コロナ コアヒート DH-1218R AH-128R CH-128Rの違い

コロナ コアヒートは、遠赤外線をたっぷりと放出するシーズヒーターを搭載した電気ストーブであり、毎冬人気となる製品です。

このコロナ コアヒート シリーズの2018年モデルには、

  • DH-1218R
  • AH-128R
  • CH-128R

の3つがあります。

よって、これからコロナ コアヒートを購入しようと考えている人にとっては、この3機種は何が違うのか?というところが気になるところでしょうね。

そこで今回は、コアヒートの2018年モデル3機種の違いを明らかにしていきましょう。


スポンサードリンク

コアヒート 2018年モデルの基本性能

結論から最初に申しますと、コアヒートの2018年モデル、DH-1218R、AH-128R、CH-128Rの基本性能は全く同じです。

いずれも遠赤外線をたっぷりと放出するコロナ独自のシーズヒーターを搭載し、1,150Wのハイパワーによってパワフルな暖かさを実現しています。

ヒーター部はタテにもヨコにもでき、もちろん自動首振り機能も搭載。

そして、「ゆらぎ運転」や「省エネセンサー」などの省エネ機能も搭載しています。

よって、どの機種を選んでも、同じように暖かく、同じように便利に使えます。

じゃあ、この3機種の違いはいったい何なのか?

それは若干のデザインと仕様の違いです。

コアヒート 2018年モデルのデザイン

コロナ コアヒートの2018年モデル3機種のデザインはほとんど同じような感じですが、本体上部の操作パネルや下部のパワーモニター部などのデザインに若干の違いが見られます。

下部のパワーモニター部のデザインは3者3様ですが、これらはデザインが異なっていてもその機能は同じですので、それほど大した違いではないと言えます。

ただ、操作パネルに関しては、DH-1218Rだけが他の2機種とは違い、ちょっとした特長を持っています。


スポンサードリンク

コアヒート DH-1218Rの特長

AH-128RとCH-128Rの操作パネルは水平ですが、DH-1218Rの操作パネルには傾斜が付けられています。

これにより正面からでも操作パネルが見やすくなり、その操作性も良くなっていると言えます。

そして、この操作パネルの後部には段差が設けられています。

この部分は熱くなりにくいので手掛けとして利用することができ、ヒーター部をタテやヨコにする時に便利です。

さらに、この段差部分には「運転ランプ」が新しく搭載されているため、少し離れた場所からでもコアヒートが運転中であるかどうかが分かりやすくなっています。

このように、DH-1218Rは他の2機種よりも使いやすさに関しては優れているというわけです。

なお、本体上部に段差が付いている分、DH-1218Rの高さは他の2機種よりも6mmほど高くなっています。

ちなみに、この仕様は2017年モデルのDH-1217Rから採用されています。

電源コードの長さの違い

DH-1218Rと他の2機種にはもう一つ違うところがあります。

それは電源コードの長さです。

DH-1218Rの電源コードの長さは2.4mですが、他の2機種は2mと少し短いです。

何故、電源コードの長さが違うのかはよく分かりませんが、コアヒート シリーズでは伝統的にこうした仕様となっています。

まあ、2.4mと2mですからそれほど大差は無いとも言えますが、場合によってはその差が影響することもあるかも。

「大は少を兼ねる」ということからすれば、2.4mの方が安心でしょうね。

コロナ コアヒートの価格

コロナ コアヒートは楽天市場やヤフーショッピングなどで購入できます。

ただ、実際にこれらの通販サイトを覗いてみると、2017年モデルや2016年モデルの方が目に付きますし、価格も安かったりします。

よって、必ずしも2018年モデルを購入する必要はありません。

ここ数年、コアヒート シリーズは型番が新しくなってもその基本性能は同じであり、その仕様もほとんど変わっていません。

2017年モデルのDH-1217Rから少し仕様が変わっているだけです。

つまり、その時に一番安いモデルを選んだ方がお得ということです。

もちろん、DH-1218Rの操作パネルが気に入った!というなら別ですけどね。

●楽天市場はこちら

コロナ コアヒート(楽天市場)

●ヤフーショッピングはこちら

コロナ コアヒート(ヤフーショッピング)


スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加