シャープ ふとん乾燥機 UD-BF1とUD-AF1の違いは?

2017年10月に登場したシャープ「UD-AF1」は、「きのこアタッチメント」を搭載したユニークなふとん乾燥機であり、その見た目の可愛さと相まってなかなかの人気商品となりました。

そしてその1年後、この「UD-AF1」の後継機種となる「UD-BF1」が発売されました。

この「UD-BF1」の外観は前機種の「UD-AF1」とほとんど同じであり、きのこアタッチメントのカラーが若干変わっているだけのように見えます。

また、その機能面に関しても両者はほぼ同じです。

では、どこが違うところはあるのか?

それは「UD-BF1」が「UD-AF1」よりもパワーアップしているということです。


スポンサードリンク

「UD-BF1」はダブルサイズのふとんの乾燥が可能?

シャープのHPを見ると、「UD-BF1」のキャッチコピーには「乾燥マット不要、ダブルサイズのふとんまでかんたん消臭・乾燥」とあります。

前機種「UD-AF1」との違いは「ダブルサイズのふとんまで」というところです。

つまり、「UD-BF1」は「UD-AF1」よりもパワーアップしているため、ダブルサイズのふとんの消臭・乾燥もできると解釈できます。

では、従来の「UD-AF1」ではダブルサイズのふとんの消臭・乾燥は出来なかったのか?というと、実はそういうわけではありません。

「UD-AF1」の消臭乾燥モードには「シングル」と「ダブル」がちゃんと存在しています。

こうなると「UD-BF1」と「UD-AF1」の違いがちょっと曖昧になってきますが、「UD-BF1」の方がパワーアップしていることは確かですので、結局、「UD-BF1」の方が「乾燥時間を短縮できる」というのが最大の違いということになりそうです。

「UD-BF1」と「UD-AF1」の乾燥時間の違い

「UD-BF1」と「UD-AF1」のスペックを比べてみると、両者の消費電力が違うことが分かります。

両者の定格消費電力は以下の通りです。

  • UD-BF1 550W(50Hz)/560W(60Hz)
  • UD-AF1 500W(50Hz)/510W(60Hz)

そして、このパワーの差が乾燥時間の差となって現れてきます。

「UD-AF1」の乾燥時間

  • シングル:冬60分/夏80分
  • ダブル:冬120分/夏150分

「UD-BF1」の乾燥時間

  • シングル:冬55分/夏75分
  • ダブル:冬100分/夏120分

このように、「UD-BF1」の乾燥時間の方が短くなっていますし、特にダブルの時の時間短縮率が大きいことが分かります。

よって、ダブルサイズのふとんを乾燥させるなら、「UD-BF1」の方が絶対に優位ということです。

「ダブルサイズのふとんまで…」というキャッチコピーには、こうした意味合いが含まれていると考えられそうですね。


スポンサードリンク

「UD-BF1」と「UD-AF1」の共通機能

消費電力以外のスペックや機能は「UD-BF1」も「UD-AF1」もほぼ同じです。

その主な機能をまとめると・・・

  • より広い範囲に温風を届ける「きのこアタッチメント」により、乾燥マット不要で手軽にふとんの乾燥ができる
  • プラズマクラスターによって、ふとんを乾燥させると同時に、汗臭や加齢臭、おねしょ臭なども消臭できる
  • 衣類の乾燥や消臭をはじめ、小空間の空気清浄も可能
  • 温風とプラズマクラスターによるダブルのダニ対策も可能
  • くつ乾燥アタッチメントを使用すれば、くつやブーツの消臭・乾燥も可能
  • 冬の時期には欠かせない「あたためモード」も搭載

といったところです。

やはり、シャープのふとん乾燥機の強みは「プラズマクラスター」が搭載されていることにありそうですね。

ちなみに、本体サイズや重量などは両者とも全く同じです。

シャープ ふとん乾燥機 UD-BF1の通販情報

シャープ ふとん乾燥機「UD-BF1」は、楽天市場やヤフーショッピングなどで購入できます。

ネットでの通販価格は日々変動しますので、実際の価格はそれぞれの通販ページにてご確認下さい。

●楽天市場はこちら

UD-BF1(楽天市場)

●ヤフーショッピングはこちら

シャープ UD-BF1(ヤフーショッピング)

なお、シャープのHPでは「UD-AF1」は「在庫僅少」となっていますので、今後は「UD-BF1」が主力商品になっていくと思われます。

「UD-AF1」よりもパワーアップした分、乾燥時間が短縮されているのが「UD-BF1」のメリット。

特にダブルサイズのふとんも乾燥させたい!という方にはオススメです。


スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加