コロナ 窓用エアコン 2020年モデル~機能と価格の違い

コロナ 窓用エアコン

今年も暑い季節になってきましたが、コロナの窓用エアコンの人気が相変わらず高いですね。

そのコロナの窓用エアコンの2020年モデルには、

  • CW-1620
  • CW-1820
  • CW-F1620
  • CW-F1820
  • CW-FA1620
  • CW-FA1820
  • CWH-A1820

の7機種があります。

結構種類が多いので、「この中からどれを選べばいいんだろう?」という方も多いと思います。

でも、基本的には冷房能力の違う2つのタイプと、付加機能の違いで7種類になっているだけですので、そこを押さえておけば貴方の求める機種を選べるはずですよ。


スポンサードリンク

CW-1620とCW-1820

窓用エアコンにとって重要なのはその冷房能力ですが、コロナの2020年モデルには2つのタイプがあります。

その基本モデルが「CW-1620」と「CW-1820」です。

両者の冷房能力は

  • CW-1620 1.6Kw(60Hz)/ 1.4Kw(50Hz)
  • CW-1820 1.8Kw(60Hz)/ 1.6Kw(50Hz)

となっており、その適用床面積は

  • CW-1620 4.5~7畳(60Hz)/ 4~6畳(50Hz)
  • CW-1820 5~8畳(60Hz)/ 4.5~7畳(50Hz)

となっています。

よって、使用する部屋の大きさに合わせて、どちらかを選べば良いということです。

ただ、両者の冷房能力の差は1畳分程度ですので、それほど大きな差は無いともいえますね。

というわけで、2020年モデルでは「CW-1620」と「CW-1820」が基本モデルであり、その他の機種はこれに何らかの付加機能が備わっているだけです。

逆にいうと、この2機種が一番シンプルなモデルということです。

CW-F1620とCW-F1820

「CW-F1620」と「CW-F1820」は、10年間交換不要の脱臭フィルターが付いたモデルです。

いずれも型番に「F」が付いていますが、これは「フィルター」の「F」ということでしょうね。

基本モデルとの違いは脱臭フィルターの有無だけですから、その販売価格も基本モデルよりちょっと高い程度ですが、場合によっては基本モデルとほぼ同じ価格だったり、逆に安かったりすることもあります。

そんな時は「CW-F1620」や「CW-F1820」を買った方がお得ですので、是非憶えておきましょう。


スポンサードリンク

CW-FA1620とCW-FA1820

「CW-FA1620」と「CW-FA1820」は、さらに付加機能が搭載されたモデルです。

これらのモデルには10年間交換不要の脱臭フィルターが付いている上に、「換気機能」と「マイナスイオン発生機能」も付いています。

「換気機能」を使えば、冷房しながら室内の空気をキレイにできますし、「マイナスイオン発生機能」を使えば、室内の空気をスッキリとリフレッシュできます。

部屋の中をただ冷やすだけでなく、空気もキレイにしてより快適に過ごしたいという方は、これらのモデルを選ぶと良いでしょうね。

CWH-A1820

「CWH-A1820」は、これまでの冷房専用タイプの6機種とは違い、冷暖房兼用モデルです。

つまり、冬も暖房器具として使えます。

冷房能力は「CW-1820」と同じです。

暖房能力は1.8Kw(50Hz)/ 2.2Kw(60Hz)であり、その適用床面積は4~5畳(50Hz)/ 5~6畳(60Hz)となっています。

付加機能としては「換気機能」のみ付いており、「脱臭フィルター」や「マイナスイオン機能」は付いていませんが、やはり夏も冬も使えるというのは大きな魅力ですね。

コロナ 窓用エアコン 2020年モデルの価格

コロナの窓用エアコンの2020年モデルの中で、一番価格が安いのは基本モデルの「CW-1620」です。

楽天市場だと、この「CW-1620」は38,280円から販売されています。(2020/06/18現在)

基本モデルでも冷房能力の高い方の「CW-1820」だと、これよりも少し高くなります。

そして、付加機能が付いているモデルだとさらに高くなるという感じです。

  • どちらの冷房能力にするのか
  • 付加機能は必要なのか
  • 付加機能はどこまで必要なのか
  • 予算はどこまであるのか

これらをチェックしていけば、自ずと貴方の求めるモデルを選ぶことが出来るでしょう。

それでは、コロナの窓用エアコンで快適な夏をお過ごし下さい・・・

●以下のリンクよりそれぞれの通販サイトへ移行します

コロナ 窓用エアコン(楽天市場)

コロナ 窓用エアコン(ヤフーショッピング)


スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加