アイリスオーヤマ IYM-012 IYM-013 IYM-014の違い

市販の牛乳パックを使って簡単にヨーグルトが作れるアイリスオーヤマのヨーグルトメーカーが人気ですが、このシリーズに新しいモデル「IYM-014」が登場しました!

この「IYM-014」のひとつ前のモデルは「IYM-013」であり、この「IYM-013」は「飲むヨーグルトが作れる」ということで非常に注目を集めたモデルです。

よって、今回登場した「IYM-014」は、さらに進化したモデルなのでは?と思ってしまうところですが、実はそういうわけではないようです。

この「IYM-014」は「IYM-013」の後継機種ではなく、そのもうひとつ前の「IYM-012」の後継機種と考えるのがどうやら妥当なようです。


スポンサードリンク

アイリスオーヤマ ヨーグルトメーカーのラインナップ

アイリスオーヤマのヨーグルトメーカーの中で、牛乳パックのままヨーグルトが作れるタイプには、

  • IYM-011
  • IYM-012
  • IYM-013
  • IYM-014

があります。

「IYM-011」は一番初期のモデルであり、プレーンヨーグルトとカスピ海ヨーグルトのみが作れるという非常にシンプルなモデルでした。

ただ、この「IYM-011」は「アイリスプラザ」ではすでに販売を終了しており、その他のショップでもあまり見かけなくなっています。

よって、この「IYM-011」以外の3機種が現在のラインナップと言って良いでしょう。

で、普通に考えると、新しい型番の製品の方がより機能もアップしているはずですが、実はこの3機種の中で一番高機能なモデルは「IYM-013」です。

「IYM-014」は「IYM-013」よりも後に発売されましたが、機能的には「IYM-012」と「IYM-013」の間に位置するモデルです。

「IYM-012」の特長

初期モデルの「IYM-011」は、温度設定が25℃又は45℃の固定式で、タイマーも1~12時間まででした、

よって、このモデルでは「プレーンヨーグルト」と「カスピ海ヨーグルト」しか作れませんでした。

まあ、当時としてはそれで良かったのかも知れませんけどね。

で、この「IYM-011」の後継機種となる「IYM-012」は、25~65℃まで1℃刻みで温度設定が可能になり、タイマーも1~48時間まで設定が可能となりました。

よって、「IYM-012」はヨーグルトだけでなく、フルーツビネガー、納豆、塩麹、甘酒なども作れるようになったわけです。

そして、この「IYM-012」の基本機能は、その後の「IYM-013」や「IYM-014」にもそのまま受け継がれて行くことになります。


スポンサードリンク

「IYM-013」の特長

「IYM-012」はヨーグルト以外にも様々な発酵食品を作ることができますが、温度設定や時間設定はすべて手動で行う必要があります。

つまり、「IYM-012」は完全マニュアル式のモデルということです。

しかし、その後に発売された「IYM-013」には、新しく自動メニューが搭載されました。

その自動メニューには「プレーン」「カスピ海」「甘酒」「塩麹」「飲むヨーグルト500ml」「飲むヨーグルト1000ml」があります。

これらのメニューであれば、ボタン一つで簡単に作ることが出来ます。

つまり、「IYM-013」は非常に便利で機能的なモデルであるということです。

そして「飲むヨーグルト」という新しいメニューが加わっていることも大きなポイント。

自宅で「飲むヨーグルト」を作りたい!という方はこの「IYM-013」で決まりでしょうね。

「IYM-014」の特長

さて、「飲むヨーグルト」が作れ、自動メニューも付いた「IYM-013」の後に発売されたのが「IYM-014」ですが、この「IYM-014」は「IYM-013」の進化型というわけではなく、「IYM-012」の進化型であると言えます。

この「IYM-014」には「プレーンヨーグルト」と「甘酒」の自動メニューが付いているのが特長です。

おそらく一般的に家庭でよく作られると思われるメニューは「プレーンヨーグルト」と「甘酒」。

「IYM-014」はこの2つのメニューのみ自動で作ることが出来るというモデルです。

例えば、ヨーグルトはプレーンしか作らないという方や、近年健康に良いと評判の甘酒をメインに作りたいという方なら、この「IYM-014」がピッタリとマッチしそうです。

そして、価格も「IYM-012」よりも安くなっていますので、この「IYM-014」の人気は現在上昇中です。

アイリスオーヤマ ヨーグルトメーカーの価格

アイリスオーヤマの公式通販サイト「アイリスプラザ」での販売価格は

  • IYM-012 3,780円
  • IYM-013 3,480円
  • IYM-014 5,000円

となっています。(いずれも税抜価格)

先ほども申しましたが、自動メニューが2つだけ付いた「IYM-014」の価格の安さがポイント。

「飲むヨーグルト」が作りたい方は別ですが、そうでない方なら「IYM-014」を選択するのがお得でしょうね。

●アイリスプラザはこちら

アイリスオーヤマ ヨーグルトメーカー

アイリスオーヤマのヨーグルトメーカーは、楽天市場やヤフーショッピングでも購入できます。

●楽天市場はこちら

アイリスオーヤマ ヨーグルトメーカー

●ヤフーショッピングはこちら

アイリスオーヤマ ヨーグルトメーカー


スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加