシリーズ」には単に「衣類乾燥モード」があるのみですが、「Sシリーズ」の衣類乾燥モードには「速乾モード」と「おまかせモード」があります。

「速乾モード」は強風で連続運転を行うものですが、「おまかせモード」はセンサーによって湿度を検知しながら、「強風運転」から「弱風運転」に移行し、最終的には「自動停止」するというものです。

つまり、洗濯物の乾き具合によってパワーを抑え、完全に乾いたら自動でストップするという便利で省エネにもなる機能ということです。

スポンサーリンク

PシリーズとSシリーズのタンク容量の違い

「Sシリーズ」は「Pシリーズ」よりも本体の幅が狭くなっており、その分タンク容量も若干小さくなっています。

「Pシリーズ」のタンク容量は3.5Lですが、「Sシリーズ」は3.0Lです。

つまり、連続運転時間は「Pシリーズ」の方が少し長くなりますし、水を捨てる頻度も「Pシリーズ」の方が少なくなります。

結局、本体をスリムにしたことで水タンクもスリムになってしまったということですが、3.5Lと3.0Lならそれほど大した差ではないともいえそうです。

まあ、ここはあまり気にしなくても良いと思います。

フィルターの違い

さて、ここまでのところでは「Sシリーズ」の方が機能的に優れているという感じですが、実は「Pシリーズ」の方が優れているところもあるんです。

それはフィルターの性能です。

「Pシリーズ」には「ウイルス抑制・除菌・脱臭」性能を持つ10年間交換不要のフィルターが付いています。

一方「Sシリーズ」には単なるエアフィルターしか付いていません。

つまり、除湿機から出てくる風は「Pシリーズ」の方がキレイであるということです。

花粉症の方や何らかのアレルギーを持つ方、ウイルスやニオイが気になるという方は、この点を見逃さない方が良いかと思います。

まとめ

今回はコロナの衣類乾燥除湿機「Pシリーズ」と「Sシリーズ」の違いについて色々と述べてきましたが、それらをまとめると以下のようになります。

  • 両者の除湿能力は同じである
  • 全体的には「Sシリーズ」の方が優れている
  • フィルター性能は「Pシリーズ」の方が良い

これらのポイントを踏まえながら、貴方にピッタリな方のモデルを選ぶと良いでしょう、

 

コロナ 除湿機(楽天市場)

 

コロナ 除湿機(ヤフーショッピング)

 

タイトルとURLをコピーしました