シャープ KC-N50 KC-L50 KC-J50の違い

KC-N50

シャープの加湿空気清浄機には様々なモデルがありますが、毎年人気が高いのはプラズマクラスター7000を搭載したエントリーモデル「KCシリーズ」です。

この「KCシリーズ」には毎年新しいモデルが登場しますが、その基本性能はほとんど同じです。

  • 2020年モデル「KC-N50」
  • 2019年モデル「KC-L50」
  • 2018年モデル「KC-J50」

これらは型番だけが新しくなっているだけで、中身は同じものです。

でも、それぞれ販売価格が異なるのがポイントです。

KC-N50 KC-L50 KC-J50の価格

上記の3機種のうち、今一番人気が高いのは2018年モデルの「KC-J50」です。

その理由はいたって単純で価格が一番安いからです。

現在の楽天市場での最安値は

  • 「KC-N50」31,800円
  • 「KC-L50」22,750円
  • 「KC-J50」19,959円

となっています。(2021/03/11現在)

まあ、同じ性能であれば安い方がイイ!と誰もが思うはずですよね。

なお、ネット通販価格はその時の在庫状況などで変動します。

いずれは「KC-J50」の在庫は少なくなり、その価格も上がるため、「KC-L50」の方が安くなると予想されます。

ポイントはその時に一番安いものを選ぶのがお得!ということです。

●楽天市場でチェック!

KC-N50 KC-L50 KC-J50

●ヤフーショッピングでチェック!

シャープ 加湿空気清浄機

「KC-N50」の基本仕様

「KC-N50」はプラズマクラスター7000を搭載した加湿空気清浄機であり、その基本仕様・性能は以下の通りです。

  • プラズマクラスター適用床面積 約13畳
  • 空気清浄適応床面積 23畳まで
  • 加湿適応床面積 洋室14畳まで 和室8.5畳まで
  • 最大加湿量 500mL/h

プラズマクラスター、空気清浄、加湿の適応床面積の目安がそれぞれ異なっていますが、メーカーによるおすすめ畳数は「13畳まで」となっています。

「KC-L50」及び「KC-J50」の仕様も同じです。


スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加