パナソニック 衣類スチーマー NI-FS750はタンク容量2倍!

パナソニック 衣類スチーマーの2019年モデル「NI-FS750」には、従来のモデルとは大きく違うところがあります。

それは、タンク容量が2倍になっていることです!

そして、タンク容量が2倍になったため、連続スチーム時間も2倍になっています。

これなら水を継ぎ足さなくても十分に使えそうですね。

でも、タンクが2倍になったら、本体が大きくなって重くなったんじゃないの?と思う方も多いはず。

ところが、この「NI-FS750」のサイズは従来のモデルとさほど変わらず、若干重くなっているだけなんですよね。

というわけで、この2019年モデル「NI-FS750」はかなり注目されそうです。


スポンサードリンク

パナソニック「NI-FS750」の特長

パナソニック 衣類スチーマーの従来モデルのタンク容量は約50mLです。

よって、その使用者の半数近くが、水の継ぎ足しを1回以上行っていたようです。

しかし、2019年モデル「NI-FS750」のタンク容量は約100mLと2倍になっています。

これなら最初に水を入れれば、途中で水の継ぎ足しをしなくても済みそうですね。

そして、タンク容量が2倍になれば当然連続スチーム時間も2倍になります。

従来モデルの連続スチーム時間は約4分でしたが、「NI-FS750」では約8分になりました。

これならより多くの衣類のシワが伸ばせるはずです。

パナソニック「NI-FS750」のサイズと重量

パナソニック「NI-FS750」はタンク容量が2倍になりました。

となると、本体サイズも大きくなり、本体重量も重くなったのではないかと思ってしまいますが、実はそうでもありません。

この「NI-FS750」は、本体内部のポンプや給水チューブの配置を変えることによって、それほどサイズを変えることなくタンク容量を2倍にすることを実現しています。

実際のサイズは従来モデルより高さは2cm低く、幅と奥行きは1cm大きくなっています。

つまり、従来モデルとサイズはほとんど変わらないということです。

また、この「NI-FS750」は重心の位置を本体の中心にした低重心設計になっているため、使用中の腕への負担が軽減されています。

実際の重さは、従来モデルが約690gなのに対して「NI-FS750」は約740gですので、若干重くなっていることは確かです。

でも、低重心設計であるために、その体感重量はさほど変わらないとのことです。


スポンサードリンク

「NI-FS750」の機能と仕様

パナソニック「NI-FS750」は従来モデルと比べてタンク容量が2倍になっていますが、それ以外の機能や仕様は2018年モデルの「NI-FS540」と同じです。

「NI-FS750」の機能及び仕様は以下の通りです。

  • 3倍パワフルスチーム
  • 連続・パワフルスチーム
  • ワイドスチーム
  • 360度スチーム
  • 平均スチーム量約11g/分
  • 立ち上がり時間24秒
  • 自動ヒーターオフ
  • フラットアイロン面でプレスも可

パナソニック 衣類スチーマーの脱臭効果

衣類スチーマーは衣類のシワを伸ばすだけでなく、衣類に付いたニオイの脱臭効果もあります。

そして、今回の「NI-FS750」の発売にあたり、衣類に付いた「生乾き臭」と「ペット臭」の脱臭効果が新たに実証されました。

よって、パナソニックの衣類スチーマーは、「生乾き臭」「ペット臭」「タバコ臭」「飲食臭」「汗臭」「防虫剤臭」「加齢臭」の7つの気になるニオイを脱臭できるということです。

「NI-FS750」の価格と販売店

パナソニック 衣類スチーマー「NI-FS750」は、楽天市場やヤフーショッピングなどで販売されています。

カラーは

  • NI-FS750-PN ピンクゴールド
  • NI-FS750-S シルバー

の2種類です。

楽天市場でもヤフーショッピングでも、現在15,000円くらいから販売されています。(2019/04/03現在)

NI-FS750(楽天市場)

NI-FS750(ヤフーショッピング)

「NI-FS750」と「NI-FS550」の違い

パナソニック 衣類スチーマーの2019年モデルには、「NI-FS750」の他に「NI-FS550」というモデルもあります。

この「NI-FS550」は従来モデルを継承したものであり、タンク容量は2倍にはなっていません。

その代わり、価格はこちらの方が安くなると思われます。

特にタンク容量が2倍でなくても十分という方は、この「NI-FS550」を選んでも良いかと思います。


スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加