日立 衣類スチーマー CSI-RX3とCSI-RX2の違い

日立 衣類スチーマー

日立の衣類スチーマー「CSI-RX3」は、このシリーズの3代目となるモデルです。

2代目モデルの前機種「CSI-RX2」は、初代モデル「CSI-RX1」よりもスチーム量が増えており、2種類の温度のスチームが選べたり、ワンプッシュ連続スチームができたりと、よりパワフルで機能的なモデルに進化していました。

では、3代目「CSI-RX3」はどんな点が進化しているのか?

それはズバリ!タンク容量が増えていることです。


スポンサードリンク

CSI-RX3のタンク容量と連続スチーム時間

「CSI-RX2」のタンク容量は約70mLですが、「CSI-RX3」のタンク容量は約80mLに増えています。

そして、タンク容量が増えることで連続スチーム時間も延びることになります。

両者の連続スチーム時間は以下の通りです。

  • CSI-RX2 約5分
  • CSI-RX3 約5分30秒

よって、「CSI-RX3」の方が約30秒長く仕事が出来ます。

まあ、「5分と5分30秒じゃあまり大差ない」と思う方もいるかも知れませんが、連続スチーム時間が長いに越したことはありません。

そして、「あと30秒あったら足りるのに・・・」なんてケースもあるかも知れませんしね。

CSI-RX3の平均スチーム量

2代目モデル「CSI-RX2」は、初代モデル「CSI-RX1」よりもスチーム量が増えたことが大きな特長でした。

両者のスチーム量は以下の通りです。

  • CSI-RX1 約11g/分
  • CSI-RX2 約14g/分

では、3代目「CSI-RX3」はどうなのかというと、

  • CSI-RX3 約13g/分

と、微妙に少なくなっています。

まあ、14g/分と13g/分ですから、これもまたあまり大差はないといえそうですが、それでも何故微妙に少なくなっちゃったのか?

ここからは推測ですが、スチーム量を微妙に抑えることで連続スチーム時間を延ばしたかったのではないかと・・・

そして、どうしても「5分30秒」にしたかったんじゃないでしょうかね。


スポンサードリンク

CSI-RX3とCSI-RX2の共通機能

ここまで述べたこと以外では、「CSI-RX3」は「CSI-RX2」とほぼ同じ機能を持っています。

使用する素材に合わせて「高温(約170℃)」と「中温(約135℃)」の2種類のスチームが選べますし、1分間のワンプッシュ連続スチームもできます。

立ち上がり時間は30秒、約10分のオートオフ機能、アイロン時の温度調節は「高・中・低」の3段階。

このあたりは「CSI-RX3」も「CSI-RX2」も同じです。

よって、「CSI-RX2」のタンク容量が増えたものが「CSI-RX3」と考えれば良いと思います。

日立 衣類スチーマー

CSI-RX3のカラーは2色

前機種「CSI-RX2」には

  • CSI-RX2(W) ホワイト
  • CSI-RX2(R) ルビーレッド

がありましたが、

3代目「CSI-RX3」は

  • CSI-RX3(W) ホワイト
  • CSI-RX3(B) オニキスブラック

の2色展開となります。

このシリーズは、ホワイトと別色での2色展開が通例となっているようですね。

初代モデルはホワイトとネイビーブルーでしたからね。

今回はホワイトとブラックですので、どちらにするかは白黒はっきりつけて下さい!という感じかな。

●楽天市場で日立の衣類スチーマーを探す

日立 衣類スチーマー(楽天市場)

●ヤフーショッピングで日立の衣類スチーマーを探す

日立 衣類スチーマー(ヤフーショッピング)


スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加